ネットサービス・アプリ 美容・健康

【おいしい健康】潰瘍性大腸炎、クローン病および 過敏性腸症候群の食事支援機能の提供を開始

おいしい健康
スマートフォンアプリ・web「おいしい健康」

食を通じて病気のない世を作り出す「フード×ヘルステック」スタートアップの株式会社おいしい健康は、このたび潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群における栄養管理補助を目的とした食事支援機能の提供を開始いたします。



❏背景
「潰瘍性大腸炎」「クローン病」は若い世代も発症。生活への支障や食事への苦労が大きい疾患


腸に炎症が起きる病気「炎症性腸疾患(IBD)」には、「潰瘍性大腸炎」と「クローン病」があります。

「潰瘍性大腸炎」は、大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる原因不明の疾患で、安倍晋三前首相もこの病気を抱えていたことで広く知られるようになりました。「クローン病」は小腸や大腸などのあらゆる消化管に炎症が起こる疾患です。この潰瘍性大腸炎とクローン病は、ともに国から難病に指定されており、若年者から高齢者まで幅広い世代で発症し、腹痛や下痢、血便、発熱などさまざまな症状があらわれます。良くなったり(寛解)、悪くなったり(再燃)を繰り返しながら、長期に渡り治療が必要となります。

国内の潰瘍性大腸炎の患者は124,961人(人口10万人あたり100人程度)、クローン病の患者は42,548人(人口10万人あたり27人程度)とされ、患者人口は年々増加しています。高齢の患者も増加しつつあります※1,2。

潰瘍性大腸炎やクローン病の患者さんの多くは、腹痛や下痢などの症状や体調不良により、仕事や学業、生活に支障をきたしたり、トイレへの不安から自由な外出や十分な睡眠などが妨げられたりするなど、深刻な悩みを抱えています。また、症状はそれぞれ異なるため、個々の病状に応じて食事療法を行うことが必要とされますが、自身に合う食事を日々模索することに悩まれている方も多くいらっしゃいます。


人口のおよそ7人に1人と言われる「過敏性腸症候群」。特に若い女性に多い病気


ストレスが蔓延する社会となり、近年患者数が増加しているのが「過敏性腸症候群」です。有病率は人口のおよそ7人に1人といわれており、なかでも若い女性に多い病気とされています※3。おなかの痛みや不快感、便秘・下痢のなどの症状が数ヶ月以上続き、電車に乗れなかったり試験や仕事中に何度もトイレに行きたくなったり、日常生活に支障をきたすことが少なくありません。過敏性腸症候群の原因は不明ですが、食事の内容によっては、症状を引き起こしやすいとされています。しかし、お腹の状態を気にするあまり、食べる量が減ってしまったり、何を食べたら良いのかわからなかったりなど、食事の悩みを抱えている方が多いといわれています。

※1 厚生労働省衛生行政報告例(平成30年度末現在)
※2 日本消化器病学会ガイドライン 炎症性腸疾患(IBD)
※3 日本消化器病学会ガイドライン 過敏性腸症候群(IBS)

このような背景から、おいしい健康は潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群の疾患を有する方の食事を支援する機能を提供開始いたしました。

❏食事支援機能の詳細
腸の悩みに適したレシピ検索ができ献立がたてやすくなりました


おいしい健康はこれまで、糖尿病などの生活習慣病の食事療法を対象に、利用者の健康状態に合ったレシピ・献立のパーソナライズサービスを展開してまいりました。

今回のリリースでは、潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群の疾患を有する方に向けて、適したレシピ検索と献立作成機能のサービスを追加しました。




潰瘍性大腸炎、クローン病の方には、消化管に負担をかけにくい食事を摂ることに加えて、疾患からの回復に必要なエネルギーを摂ることを目的とし、過敏性腸症候群の方には、下痢や便秘などの症状に応じて、腸に刺激を与えやすい食品を控えたレシピや、食物繊維を多く含むレシピを見つけやすくするなど、日々の食事管理のサポートを管理栄養士監修の豊富なレシピとIT技術を活用し、エビデンスに基づいた提案で支援いたします。

おいしい健康では「誰もがいつまでも、おいしく食べられるように」という理念のもと、様々な事情で食事にお困りの方に向けて、今後も引き続きサービスを拡大してまいります。

❏新たに追加される食事支援サービスの対象
・潰瘍性大腸炎の主に寛解期で、食事管理が必要と医師に診断された方
・クローン病の主に寛解期で、食事管理が必要と医師に診断された方
・過敏性腸症候群で食事管理が必要と医師に診断された方

❏すでに提供している食事支援サービスの対象
・一般の方の健康的な食事ダイエット・健康診断で気になる数値がある方(血糖値、血圧など)・糖尿病(2型)・高血圧・脂質異常症・高尿酸血症・貧血・ニキビ・肌荒れ・妊活・低栄養予防・がん治療中の方(食欲不振、消化不良、味覚変化など)・妊娠中(初期、中期、後期)・妊娠高血圧(中期、後期)・妊娠糖尿病(初期、中期、後期)・妊婦健診(体重の増加が気になる方、血圧が気になる方、血糖値が気になる方)・透析治療中の方・胃炎・消化性潰瘍(胃・十二指腸潰瘍)・逆流性食道炎・痔・慢性便秘症

❏株式会社おいしい健康
株式会社おいしい健康では「誰もがいつまでも、おいしく食べられるように」という理念のもと、生活者・家庭目線のヘルスケアテックおよびフードテック事業を展開しております。テクノロジーとビッグデータを活用し、生活者個々の健康を食事面から支えることは、病気予防や重症化防止に寄与するのみならず、その先にある「心からの笑顔」を増やすことにつながります。元気であってほしい、食べたい・食べさせてあげたいという家族の想いを叶え、健康維持や予防、病気、妊娠・育児や介護のときであっても、毎日を笑顔で過ごせる社会の実現を目指します。

代表者名:野尻哲也
設立:2016年7月
コーポレートサイト:https://corp.oishi-kenko.com/
「おいしい健康」サイト:https://oishi-kenko.com/

❏アプリ概要
アプリ名:おいしい健康
アプリ利用料金:無料
対応端末:iPhone(iOS)/ Android
アプリ紹介ページ:https://oishi-kenko.com/katgut/lp_app_release
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)