デジタル製品・家電 医療・医薬・福祉

JDA 2020: 応募作品総数1,794の中から国際ファイナリストTOP20に日本の「Syrinx」が選出コロナ禍の応募期間、参加27か国から寄せられた作品数は開催史上最多を記録

ダイソン株式会社


 一般財団法人 ジェームズダイソン財団は、次世代のエンジニアやデザイナーの支援・育成を目的に、財団が主催する国際エンジニアリングアワード、James Dyson Award 2020 (以下、JDA 2020) は、国際ファイナリストTOP20を発表しました。参加27か国から寄せられた応募作品数は、新型コロナウィルス感染拡大の影響下にもかかわらず、史上最多の1,794作品を記録。その中からダイソンのデザインエンジニアによる厳正な審査を経たファイナリストTOP20に、日本の国内最優秀賞を受賞した、失われた声を取り戻すウェアラブルデバイス「Syrinx」が選出されました。

 応募作品数昨年比67%増を記録したJDA 2020では、テーマとして医療分野でのイノベーション、サスティナブルデザイン、高齢者や身体的に障害をもつ方々のサポートを目的とした作品が多く見受けられました。例えば、スウェーデンの応募作品「Reglove」は、医療現場で最も頻繁に使用される個人用防護具(Personal Protective Equipment: PPE)である手袋をリサイクル可能なものとして作り出すシステムです。また、英国の応募作品である「The Tyre Collective」はタイヤから生じる粉じんの量を減らす装置です。これらのように、多くの国や地域が共通して抱える問題、課題に対しエンジニアリングでどのように解決できるのか、という視点に基づいた作品が多く見受けられました。

 JDA 2020に関し、ダイソンの創業者兼チーフエンジニアのジェームズ ダイソンは次のように述べています。「よりよい世界の実現を目指し、チャレンジを続ける次世代を担う若いエンジニアやデザイナーたちの取り組みを私たちはサポートしていくべきです。James Dyson Awardは、次世代のエンジニア達が考える、解決すべき問題に取り組むことを強く奨励し、その取り組みや過程を通じ、将来につながる自信やリソース、経験を培ってもらいたいと考えています。日々、新たな課題や問題が生まれている中で、JDA 2020のファイナリストTOP 20の結果から見えることは、若いエンジニアやデザイナーたち自身が多くの解決につながるアイディアを生みだしていることです。それは、革新的な医療装置や、農作業に関連する技術、そしてサスティナビリティを加速させるアイディアです。国際最優秀賞にどの作品が選出されるかはまだわかりませんが、ファイナリストに選出されたエンジニア達、またその大いなる飛躍の可能性を秘めたアイディアに対し、称賛を送りたいと思います。」


JDA 2020日本国内最優秀賞受賞および国際ファイナリストTOP 20に選出された「Syrinx」は、東京大学大学院 竹内 雅樹氏ら4名チームによる声を失った方々が、再び声を取り戻すことができるウェアラブルデバイスです。喉に外部から声の素となる振動を与えることで、喉頭を摘出し発声能力を失った人などが再び人と話すことができるようになります。声を使った会話はコミュニケーションをとるのに最もスピーディーかつ簡単な方法ですが、世界では毎年30万人以上ががんなどの理由で声を失っています。口の動きだけで声を生成する電気式人工喉頭は、1920年代後半にアメリカで初期のデバイスが開発されました[1]。しかし、その使用には常に片手で喉にデバイスを押し当てなければならず、さらに生成される声も機械的で依然人の声とは程遠いものでした。彼らにもう一度楽しい会話というものを取り戻して欲しい。そういった思いからプロジェクトがスタートしました。

 今後、ダイソン創業者で最終審査員を務めるジェームズ ダイソンによる国際最終審査を経て国際最優秀賞を11月19日に発表予定です。国際最優秀賞受賞者には、賞金30,000ポンド(約420万円[2] )を、受賞者が在籍または卒業した教育機関に寄附金5,000ポンド(約70万円[2])が贈られます。

国際TOP20の詳細は下記作品紹介及びJDAホームページをご覧ください。
James Dyson Award 2020:https://www.jamesdysonaward.org/ja-JP/



JDA2020 国際ファイナリスト TOP 20選出 Syrinx 



概要:Syrinxは失われた声を取り戻すウェアラブルデバイスです。喉に外部から声の素となる振動を与えることで、喉頭を摘出し発声能力を失った人などが再び人と話すことができるようになります。失う前の声の録音データを元にAIで声帯の振動音を生成することで元の声を再現します。また、ハンズフリーで使用可能なため日々の生活動作を妨げることがありません。さらにその外観は、会話のきっかけとなるような洗練されたデザインを有しています。




製作者:竹内雅樹氏 東京大学大学院 工学系研究科 電気系工学専攻
    Ahn Jaesol氏 東京大学 工学部 電子情報工学科
    Lee Kunhak氏 東京大学 工学部 機械工学科
    小笠原佑樹氏 東京大学大学院 学際情報学府学祭情報学専攻 先端表現情報学コース

[1] 参照元 : Dovepress, “The electrolarynx: voice restoration aftertotal laryngectomy” https://www.dovepress.com/the-electrolarynx-voice-restoration-after-total-laryngectomy-peer-reviewed-article-MDER
[2] 参考金額:1ポンド=141円 発表時の為替相場に応じて換算
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)