医療・医薬・福祉 美容・健康

【ニュース】マレーシア政府がサイバニクス治療の拠点を増設・拡充

CYBERDYNE株式会社
~ 公的な社会保障制度により 患者負担ゼロでサイバニクス治療を提供 ~

CYBERDYNE株式会社(茨城県つくば市、代表取締役社長:山海嘉之、以下、「当社」)の提携パートナーであるマレーシア政府系の従業員社会保障機構(以下、※「SOCSO」)は、マレーシア国内の主要4ヶ所に各種HAL(合計60台)によるサイバニクス治療の拠点を増設・拡充しましたので、お知らせいたします。なお、マレーシア国内の全ての就労者は、公的な従業員社会保障制度により、疾病や傷害に対してサイバニクス治療の給付を負担ゼロで受けることができます。 ※SOCSO(従業員社会保障機構): SOCSOには、障害年金、遺族年金、医療保障、労働災害保障の4つの機能があり、マレーシア人および外国人労働者は強制加入となっています。通勤中や業務従事中に起きた疾病や傷害に対し、医療補償、障害補償、葬儀給付、養育費、介護給付などが支給されます。



          SOCSOマラッカ・リハセンターにおけるサイバニクス治療センター

マレーシア国内のサイバニクス治療センターは、2020年9月末時点で、南部のマラッカを筆頭に、中部(クアラルンプール)、東部(クアラトレンガヌ)、北部(コタ-バル)の4拠点で展開され、合計60台の各種HAL(内訳:下肢タイプ18台、単関節タイプ24台、腰タイプ18台)がサイバニクス治療に日々利用されており、今後更なる拠点の増設を予定しております。

         マレーシア国内のサイバニクス治療センターの展開マップ(2020年9月末時点)

南部(Melaka マラッカ):
SOCSO Tun Razak Rehabilitation Centre, Melaka(SOCSOマラッカ・リハセンター)
https://www.facebook.com/rehabperkeso/posts/live-from-our-neuro-robotics-rehabilitation-and-cybernics-centrecyberdyne-obot-/2113594248716091/

中部(Kuala Lumpur クアラルンプール):
SOCSO Rehabilitation Centre, Ara Damansara ADMC(SOCSOアラダマンサラ・メディカルセンター)
https://www.facebook.com/rehabperkesoADMC/photos/?ref=page_internal

東部(Kuala Terengganu クアラトレンガヌ):
SOCSO Rehabilitation Centre, Kuala Terengganu(SOCSOトランガヌ・リハセンター)
https://www.facebook.com/rehabperkesoKT/photos/?ref=page_internal

北部(Kota Bahru コタ-バル):
Hospital Universiti Sains Malaysia(マレーシア科学技術大学病院 )
http://hospital.usm.my/v4/index.php/en/berita-utama/125-berita-2020/1247-cyberdyne-harapan-baharu-pesakit-kehilangan-upaya

当社は、今後引き続き公的な社会保険制度を運営するSOCSOと協力して、マレーシア国内に日本発の革新的医療技術であるサイバニクス治療を提供し、身体機能の回復でだけでなく、社会や職場への復帰にも貢献するエコシステムを構築し、全ての人が 健康で豊かな暮らしを享受できる健康長寿社会を目指してまいります。

参考リリース)
2019年5月16日「マレーシアにサイバニクス治療センターNeuro-Robotics Rehabilitation and Cybernics Centerを開設
~ 東南アジアにおけるサイバニクス治療とその人材育成の中心的拠点として機能 ~」:
https://www.cyberdyne.jp/wp_uploads/2019/05/20190516_PR.pdf

2019年8月16日「装着型サイボーグ HALによるサイバニクス治療のアジア展開が加速
~ マレーシア政府・社会保障機構および筑波大学と各種協定~」:
https://www.cyberdyne.jp/wp_uploads/2019/08/20190816_PR_Malaysia2.pdf

以 上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)