アパレル・ファッション 医療・医薬・福祉

KEITA MARUYAMA初のデジタルショーを配信!Rakuten Fashion Week TOKYOにてKEITA MARUYAMA x PITTA MASKコラボレーション・ショーを開催

KEITA MARUYAMA
ショーのテーマはMaskuerader



KEITA MARUYAMAは、2020年10月16日(金)15時、ブランド初めてのデジタルショーとなる「KEITA MARUYAMA x PITTA MASKコラボレーション・ショー」をRakuten Fashion Week TOKYOにて発表いたしました。




ショーのテーマはMaskuerader


今回のショーのテーマは、マスク(MASK)と仮面舞踏会の参加者(Masquerader)をかけあわせた「Maskuerader(マスクァレーダー)」。演出家の若槻氏とデザイナー丸山が作った造語です。マスクを身に着けることで、いろんな場所に自分を連れて行ってくれる、そんな気分やテンションを、以前からファッションに合わせたマスクを提唱しているPITTA MASKとのコラボレーションで表現しました。

2020年世界を駆け巡ったウイルス。何が現実で何が仮想の世界かさえわからなくなってしまい、自由に外に出かけたり行動ができない混沌とした世の中。リナ(福士リナ)はある日突如暗闇の中で、非現実に生きるもう一人の自分(アバター)に出会い時空のズレの旅に出かけます。彼女が手を伸ばし、そっと触れた瞬間から、ファンタジーの世界の旅が始まります。そこには見たこともない世界が広がり、仮面舞踏会が繰り広げられていました。

KEITA MARUYAMAの世界観を存分に堪能できる「オリエンタル」「フォークロア」「フェアリーテール」「パーティ」という4つの舞台で繰り広げられるストーリーを、すべてCGで表現しています。




すべてアーカイヴで構成されるサステイナブル・コレクション


「26年の間僕はファッションの世界に身を置いてきましたが、新しい服を創ることだけが新しいモードなんだろうか?どこか義務的になりすぎて過剰に物を作っているのではないか?と思ってきました。特にKEITA MARUYAMAの服は、デビューの時から何年も着れる服で、当時から世代を超えて受け継がれるものを作りたいと思ってきました。時を超えたファッション。それは、KEITA MARUYAMAの色々なシーズンをミックスして着て下さる多くのお客様が教えてくれたことです。」
丸山敬太

サステナビリティが重要な価値として注目を集めていますが、一方でKEITA MARUYAMAも「捨てられない服作り」をデビューの頃から、自身のクリエーションのテーマの一つとして続けてきました。今年も年間を通じて、服の制作過程で出る残布を用いてマスクやバッグ等を手掛け、またアーカイヴを自ら買い集め、生まれ変わらせて販売するなどをしてきました。
今回発表するショーは、デザイナー丸山敬太があえて新作を作らず、26年間のアーカイヴをリスタイリングするという初の試みとなります。時空を超えた新しいコレクションを創り出すという、新しいファッションの考え方を提案しています。



リアル x バーチャル



本コレクション映像は、株式会社サイバーエージェントの子会社で3Dスキャニングから3DCGコンテンツの企画・制作を行う株式会社CyberHuman Productionsおよび、オンライン動画広告の企画・制作を行う株式会社6秒企画2が制作したものです。
映像の中では、CyberHuman Productionsが持つ高精細3Dスキャンの技術を用いて制作したモデルの福士リナさんの3DCGによるバーチャルヒューマンが登場するほか、「バーチャル撮影システム」を活用し、3DCG背景をリアルタイムに合成しながら撮影するなど、最先端のテクノロジーと撮影技術を用いて制作されました。





マスクをもっとファッションに


今回KEITA MARUYAMAがコラボレーションするのは、「マスクをもっとファッションに」と唱えてきたPITTA MASKです。
「MASK x FASHION」というコンセプトのもと、キッズから大人まで誰もがマスクを楽しめる、マスク文化を創っています。

「この度、KEITA MARUYAMAさんの世界観・最新テクノロジーとの掛け合わせにより、ファッション視点からPITTA MASKの魅力を最大限に引き出していただくことができました。Rakuten Fashion Week TOKYOにてお披露目出来た事をとても嬉しく思いますとともに、是非多くの方に新たな可能性をご覧いただきたいです。」
株式会社アラクス(PITTA MASK)



メイキング動画



撮影の様子、CG作成の様子がご覧いただけるメイキング動画です。



スタッフリスト


DESIGN:丸山敬太
MODEL:福士リナ
STYLING:三宅陽子
MAKEUP:伊藤礼子(資生堂)西森由貴(資生堂)
HAIR:豊田健治(資生堂)
MUSIC:田中知之(Fantastic Plastic Machine)
STORY:丸山敬太 三宅陽子 若槻善雄
DIRECTOR:渡邊勝城(maxilla)
VISUAL ARTIST:QUENTIN DERONZIER
CG PRODUCTION:CyberHuman Productions Cai inc.
CINEMATOGRAPHER:横山香哉(five:pm)
LIGHTING DIRECTOR:鈴木康之 (Ydot)
PRODUCE:DRUMCAN Inc. サイバーエージェント 6秒企画(FutureLive Group)
SPECIAL PARTNER:株式会社アラクス(PITTA MASK)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)