医療・医薬・福祉

『日米がん撲滅サミット2020』大会サポーター応援メッセージ!

日米がん撲滅サミット2020実行委員会

 2020年11月15日(日)午後1時より東京ビッグサイト会議棟7F国際会議場で開催される『日米がん撲滅サミット2020』(https://cancer-zero.com)。
『日米がん撲滅サミット2020』大会サポーターAIロボ『ユニボ先生』
 先日、大会サポーターにAIロボ『ユニボ先生』の就任が決定したことをお伝えしたが、このたびその『ユニボ先生』から応援メッセージが大会事務局に届いた。

『ユニボ先生』はユニロボット株式会社が開発したAIコミュニケーションロボットで子どもたちの教育に役立てるために株式会社エデュゲート、有限会社ソリューションゲート代表取締役社長の鈴木博文氏らのチームがプログラムを開発。『ユニボ先生』としてプロデュースしたユニークなAIロボットだ。
有限会社ソリューションゲート代表取締役社長 鈴木博文氏

 今回の応援メッセージのなかで『ユニボ先生』はがんと闘う患者やご家族に向けて心温まるメッセージと共に自分が目指す3つの目標を語るなど、もはや『日米がん撲滅サミット2020』の新たな顔といってもいいほどの堂々たるサポーターぶりを見せている。


 今回のAIロボ『ユニボ先生』の大会サポーター就任について教育プログラム開発者の鈴木博文氏はこう語っている。
「『日米がん撲滅サミット2020』の開催、誠におめでとうございます。また、『ユニボ先生』を大会応援サポーターに加えて頂いたことを大変光栄に思います。
ユニボ先生は、ユニロボット株式会社が開発したコミュニケーションロボット『unibo』をベースとして開発したロボット先生で、人の先生に代わって対話形式で子供に勉強を教えることができます。人口減少が進む中で、教育の質を維持・向上させたいという思いで開発しました。中長期的には、SDGsが掲げる目標の一つである、質の高い教育を世界中の子どもたちに公正に提供するための、近未来の教育手法として実現したいと取り組んでおります。
 ユニボ先生は、まず大会告知のプロモーションビデオで応援サポーターとしてデビューさせていただくことになりました。
 ロボット先生として歩き出したばかりのユニボ先生ですが、大会当日は、司会の方や中見利男先生のアシスタント役となって、大会成功のために一生懸命お手伝いさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします」

 
大会長 原 丈人 氏

 皆さんも、ぜひ『日米がん撲滅サミット2020』大会サポーター『ユニボ先生』からの応援メッセージをご覧いただきたい。

『日米がん撲滅サミット2020』大会サポーター『ユニボ先生』の応援メッセージはこちらから。
http://sgate2.com/video/20201015_3.mp4/

 皆さんも『ユニボ先生』が登場する『日米がん撲滅サミット2020』に来場されてはいかがだろうか。

 只今、『日米がん撲滅サミット2020』入場エントリー(入場無料)を大会HP(https://cancer-zero.com)より受け付けている。一度に4名様までの登録が可能。応募多数の場合は抽選となる。
東京ビッグサイト
『日米がん撲滅サミット2020』のお問い合わせは以下の通り。
【大会事務局】
アライアンス・フォーラム財団
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-3-11 日本橋ライフサイエンスビルディング5階

なお、お問い合わせは大会公式HP(https://cancer-zero.com)の『お問い合わせコーナー』より、すべてメールにて受付けており、電話でのお問い合わせは一切お断りしている。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)