その他 素材・化学・エネルギー

DSM、Erber Groupの買収を完了

DSM株式会社
買収により、排出量の削減、原料消費効率、水と土地の有効活用を重視しながら、畜産農家の生産性とサステナビリティを追求

栄養、健康、サステナブルな暮らしの分野で事業展開するグローバル・サイエンス企業であるRoyal DSMは、2020年6月12日に初めて発表した(URL:https://www.dsm.com/japan/ja_JP/media/press-releases/2020/2020-06-25-dsm-to-add-world-leading-animal-nutrition-and-health-specialty-businesses-with-acquisition-of-erber-group.html)Erber Groupを企業価値9億8,000万ユーロで買収する取引が完了したことを発表しました。今回の取引にでは、Erber Groupの小規模部門である2部門は対象外となります。本取引により、買収完了後1年で利益が拡大する見込みです。


DSMはErber GroupよりBiomin社およびRomer Labs社を買収しました。
Erber Groupの専門分野である家畜用飼料および健康事業を担うBiominは、主にマイコトキシン(カビ毒)のリスク管理および消化器官内の健康度管理に特化した企業であり、Romer Labsは食物と飼料の安全性診断ソリューションを中核とする企業です。両社の買収により、高い付加価値を誇るDSMの専門的ソリューションが拡充されます。

Erber Group傘下のBiomin社を買収したことにより、排出量の削減、原料消費効率、水と土地の有効活用を重視しながら、畜産農家の生産性とサステナビリティを追求し、DSMは、畜産動物の健康と飼料に関するソリューションを提供するリーディングプロバイダーとして、畜産に関する知見を深め、市場での地位をさらに強化していきます。この買収は、環境と経済性の両面から畜産のサステナビリティを高めるというDSMの重要な方針に沿ったものであるといえます。また、Romer Labs社は、DSMが食品・飲料業界の顧客に提供しているヒトの栄養と健康に関する事業を補完します。

DSM – Bright Science. Brighter Living.™


Royal DSMは、栄養、健康、サステナブルな暮らしの分野において、目的に沿った事業を展開するグローバル・サイエンス企業です。DSMは、すべての人々の生活を豊かにすることを目指しています。ステークホルダーの皆様、すなわちお客様、社員、株主の皆様、そして社会全体に対して経済的、環境的、社会的価値を創出しつつ、自社の製品とソリューションを駆使し、世界で最も重大な課題の解決に取り組んでいます。DSMは、食品や栄養補助食品、飼料、パーソナルケアおよびアロマ、医療機器、環境に配慮した製品および用途、新たなモビリティとコネクティビティの分野においてイノベーティブなソリューションを提供します。DSMおよび関連会社の年間の純売上高はおよそ100億ユーロで、社員数は約2万3,000名です。1902年に設立されたDSMは、Euronext Amsterdamに上場しています。詳細はwww.dsmjapan.comをご覧ください。

* 本リリースは2020年9月30日に DSM 社から発表されたプレスリリース「DSM completes acquisition of Erber Group」(URL:https://www.dsm.com/corporate/news/news-archive/2020/31-20-dsm-completes-acquisition-of-erber-group.html)を抄訳したものです。本リリースの正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。

将来予測に関する記述
本プレスリリースには、DSMの将来の(財務的な)実績と状況に関して、予測に関する記述が含まれている場合があります。当該記述は、DSMの現時点での予想、推計、予測、および当社にとって現時点で入手可能な情報に基づいています。当該説明には予測困難な特定のリスクと不確実性が含まれるため、多くの要因により実際の業績と状況が当該説明と大きく異なるものになる場合がある点につきご留意ください。DSMは、本プレスリリースに記載された将来予測に関する記述について、法律により義務付けられる場合を除き、最新情報を提供する義務を負いません。なお、英語版のプレスリリースが優先されます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)