その他 医療・医薬・福祉

緊急ライブウェビナー『インドにおける医療面、医療搬送および安全面に対する留意点、サポート事例のご紹介』を10/28(水)に開催

インターナショナルSOS
2020年10月 - 世界中で働く従業員の健康と安全を支えるためのソリューションを全世界のクライアントに提供するインターナショナルSOS(日本法人本社:東京都港区 代表取締役マーク・アタウェイ)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が急速に拡大しているインドにフォーカスした緊急ライブウェビナー『インドにおける医療面、医療搬送および安全面に対する留意点、サポート事例のご紹介』を10/28(水)14時から開催します。


インドでは、新型コロナウイルス感染症(以下COVID-19)の感染拡大が続いており、いまだ収束のめどはたっておりません。そのような状況下の中、従業員の健康と安全リスクに対して組織がどのような点に留意し、対応していけばよいのかなど、弊社の日本人医師とセキュリティの専門家がウェビナーを通してお話しさせていただきます。
ウェビナーでは、インドにおける最新のCOVID-19の流行状況や医療体制、医療搬送、治安への影響について、また実際に弊社がサポートした事例もあわせてご紹介いたします。
Q&Aセッションでは、弊社ムンバイアシスタンスセンターとつなぎ、インド人医師とセキュリティ専門家が、皆様のご質問にお答えいたします。

開催日時:
10/28(水)14時~15時


内容:
インドでのCOVID-19流行状況
医療体制と留意点
COVID-19に伴う活動制限と治安への影響
医療搬送における課題と留意点
事例紹介

対象者:
人事担当者および責任者、HSE(健康・安全・環境)の担当者および責任者、事業継続計画の担当者および責任者

言語:
日本語

参加費:
無料

スピーカー:
インターナショナルSOSジャパン スピーカー
メディカル・ディレクター 葵佳宏 医師
救急、麻酔、集中治療の専門医として首都圏の総合病院に勤務後、沖縄県ドクターヘリのフライトドクターとして、2011年から救急医療、総合診療に従事する。2014年より東南アジア屈指の医療ハブであるシンガポールに移住し、インターナショナルSOS本社にて医療搬送、メディカルアドバイザー業務および在外邦人の健康相談に携わる。2016年より現職。日本語の他、英語、中国語が堪能。

セキュリティ・ディレクター 黒木 康正
防衛大学校卒、英国ロンドン大学戦争学修士、米空軍航空情報幹部課程履修。
航空自衛隊で主に情報幹部として勤務し、新潟中越地震災害へ派遣。インターナショナルSOSでは、渡航リスクマネジメントのスペシャリストとして、日本企業向けのコンサルティングや研修を数多く提供。

インターナショナルSOSインド スピーカー(Q&Aセッション:通訳あり)
メディカル・ディレクター Dr Rahul Kalia
ムンバイ大学にて医学士・外科医学士(MBBS)を取得。シンガポールにて病院&ヘルスケアマネジメントおよび法医学システムのディプロマを取得。
インターナショナルSOSインドのメディカルディレクターとして、数多くのインド系・多国籍系企業および組織に対して、従業員の健康とウェルネスの評価および各組織のニーズに即したプログラムの構築を支援する。

エグゼクティブ・バイス・プレジデント Udit Mehta
ジャーナリズム・コミュニケーション学の修士号を取得。
インターナショナルSOS Global Security Solutions部門のエグゼクティブ・バイス・プレジデントとして、14年以上に及ぶ業界経験に基づき、地政学的分析、トラベルセキュリティなどの分野における幅広い知識と深い専門性を有する。現在は業務再開に向けた安全配慮義務ソリューションの開発に従事する。

お申込み方法(リンクよりお申込み下さい):
※ご参加お申込みの締め切りは10月26日(月)までとさせていただきます。

http://learn.internationalsos.com/LP=6500?source=homepage


インターナショナルSOSグループについて

インターナショナルSOSグループは、世界中で働く従業員を、健康と安全に対する脅威から守り、命を救うことに力を尽くします。多様な環境に合わせ、心身の健康と安全のためのリスクマネジメントソリューションを提供し、お客様の事業の成長と生産性の向上を支援します。私たちは異常気象、伝染病、治安事案の発生時などに迅速に対応し、安心を届けます。革新的な技術と医療と安全の専門知識によって、リスクの予防に取り組み、実際に活用できるリアルタイムの情報分析と、現場での質の高いアシスタンスサービスを提供します。グッド・ガバナンスに欠かせない法令遵守の報告に関しても、インターナショナルSOSとのパートナーシップは、安全配慮義務の履行の実現と、組織のビジネスレジリエンス、事業継続性およびサステナビリティの強化を助けます。
インターナショナルSOSグループは1985年に設立され、世界の政府機関、フォーチュングローバル 500の3分の2にあたる多国籍企業、中小企業、教育機関、NGOを含む12,000社を超えるお客様から信頼を寄せられています。 10,000名以上の医療、安全およびロジスティクスの専門家が、85ヵ国1,000ヵ所以上の地域で、99ヵ国語以上の言語と文化に対応し、 24時間365日、サポートを提供しています。
http://www.internationalsos.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)