素材・化学・エネルギー 美容・健康

銀系抗菌剤「ゼオミック(R)」、プラスチック練り込み樹脂においてウイルス減少率99.99%※以上の効果を実証 ~A型インフルエンザウイルス(H3N2)に対する抗ウイルス効果を確認~

シナネンホールディングス株式会社
シナネンホールディングス株式会社、株式会社シナネンゼオミック

エネルギー・住まい・暮らしの総合サービス事業を展開するシナネンホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山崎 正毅、以下 シナネンホールディングス)の子会社で、銀系抗菌剤の製造・販売を行う株式会社シナネンゼオミック(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:村尾 睦明、以下 シナネンゼオミック)は、無機系銀系抗菌剤「ゼオミック(R)」を添加したPP樹脂プレートの抗ウイルス試験において、A型インフルエンザウイルス(H3N2)でウイルス減少率99.99%以上の抗ウイルス効果が実証されましたことを発表いたします。


無機系銀系抗菌剤「ゼオミック(R)」は、銀イオンが微生物の代謝系の酵素の働きを阻害することで抗菌効果を発揮します。無機系の抗菌剤は有機系の抗菌剤と比較して、一般的に安全性が高く、耐久性、耐熱性にも優れているため、日常生活における家電、食品衛生、インテリア、建材、繊維、日用雑貨、化粧品、医療用具等、幅広い用途で使われています。

昨今の新型コロナウイルスをはじめ、冬のウイルス感染症の代表格であるインフルエンザウイルスやノロウイルスなどのウイルスは、飛沫感染や接触感染により伝搬すると考えられています。ウイルスによる感染症の拡大被害を抑制するために、今後は今まで以上に日常の衛生面において、安全・安心な生活環境づくりが求められています。

そこで、今回、一般社団法人日本繊維製品品質技術センターの協力の元、「ゼオミック(R)」の抗ウイルス効果の実証調査を行い、「ゼオミック(R)」を練り込んだプラスチックの抗ウイルス効果を確認した結果、ウイルスを99.99%以上減少させる抗ウイルス効果が実証されました。



これまでにも、コーティング、繊維後加工などの各製品に添加した場合の抗ウイルス効果は既に確認しており、A型インフルエンザウイルス(H3N2)とネコカリシウイルス(ノロウイルス代替)に対する良好な効果を確認していましたが、製品ニーズの高いプラスチック練り込み用途においても適用可能であることが実証されました。

代表的なウイルス対策の一つにエタノール等の除菌スプレーが挙げられますが、噴霧時のみの効果に限定されてしまいます。一方、「ゼオミック(R)」は無機系材料であり、耐熱性が高く、揮発分解もしないために、長期に渡って安定した抗ウイルス効果を持続することが特徴です。また、白色粉末のため、素材の色を生かすことができ、様々な製品用途に適用可能です。

シナネンゼオミックは、今後も銀系抗菌剤の製造・販売を通じて、人々の健やかな暮らしや生活環境づくりに貢献してまいります。

※「ゼオミック(R)」および「Zeomic(R)」は、シナネンゼオミックの商標登録です。

【調査概要】
試験機関:一般社団法人日本繊維製品品質技術センター
調査期間:2020年5月~7月
検体:PP樹脂プレート
試験ウイルス:A型インフルエンザウイルス(H3N2)
調査方法:ISO 21702(プラスチック及び非多孔質表面の抗ウイルス活性の測定)

■株式会社シナネンゼオミックについて
https://www.zeomic.co.jp/
シナネンホールディングス株式会社の100%子会社で、抗菌剤「ゼオミック」などの製造・販売事業を手掛けています。1984年に品川燃料株式会社(現・シナネンホールディングス)が株式会社シナネンニューセラミックを設立。銀と抗菌性ゼオライトによる抗菌剤の研究開発を続け、幾多の特許を取得。無機系抗菌剤のメーカーとしての礎を築き、1991年に株式会社シナネンゼオミックを設立。無機系抗菌剤のパイオニアとして、世界のトップメーカーへの道を歩んでいます。

■シナネンホールディングス株式会社について
https://sinanengroup.co.jp
シナネンホールディングス株式会社は、1927年に創業したエネルギー・住まい・暮らしの総合サービス事業を展開する企業グループの持株会社です。グループのミッションとして、「エネルギーと住まいと暮らしのサービスで地域すべてのお客様の快適な生活に貢献する」を掲げ、消費者向けのエネルギー卸・小売周辺事業、法人向けのエネルギーソリューション事業、非エネルギー事業(自転車・シェアサイクル事業、環境・リサイクル事業、システム開発事業、抗菌事業、建物維持管理事業等)を提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)