医療・医薬・福祉 インテリア・雑貨

ワイシャツ生地を使用した日本製ビジネス用マスクを開発『ULTRA MOVE洗える立体マスク』新発売「PFE99%」(微粒子ろ過効率)の高性能フィルタシートも同時発売

コナカ


株式会社コナカ(東証一部、本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:湖中謙介、以下「コナカ」)は、6月に1週間で1万枚を販売した「COOL MOVE洗える立体マスク」の大好評を受け、吸水速乾機能と伸縮性のあるシャツ素材を使用し、内側には制菌加工のニット生地を採用した『ULTRA MOVE 洗える立体マスク』を新発売しました。
日本国内のワイシャツ工場にて生産されたビジネスシーンにマッチするマスクは、紳士服コナカ、紳士服フタタ全店舗にて、10月9日(金)より1枚1,000円(税抜き)で販売を開始しました。

■『ULTRA MOVE 洗える立体マスク』商品概要
ULTRA MOVEシャツ素材は吸水速乾、伸縮性、通気性に優れた特徴を持ち、洗濯後もノーアイロンで繰り返し着用できます。マスクの外側には、コナカのワイシャツで一番人気のニット生地を採用していますので、スーツやジャケットとコーディネートしやすく、ビジネスシーンでの着用に適しております。内側に制菌加工を施し、SEKマークを取得したニット生地を使うことで、清潔にお使いいただけます。
*SEK制菌加工(一般用途)(繊維状の細菌増殖を抑制します)認証番号002F02
 一般財団法人 繊維評価技術協議会

耳ヒモには伸縮性ある素材を使用し、アジャスターリングを付けることで、簡単にサイズ調整ができます。長時間使用しても耳が痛くなりにくいように改良しました。

■商品特徴
清 潔・・肌面は、細菌の増殖を抑える効果が認められているSEK制菌加工素材を採用しています。
洗える・・ワイシャツ素材のため、洗濯耐久性に優れています。
布 製・・ストレッチ性があり柔らかい肌触りが特長です。
立体型・・顔を包み込む立体構造のため、息苦しさを軽減。別売のフィルタを入れられる構造。
日本製・・国内のワイシャツ工場で生産した高品質なマスクです。

■商品ラインナップ
色柄は2種類で『白ドビー』と『サックス』。
サイズは、『ふつう』(高さ14.5cm、折り畳み時の横11.0cm)、『小さめ』(13.0cm、折り畳み時の横9.5cm)の2パタ-ン。
マスク外側面にはワイシャツで人気の高い色柄の生地を使用し、ワイシャツやブラウス、カットソーとのコーディネートも意識したファッション感度を高める高機能マスクです。

素  材:ポリエステル100%(国内生地)
原 産 国:日本
販売価格:1枚1,000円(税抜き)
展開店舗:紳士服コナカ、紳士服フタタ全店舗
コナカ オンラインショップ(https://www.konaka.jp/


■「マスク用高性能フィルタシート」も同時発売
「洗える立体マスク」にはフィルタポケットが施されており、ポケットに入れるフィルタシートをヤマシンフィルタ株式会社から素材提供を受けて生産、店頭販売を開始します。
市販される一般的な使い捨てマスクの多くは、静電気の帯電によってゴミ、ウィルス飛沫等の捕集を行っており、呼気に含まれる水分の付着や使用時間の経過により、捕集性能は大幅に低下していきます。
「YAMASHIN Nano Filter™」を使用した『マスク用高性能フィルタシート』は、一般化学繊維の1/10以下のごく細い繊維を、3Dの立体構造にすることによる超高捕集性が特長です。「PFE99%」(微粒子ろ過効率)を実現(一般財団法人、カケンテストセンター実施)。また帯電に頼らないために、長時間使用しても捕集性能の低下がほとんどないことが同社の試験により立証されました。
(新品の捕集性能保持率を100%としたとき、24時間経過後の市販サージカルマスクAの捕集性能保持率が35%まで低下するのに対し、ナノファイバー製インナーシートの捕集性能保持率は91%)

■使用方法
『マスク用高性能フィルタシート』をお使いのマスクの内側に当て、シートが鼻と口の部分を覆うようにお使いください。コナカから発売中の『洗える立体マスク』シリーズのフィルタポケットに入れてお使いいただける大きさになっています。

『マスク用高性能フィルタシート』は押し洗い可能で5回程度洗っても性能低下がほとんどなくご利用いただけます。繊維の毛羽立ちや三層シートの剥がれが見られましたら、取替をお薦めします。

■「マスク用高性能フィルタシート」商品ラインナップ
カ ラ ー:ホワイト
素  材:ポリプロピレン
サ イ ズ:タテ8cm×ヨコ13cm
原 産 国:日本
販売価格:20枚入り880円(税抜き)
展開店舗:紳士服コナカ、紳士服フタタ全店舗(店頭のみの取扱いとなります)

株式会社コナカでは、お客様の利便性と接客サービスの向上により、さらにショッピングを楽しんでいただけるよう今後も取り組んでまいります。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)