美容・健康

日本初!医薬部外品の効果として新たに「頭皮水分保持能の改善」が承認!!

勇心酒造株式会社
「ライスパワー(R) No.11」が頭皮に働きかけ、頭皮の水分保持能を改善して頭皮環境を健やかに導く有効成分として認められました!

勇心酒造株式会社(本社:香川県綾歌郡綾川町、社長:徳山 孝 以下、勇心酒造)が、独自の醸造発酵技術により、開発した「皮膚水分保持能の改善」効能・効果を有し、多くの化粧品に配合された「ライスパワー(R)No.11」が新たに「頭皮水分保持能の改善」効果を持つ医薬部外品の有効成分として認められました。


勇心酒造株式会社(本社:香川県綾歌郡綾川町、社長:徳山 孝 以下、勇心酒造)は、独自の醸造発酵技術により、国産米100%を原料として生まれた新規機能性素材「ライスパワー(R)エキス」の製造・販売を行っています。
このたび、「皮膚水分保持能の改善」効能・効果を有し、多くの化粧品に配合された「ライスパワー(R)No.11」が新たに「頭皮水分保持能の改善」効果を持つ医薬部外品の有効成分として認められました従来、頭皮関連の医薬部外品において、同様の効能・効果をもつ有効成分は確認されておらず、日本で初めて「頭皮水分保持能の改善」の効果が認められた成分となります。頭皮環境への関心が増す中、医薬部外品の効果として初めて認められたことを契機とし、私どもはスカルプケアやヘアケアのメーカー様と共同で製品化を図って参ります。その第一弾として「ライスパワー(R)No.11」を配合したスカルプケア製品が2020年内にアンファー株式会社(本社:東京都千代田区丸の内 社長:叶屋 宏一 以下、アンファー)より発売される予定となっております。


ライスパワー(R) No.11頭皮水分保持能改善効果の臨床試験の概要

ライスパワー(R) No.11の塗布により、頭皮水分保持能が38%増加
ライスパワー(R)No.11の効能・効果を検証するためにNo.11製剤とプラセボ製剤を左右別々にハーフヘッド法にて朝晩2回 4週間連用塗布し評価しました。その結果プラセボ製剤においてはほとんど変化がみられないのに対し、No.11配合製剤においては水分保持能が38%増加し、有意な改善効果が認められました。
                   頭皮水分保持能の改善効果



=ライスパワー(R)No.11 の塗布により、バリア機能の指標であるTEWL改善
ライスパワー(R)No.11 の効能・効果を検証するためにNo.11 製剤とプラセボ製剤を左右別々にハーフヘッド法にて成人男女24名を被験者として朝晩2 回 4 週間連用塗布し、頭皮TEWL(=水分蒸散量)を測定した結果、プラセボ製剤とNo.11配合製剤の差は 1.4 g/m.hとなりました。頭皮TEWLについて有意な改善が認められたことより、ライスパワー(R)No.11が頭皮のバリア機能を高めることが明らかとなりました。
                    頭皮TEWLの改善効果



=ライスパワー(R) No.11の塗布により、「かゆみ」や「ふけ」も改善=
また頭皮水分保持能改善の波及効果を検証するために、頭皮ケアにおいて生活者ニーズの高い、「かゆみ」「ふけ」に関する効果についても、同様のハーフヘッド法、4 週間、朝晩2 回連用塗布の条件で成人男女12 名に行いました。その結果、頭皮の「かゆみ」において57%、「ふけ」において38%の改善効果が認められました。
                 「かゆみ」「ふけ」の改善効果


開発元コメント
勇心酒造株式会社 農学博士 常務取締役 徳山孝仁


「ライスパワー(R)エキス」を代表する「ライスパワー(R)No.11」が従来の「皮膚水分保持能の改善」に加え、新たに「頭皮水分保持能の改善」効能により医薬部外品の製造販売承認を取得することが出来たことを大変うれしく思っております。医薬部外品において頭皮の乾燥についての効果を承認されたのは「ライスパワー(R) No.11」の配合アイテムしかなく、この「No.11」の新たな認可がスカルプケア&ヘアケア業界において新たなエポックとなり、多くの製品として皆様の頭皮環境の改善に貢献できれば…と期待しております。また既に関連調査で、その効果が検証された頭皮の「かゆみ」や「ふけ」についての改善効果も、生活者の根強いニーズがあることから、この分野での製品への応用も目指したいと思います。

弊社では今後も「頭皮水分保持能の改善」効果が、頭皮とその周辺環境、そして期待される発毛にどのような波及効果を及ぼすのかを掘り下げ、より精緻な研究と分析を続けて参ります。


【参考資料】
アンファー株式会社とは」
アンファー株式会社は、1987年に会社設立。「予防医学」をタグラインに掲げ、“「いつまでも美しく、健やかに生きる」というエイジングケア・ライフスタイルの実現を目指す”トータルヘルスケア・カンパニーです。多くの医師や臨床機関・研究機関との密接なリレーションを構築しながら、「スカルプD」シリーズをはじめ、化粧品、食品等、様々なエイジングケア商品・サービスの企画・研究開発および販売を行っております。2019年4月10日より、“Dクリニックグループ”※に参画しました。
※Dクリニックグループは、「医学」を背景として、共通の目的と理念を実現するために、企業、クリニック、NPO法人団体等により発足したグループです。
アンファー ホームページ :https://www.angfa.jp/


「ライスパワー(R) No.11と勇心酒造の開発力


医薬部外品の効能として「皮膚水分保持能の改善」を認可された唯一の成分。新規効能が厚生労働省に認可されたのは、旧薬事法制定以来、「ライスパワー(R) No.11」が初めてのことであるだけでなく、20年が経過した現在も同様の効果で認可された成分はありません。また現在にいたるまで、医薬部外品の薬用化粧品の中で新規効能が認められた例は未だに4例しかなく、勇心酒造は「ライスパワー(R) No.11」と、日本で初めて「皮脂分泌の抑制」効果を認められた「ライスパワー(R) No.6」で、そのうち2例の新規効能の認可を取得。大手メーカーに先立つ新規効能効果の認可取得により、勇心酒造の独自の開発手法は内外から熱い注目を集めています。


「ライスパワ(R)エキス」とは


「ライスパワー(R)エキス」は、勇心酒造の現社長・徳山孝がお米の秘めた力に着目し、長年の研究・開発により生み出した、国産米100%を原料とする新規機能性素材。これまで培ってきた知見と最先端の科学を融合させた勇心酒造独自の新技術「日本型バイオ技術」によって発酵・醸造、お米の力を引き出すことに成功。人体に対して有用なことが確認されたエキスだけにナンバリングを行っています。現在までに開発されたライスパワー(R)エキスは36種類。それぞれ異なる効能・効果を有し、その特性に合わせて13種類が現在製品化されています。


【勇心酒造】


安政元年(1854年)創業の造り酒屋を起源とする勇心酒造は、醸造発酵技術に真摯に向き合っていく中で、お米、そして自然の底知れぬパワーを感じると同時に、“生かされている”という想いを強く抱くようになりました。そしてお米の新しい可能性を引き出すことを目指して、無限の可能性を持つ「ライスパワー(R)エキス」を開発。以来、絶え間なく研究・開発を続けています。現在では「ライスパワー(R)エキス」を配合した製品のOEM受託企業として自然の恩恵を多くの人に届けることができるように様々な製品を送り出しています。160年間、日本酒作りに向き合い、40年以上、お米の秘めたる可能性を信じて研究・開発を重ねてきた中で、今も昔も変わらないのは、もの作りに対する熱く真摯な想いです。
勇心酒造 ホームページ : http://www.yushin-brewer.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)