医療・医薬・福祉 美容・健康

「開かれた美容医療」を目指します。最高峰の手技を生中継で!東京美容外科が「第2回医師が教える美容ゼミ」を開催しました。

株式会社IDEA
~第2回のテーマは「医師向け手技講習会」~

東京美容外科(東京美容外科 統括院長 麻生泰)は「医師が教える美容ゼミ」の第2回目 を2019年4月23日・24日に開催いたしました。


「医師が教える美容ゼミ」は、実際の手術の様子をライブサージェリーすることで、密室であったオペ室を開放し、「安心」を与えることができればという思いで開催しております。
ネガティブなイメージがある美容医療のイメージを変えるには、きちんとした情報を提供し不安や疑問を取り除くことが第一歩と考えます。

第2回のテーマは医師向けの手技講習会。


中国から医師の皆様をお招きし、手術室と地下ホールのスクリーンにて当院の医師の手技をライブで中継いたしました。

今回の美容ゼミの講師を務めたのは
東京美容外科統括院長 麻生泰医師
新宿院院長 小野准平医師
梅田院院長 川路智子医師
銀座院院長 木村幸志伊医師 
細井龍医師
全国より、熟練された技術を持つ医師が集結いたしました。

5名の医師により、オープンアイズ(切らない眼瞼下垂)・シリコンバッグ豊胸・オルチャンリフト(スレッドリフト) ・埋没二重・鼻施術(鼻尖形成 鼻中隔延長 小鼻縮小)の計5つの手術がライブサージェリーで行われました。

シリコンバッグ豊胸手術の様子と講義の様子


         
開幕日となる1日目は、麻生統括院長による「オープンアイズ(切らない眼瞼下垂)」と「シリコンバッグ豊胸」の手術からスタート。

まず過去に当院で行った実際の手術についての写真やスライドを使って、それぞれの手術の種類や各手術法のメリットやデメリット・などの説明を行いました。
その後、手術室と会場を生中継で繋ぎ、実際に手術を観覧いただきながら手技に関しての説明を行って参りました。手術中でも質問を受けつけており、麻生院長と小野医師と共に解説をしながら質問者の疑問にその場でお答えを致しました。
「患者様にかかる負担を減らす方法は?」「縫合箇所に引き攣れが出にくい縫合法は何か?」など医師同士ならではの手技に関する質問が多くあがりました。
シリコンバッグ豊胸の手術後はすぐに患者様が起き上がり、手術直後の元気な様子もお見せする事ができ、会場からは自然と拍手が起こりました。

川路智子医師(大阪梅田院 院長)による「オルチャンリフト(スレッドリフト)」の手術では小野医師が解説を担当。


2日目は木村 幸志伊医師 (東京銀座院 院長)による「埋没二重」の公開カウンセリングからスタート。
患者様とじっくりカウンセリングを行い、ご希望に沿った二重を提案して参ります。


解説は、細井 龍医師。手術室と会場内から同時に質問があった際には、細井医師が細かに解説をいたしました。


経験豊富な当院の医師の手技に、中国医師の方々から「出血していませんね。」「スピーディーで本当に美しい仕上がりです!」と感嘆の声が飛び交い、盛況のうちに今回の美容ゼミは終了となりました。

当院では「開かれた美容医療」を目指し、今回のように実際に手術を見ていただくことで技術を共有し、
美容医療全体の技術力向上、さらなる発展に貢献してまいります。

【麻生統括院長からのコメント】
この手技講習会は、僕が海外の医師にしてもらったことと同様に、
東京美容外科の医師の技術を学んでもらって、技術をどんどん持ち帰ってもらい、
ご自身の技術向上に努めていただければと思い、定期的に行っております。
東京美容外科は開かれた美容外科を目指しています。
今後も、国内外の医師の学びの場を提供していきたいと考えております。

【今回の講師】







【セミナー会場 詳細】
会場:東京美容外科 赤坂院 
住所:東京都港区赤坂6-6-3
アクセス:東京メトロ千代田線「赤坂」駅 5b 出口より徒歩 3分
東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅より徒歩 7分
東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附」駅より徒歩 10分


※施術の撮影、症例写真などの素材提供も可能です。下記お問い合わせ先までご連絡ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会