医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

(COVID-19)世界の自己注射装置の市場調査レポートー(製品タイプ、エンドユーザー/アプリケーションおよび地域/国別)

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「世界の自己注射装置市場:世界的な需要の分析及び機会展望」2020年10月 22日 に発刊しました。レポートには、今後数年間で世界の自己注射装置市場を大きく変えると推定される将来の見通しに関する詳細な調査が含まれています。レポートはまた成長の機会と全体的な需要、市場動向、業界の主要なプレーヤーとそれらによって使用される戦略をカバーしています。 [調査レポートの詳細内容について] https://www.kennethresearch.com/report-details/self-injection-device-market/10335451




自己注射装置により、慢性疾患の患者は治療スケジュールと治療設定を管理できます。したがって、社会的、家庭的、職業的生活において、より大きな自立と自由の患者を可能にします。自己注射はまた、自尊心の向上など、医療専門家による管理よりも心理的な利益をもたらす可能性があります。定期的な注射のために診療所や病院に通う必要性を減らすことは、患者と医療システムの両方に経済的利益をもたらします。この経済的利益は、この市場の主要な成長推進要因となっています。関節リウマチや癌などの慢性自己免疫疾患の有病率の増加も、自己注射がこれらの疾患からの回復に応用できるため、成長を牽引しています。

しかし、規制当局からの承認のための厳格な規制と発展途上および未発達の経済におけるそのようなデバイスの認識の欠如は、この市場の成長を抑制しています。また、特許承認の厳格な規制と発展途上国の人々の意識の欠如は、自己注射装置市場の市場成長を制限しています。

糖尿病や関節リウマチを中心とした慢性疾患の急速な蔓延と製薬会社が獲得した技術の進歩は、自己注射装置技術の市場成長を後押ししています。国際糖尿病連合によると、糖尿病患者の数は、4億1500万人から2040年までに6億4200万人に達すると予想されています。さらに、低コスト、使いやすさ、生物学的薬剤の特許満了、およびバイオシミラーの需要も、自己注射装置市場の市場成長を推進しています。

自己注射装置は、糖尿病、関節リウマチなどの障害や疾患の長期管理のために、頻繁な薬とホルモンの投与を必要とする患者向けに設計されています。自己注射装置は、再利用可能な形式と使い捨ての形式で利用できます。セルフインジェクションデバイスは、通院の最小化、使いやすさ、低コストなどの利点を提供します。

自己注射装置は、移植の調節、血清反応陰性関節炎、自己免疫系障害、炎症性腸疾患、およびワクチン接種の場合に広い範囲を持ってます。WHOによると、世界中で自己免疫疾患に苦しんでいる人口の5%以上がいます。

北米が市場を支配予測

米国疾病予防管理センター(CDC)によると、2016年には米国で推定15.5 百万人の癌生存者がおり、この数は2026年までに20.3百万人に増加すると予想されています。Population Health Metrics Journal2018に掲載されたJiLin et alの記事によると、糖尿病と診断された成人の予測数と割合は、2014年の2,230万人(9.1%)から2030年には3,970万人(13.9%)に増加します。また、2060年には6,060万人(17.9%)に達すると予想されています。また、65歳以上の糖尿病患者数は、2014年の920万人から2030年には2,100万人、2060年には3,520万人に増加すると見込まれています。したがって、慢性疾患の有病率の増加に伴い、そのような疾患の治療または回復に使用される自己注射装置の需要が増加すると予想される。

U.S. Centers for Medicare&Medicaid Servicesによると、米国の2018年から2027年の間に、国民の医療費は年率5.5%で増加すると推定されています。さらに、同国のヘルスケア業界の総支出は、2027年末までに約6兆米ドルに達すると予想されています。このような要因を背景に、市場は今後数年間で大幅な成長を観察すると予測されています。世界の自己注射装置市場は、予測期間中に大幅なCAGRで成長すると予想されます。世界の自己注射装置市場は、タイプ別(再利用可能な自己注射装置、使い捨てセルフインジェクションデバイス)、エンドユーザー/アプリケーション別(インスリン注射、エピネフリン注射、その他)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

さらに、地域に基づいて、市場は北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東&アフリカに分割されます。2019年、メディケイドによる病院への支出は米国で最大5.1%増加しました。これは、2020年から2027年の間に、年率5.7%でさらに成長すると予想されています。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10335451

市場は、地理に基づいてさらにサブセグメント化されており、各国の市場成長が評価されます。世界の自己注射装置市場は、地理に基づいてさらに区分されます。

北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。


主要企業
レポートはさらに、グローバルレベルで主要な市場プレーヤーによって採用された企業プロファイルとビジネス戦略の詳細な評価で構成されています。世界の自己注射装置市場におけるNovo Nordisk、Mylan、Pfizer、Sanofi、BD、Eli Lilly、Gerresheimer、Dongbao、Ypsomed、Owen Mumford、Antares Pharma、Haselmeierなどキープレーヤーにさらに焦点を当てています。

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)