美容・健康

日本で唯一、肌のうるおい保持機能※1 を改善できるライスパワー(R)No.11※2 配合  W有効成分設計「ナチュラブルプラス レシピクリーム」誕生

アンファー株式会社
レシピクリーム リフティング、レシピクリーム ホワイトニング 2020年11月18日(水)発売

アンファー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:叶屋宏一 以下「アンファー」)は、2020年11月18日(水)にスキンケアブランド「ナチュラブルプラス」から、ストレスでゆらぎがちな現代女性の肌に向け、日本にゆかりのある植物と皮膚科学を融合し、「レシピクリーム リフティング」と「レシピクリーム ホワイトニング」を発売いたします。 W有効成分設計で、肌のうるおい保持機能※1を改善できるライスパワー(R)No.11※2を配合しており、1品で肌のバリア機能が整うクリーム状美容液です。ゆらぎ肌が気になる方だけでなく、スキンケアをシンプルにしたい方や、スキンケアアイテムを重ねづけする摩擦が気になる方にもお勧めです。 ※1 皮膚水分保持能  ※2 ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)





現代女性の肌はストレスでゆらぎがち


アンファーが行ったアンケート調査※3では、30代~50代の女性のうち70%以上の人が「肌がゆらぐ」ことを感じていました。また、肌がゆらぐ要因については、「乾燥」と「ストレス」と回答した人が最も多く、日によって肌がくすむ、ハリがない等の不調を繰り返している状態でした※4。
※3 自社調べ 2020年7月実施 n=294  ※4 自社調べ 2019年4月実施 n=180



1品で肌のうるおい保持機能※1を改善 スキンケアをシンプルに


そこでアンファーは、肌のバリア機能を整えるために必要な、肌のうるおい保持機能を改善できる有効成分ライスパワー(R)No.11を配合した「ナチュラブルプラス レシピクリーム リフティング」と「ナチュラブルプラス レシピクリーム ホワイトニング」を開発いたしました。化粧水、乳液、美容液が1つになったクリーム状美容液で、朝晩の洗顔後に1品でスキンケアが完了します。
ハリのなさや乾燥による小じわが気になるお肌には「ナチュラブルプラス レシピクリーム リフティング」が、また、乾燥によるくすみが気になるお肌には「ナチュラブルプラス レシピクリーム ホワイトニング」がおすすす。
ナチュラブルプラス レシピクリーム リフティング
ナチュラブルプラス レシピクリーム ホワイトニング


ライスパワー(R)No.11とは


くり返す肌トラブル※5は、肌のうるおい不足が原因です。肌が乾いた状態で、肌を刺激から守るバリア機能が低下すると、外的刺激からのダメージを受けやすくなります。
ライスパワー(R)️No.11は肌にうるおいをとどめる成分である「セラミド」の生成力を高めることで、肌が本来持っているうるおい保持機能を改善します。
肌のキメを整え、表面的な保湿ではなく肌の内側までアプローチすることで、バリア機能を整え、乾燥による小じわを目立たなくし※6、ハリ不足などを防ぎます。

※5 乾燥によるカサつき、ハリや弾力の低下、くすみ  ※6 効能評価試験済み



ナチュラブルプラス レシピクリーム リフティング


■肌本来のうるおい保持機能を改善。シンプルケアで弾力のあるハリ肌へ。
ナチュラブルプラス レシピクリーム リフティングは、ライスパワー(R)No.11が配合されている、肌のうるおい保持機能が改善できる多機能クリームです。ストレスや乾燥により肌がゆらぎがちで、ハリのなさや乾燥による小じわ※6にお悩みの方におすすめです。二種の有効成分配合で、肌のうるおい保持機能を改善し、ハリのある上向きな肌へ導きます。忙しい毎日でも、朝晩の洗顔後に1品でスキンケアが完了します。
※6 効能評価試験済み

1. 肌のうるおい保持機能を改善し、ハリのある上向きな肌へ
二種の有効成分、ライスパワー(R)No.11とグリチルリチン酸ジカリウムを配合しています。
ライスパワー(R)No.11:肌のバリア機能を整えるために必要な肌のうるおい保持機能の改善効果を医薬部外品の有効成分として日本で唯一認められた成分。
グリチルリチン酸ジカリウム:抗炎症作用により肌あれを防ぐ成分


また、日本にゆかりのある天然由来成分とコラーゲン※7・ヒアルロン酸※8を配合しています。

※7 ヤシ油脂肪酸加水分解コラーゲンカリウム ※8 ヒアルロン酸ナトリウム(2)  全て湿潤剤

2. ぷるぷると弾力のある形状記憶テクスチャー

弾力があり、指で押しても元に戻る形状記憶タイプのクリーム。肌に乗せた時にクリームがとろけるように広がり、心地よく、即時に感じられるハリ感にこだわりました。

3. くり返すゆらぎ肌に届けたい こだわりの設計
天然由来成分を80%配合(水を含む)。エタノール、パラベン、鉱物油、着色料はフリー。
安全性テスト済み※9:敏感肌パッチテスト、アレルギーテスト、スティンギングテスト
効能評価試験済み:乾燥による小じわを目立たなくする心地よくほのかな桜の香りです。
※9 全ての方に皮膚刺激、アレルギーが起こらないというわけではありません。

■商品概要 ナチュラブルプラス レシピクリーム リフティング
肌のうるおい保持機能を改善
シンプルケアで、弾力のあるハリ肌へ

販売名:クリームリフティング YS1
分類  :医薬部外品
内容量:50g | 約1.5~2ヵ月分(朝晩2回使用した場合)
価格 :11,000円(税抜)、12,100円(税込)

【こんな方におすすめ】
◇ くり返す肌のゆらぎにお悩みの方
◇ 肌のハリのなさや乾燥による小じわにお悩みの方
◇ 肌の乾燥にお悩みの方

■使用方法



ナチュラブルプラス レシピクリーム ホワイトニング


■肌本来のうるおい保持機能を改善。シンプルケアで透明感のあるツヤ肌へ。
ナチュラブルプラス レシピクリーム ホワイトニングは、ライスパワー(R)No.11が配合されている、肌のうるおい保持機能が改善できる多機能クリームです。ストレスや乾燥により肌がゆらぎがちで、肌の乾燥によるくすみやシミにお悩みの方におすすめです。二種の有効成分配合で、バリア機能を整え、明るく透明感のある肌へ導きます。忙しい毎日でも、朝晩の洗顔後に1品でスキンケアが完了します。

1. 肌のうるおい保持機能の改善×美白(W有効成分)
二種の有効成分、ライスパワー(R)️No.11とビタミンC誘導体※10を配合しています。
ライスパワー(R)No.11は肌のうるおい保持機能を改善し、ビタミンC誘導体※10メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。
※10  L-アスコルビン酸 2-グルコシド

また、日本にゆかりのある天然由来成分とコラーゲン※1・ヒアルロン酸※2を配合しています。



※11 ヤシ油脂肪酸加水分解コラーゲンカリウム ※12 ヒアルロン酸ナトリウム(2)   全て湿潤剤

2. 瞬間ブライトニング成分配合 うるおって明るい肌に
瞬間ブライトニング成分配合※13 で、くすみがちな肌も明るい仕上がりへ。
みずみずしい浸透感のあるテクスチャーで、使った瞬間ぱっと明るい顔印象に。
※13 酸化チタン(基剤)


3. くり返すゆらぎ肌に届けたいこだわりの設計
天然由来成分を80%配合(水を含む)。エタノール、パラベン、鉱物油、着色料はフリー。
安全性テスト済み※14:敏感肌パッチテスト、アレルギーテスト、スティンギングテスト
心地よくほのかな桜の香りです。
※14 全ての方に皮膚刺激、アレルギーが起こらないというわけではありません。

■商品概要 ナチュラブルプラス レシピクリーム ホワイトニング
ゆらぎ肌のうるおい保持機能を改善。
バリア機能を整え、明るく透明感のある肌へ。

販売名:クリームホワイトニング YS1
分類  :医薬部外品
内容量:50g | 約1.5~2ヵ月分(朝晩2回使用した場合)
価格 :11,000(円税抜)、12,100円(税込)

【こんな方におすすめ】
◇ 季節の変わり目やストレスで肌が荒れる
◇ 日によって肌の調子が変わる、ゆらぎを感じる
◇ 肌のくすみ・シミ・そばかすが気になる
◇ 肌が乾燥する

■使用方法



取り扱い場所


WEB:アンファーストア/楽天市場/amazon/PayPayモール/@cosme shopping
発売日:11月18日
先行予約受付:11月4日~ アンファーストア/楽天市場
ブランドサイト:https://naturable.angfa-store.jp



ナチュラブルプラスとは


いつもと変わらない日。いつもよりよかった日。いつもよりうまくいかなかった日。<naturable+>はどんな毎日にもそっと寄り添い、忙しく生きる女性の肌悩み※にこたえます。すこやかな肌と一緒に、私らしく上向きに。

※肌の乾燥や肌荒れ


なぜ現代女性の肌はゆらぐの?



Dクリニック東京 ウィメンズ
院長 浜中聡子(はまなかさとこ)

肌の潤いをとどめる成分;セラミドは、加齢により減少していきます。女性ホルモンの値が変化し始める30代の女性は、「肌のゆらぎ」を感じることもあるのではないでしょうか。
セラミドが減少すると、肌理(きめ)が乱れ、バリア機能が低下し、肌トラブルをくり返す状態になります。
更に、現代の女性は仕事や子育て、介護など様々な役割を担っているため、知らないうちに疲れやストレスがたまり、肌にも悪影響です。
毎日、肌の状態を見ながら、皮膚を清潔にし、しっかりと保湿することを心掛けましょう。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)