美容・健康 アパレル・ファッション

ウール専門ブランド『Woolly/ウーリー』のお腹を守るワッフルハラマキに、チャコールカラーが追加!予約販売開始。

株式会社ウーリー
ダーク系の衣類の上に着用しても目立たないカラーを発売。

日々の健康にとって 体の中心”おなか”を温めることはとても大切。『ウールのワッフルハラマキ』を着用することで体の芯を温め、 血の巡りの良い健康体を維持することが期待できます。 株式会社ウーリー (代表取締役 山本友弘)



ダーク系の洋服にも着用できるカラー



お腹を温めることに意識を向けることで、 毎日の生活から少しでもストレスを減らし、 楽しい時間を過ごす。 そんな想いから『ウールのワッフルハラマキ』はデビュー。

ナチュラルカラーのみの展開でしたが、ダーク系のチャコールを追加。シャツや、ブラウスが暗い色の場合にも表に影響しないカラーとなっています。10月27日より予約販売開始。

日常生活ではもちろん、 就寝時、 リラックスタイムや月経(生理)の時も優しく”おなか”をしっかりと守ります。 また、 薄手に作られている為、フィットネス、 ヨガ、 アウトドアなどアクティブな活動の時も着用できる、程良いフィット感のある腹巻きです。また、シンプルなデザインとなっており、女性だけでなく、男性にもお勧めです。
https://woolly.co.jp/

お腹は大切なものを守るため信号を送り続けている

『手足の冷え』『重く長い生理痛』
『お腹周りの脂肪』『下痢や便秘』

お腹の冷えは、表面的な冷えと異なりわかりにくいもの。おなかは体の調子の変化を敏感に感じ取り工夫して教えてくれているのです。また、体温が一度あがると、免疫力が最大5~6倍上がるとも言われ、体の中心、お腹をあたためることは健康維持にもとても大切なことだと言えます。

いつもと同じ時間を過ごすなら、心地よく快適な方がいい。必要なのは健康時間を増やし、いつもの時間をより幸せにすること。そんな思いから誕生した腹巻(ハラマキ)です。
https://woolly.co.jp/

ウールのワッフルハラマキ製品紹介

■素材について



羊からとれるウールは、厳しい環境を生き抜くための機能をもっています。空気を含んだ軽量な繊維は、寒い場所では断熱機能を発揮し、暖かい所では体温を適温にコントロールする力があります。他にも、汗で蒸れてもベタベタしにくく、抗菌性、抗臭性、静電気防止など、その沢山の機能から、最も腹巻に適した素材だと言えます。
https://woolly.co.jp/

■特殊な編み構造

一般的な生地はフラットなのに対して、ワッフル編みは、凸凹しているのが特徴。その小さな凸凹が体の暖かい空気をため込み、皮膚と衣類の間に空気の断熱層を作ってくれます。


1、柔軟性・伸縮性に優れている
ワッフルは糸を浮かせて編まれているので、肌触りは柔らかく、腰の曲げ伸ばしにも柔軟に対応してくれます。

2、吸水性と発散性
凹凸のある構造により肌離れが良く、汗をかいてもべたっとしにくいのが特徴。表面積が多いので発散性にも優れており、常にさらっとした肌触りで季節を問わずに快適に過ごせます。

■買いやすい価格
毎日使うことを考えリーズナブルに抑えています。 オンライン販売を主軸とした流通、 また縫製~検品・発送まで一貫管理・生産をすることで実現した価格設定となっています。
https://woolly.co.jp/

新製品情報

■ウールのワッフルハラマキ
※10月27日より予約受付開始。
・SIZE : フリー
・COL : ナチュラル、チャコール(新色:予約販売)
・価格: 1,700円+消費税 (送料別)
・全体混率 コットン 67% ウール 27% ナイロン 4% ポリウレタン2%(ウールはメリノ種100%)
https://woolly.co.jp/

『Woolly』ブランドとは

『Woolly』は家族や仲間と健やかに過ごすことで生まれる、心のつながりを大切にしています。
ウールを中心とした製品で体をケアをすることで、毎日の生活からストレスを減らし、楽しい時間を過ごす。そんな想いからできたヘルスケアブランドです。

Web Site: https://woolly.co.jp/
Instagram: https://www.instagram.com/woolly.official/
facebook: https://www.facebook.com/Woolly-331864923953319/

株式会社ウーリー
代表者:代表取締役 山本友弘
事業内容: 健康衣料、生活雑貨の販売
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)