アパレル・ファッション 美容・健康

スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」、11/4(水)日本トップシェアのストレッチ専門店「Dr.stretch」に導入!

株式会社オアシススタイルウェア
ストレッチ業界“初”導入、法人導入企業も600社突破!

世界初・スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」(以下、WWS)を企画販売する株式会社オアシススタイルウェア(所在地:東京都港区、代表取締役:中村有沙 以下、オアシススタイルウェア )は、株式会社フュービック(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長 黒川将大 以下、フュービック)と提携し、11月4日(水)からスーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」をフュービックが運営する日本トップシェアのストレッチ専門店「Dr.stretch」に導入いたします。ストレッチ業界の導入は“初”で、法人導入企業は600社を突破いたしました。





11/4(水)日本トップシェアのストレッチ専門店「Dr.stretch」に導入!法人導入企業も600社突破!


 “世界初”スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」は、スーツのフォーマル感に加え、作業着の機能性を備えています。「毎日洗濯機で洗える点がウイルス感染対策として最適」「疲労軽減できるスーツ*¹」として注目され、2020年度上半期(2020年3月~8月)の売上は前年同期比400%を達成した大注目の商品です。



 この度、2020年11月4日(水)から、日本トップシェアのストレッチ専門店「Dr.stretch」にてWWSを導入いたします。「Dr.stretch」は、日常的に柔軟な筋肉を保つ習慣を通し、「若々しく健康に年をとる習慣に革命を起こす」というミッションを掲げサービスを展開しています。お客様アンケートや店頭接客を通して、スーツを着る人ほど「肩や腰の不調」に悩まれている傾向があることが分かりました。そこで、普段スーツを着用されている方に、WWSを着用したストレッチトレーナー(※一部店舗)が疲労軽減効果のあるWWSをご紹介することで、ストレッチ以外でも健康的で快適なビジネスシーンをご提案できるのではないかと考えWWS導入を決定いたしました。オアシススタイルウェアとDr.stretchは、WWSを通して、ビジネスパーソンに快適なビジネスライフを提案いたします。





Dr.stretchとのコラボモデル「Dr.stretchオリジナルワークウェアスーツ(非売品)」を着用




鹿屋体育大学データ*¹


 鹿屋体育大学と行った自社初となる受託研究では、一般的なスーツとWWSを着用した際の心理的評価を表す脳波を比較調査し、WWSだと着用時の快適度が高く、疲労感を与えにくいことが判明しました。また、作業効率を図る実験では、WWS着用時は一般的なスーツに比べて他の環境に干渉されづらい状況にあり、認知機能が優れ集中力が向上する傾向があることも判明しました。




ご導入商品



商品名:テーラードライトジャケット
カラー:ダークネイビー
価格:16,000(+TAX)


商品名:フルレングスストレートパンツ
カラー:ダークネイビー
価格:12,000(+TAX)



キャンペーン情報


11月4日(水)からDr.stretchでストレッチを受けたお客様限定で、WWSの商品が「5%オフ」で購入できるクーポンコードをご用意致します。クーポンはご注文画面で入力可能です。
開催店舗:東京/八重洲店 神奈川/横浜ポルタ店 計2店舗
公式オンラインストア:https://www.workwearsuit.com/



ストレッチ専門店・Dr.stretchとは


 世界に 150 店舗以上展開する業界トップシェアのストレッチ専門店。元メジャーリーグトレーナーが考案した独自技術「コアバランスストレッチ」は、 プロトレーナーが一人では伸ばせない筋肉にマンツーマンでアプローチし、寝たままストレッチを受けるだけで、スポーツ後のような爽快感を得ることができます。
URL:https://doctorstretch.com/





WWS/ワークウェアスーツとは


ワークウェアスーツは、「スーツに見える作業着」をコンセプトとし、水道工事業を行うグループ会社にて、長年培ってきた施工現場でのノウハウを活かし、現場作業しやすい高機能(ストレッチ性、速乾・撥水、多収納、水洗い可、形態安定)と、フォーマル要素を兼ね備えた次世代の機能性スーツ。




会社概要




会社名 株式会社 フュービック
代表者 黒川 将大
所在地 〒169-0073 東京都新宿区百人町1-13-1ローズベイ新宿ビル2F


会社名 株式会社オアシススタイルウェア
代表者 中村 有沙
所在地 〒107-0061東京都港区北青山1-2-3青山ビル2階
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)