医療・医薬・福祉 出版・アート・カルチャー

【最新医療知識+マンガ】千葉大学医学部発ベンチャーによる大好評シリーズがホームページを開設

株式会社Smart119
新型コロナ対策などの情報を一枚のマンガに集約、だれでも無償で配布可能

救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用を手がける株式会社Smart119(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長/CEO:中田孝明)は、救急医療を中心とした専門家の知識をわかりやすく紹介し、好評をいただいてきたイラストレーション・シリーズをホームページとして公開しました。過去作品が一同に会したこのホームページには、印刷用データも用意され、企業・学校等において健康への配慮を報じる方々が無償で自由にお使いいただくことが可能です。


株式会社Smart119(スマート イチ イチ キュウ)は、救急集中治療医学を専門とする千葉大学の中田孝明教授により設立された医療情報技術の企業で、2020年7月より千葉市消防局に救急情報共有システム「Smart119」を供給しています。

新型コロナウイルスが猛威をふるい社会に大きな影響を与え始めた2020年4月から、社内外に集う医師、救命救急士、看護師らによる正しい専門知識を集約して一枚のマンガ風イラストレーションとして公開する企画を開始。誰でも無償でダウンロードして利用可能としたことで、企業、自治体、学校などさまざまなシーンで活用いただいています。



最新作が発表される度に、「これまでの作品をダウンロードしたい」という強い要望をいただいたことを受け、このほど専用のページを設けて過去8作品のデータを公開することとしました。本シリーズは、有益な情報を提供し一般に公開されていることが評価され、8月21日に「反響呼ぶ医師たちのコロナ解説」としてNHK(日本放送協会)首都圏ニュースにて紹介されました。

株式会社Smart119は、急性期医療の現場に新たなテクノロジーを導入し、柔軟かつ独創的な発想で多くの救急患者さんを救いたい、という思いを元に設立されました。医療従事者や一般の方に向けて、今後も救急医療の現場で得られた正しい知識を分かりやすく解説し、幅広く日本の医療に貢献していきたいと考えています。

◆医療情報イラストレーション・シリーズ ホームページ
https://smart119.biz/manga/

◆過去掲載テーマ
・マスクのつけ方・外し方(サージカルマスク編)
・救急・集中治療医が教える正しい「最新版コロナウイルスの症状」
・看護師が教える正しい「手袋の使い方」
・新型コロナウイルスとインフルエンザの違い
・看護師が教える正しい「アルコール消毒のタイミング」
・救急・集中治療医が教える正しい「新型コロナ禍の熱中症予防」
・ペットとコロナウイルス ~ペットの飼い主はどう予防・対策すればよいか~
・コロナ禍の妊娠 ~知っておきたい9のこと~

◆主な解説者
中田孝明 医師
株式会社Smart119 代表取締役
千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学 教授
https://twitter.com/Nakada119
ほか

※画像など当コンテンツを報道にて引用頂く場合は、「(株)Smart119 提供」と記載ください。
また、その際はpress@smart119.bizまでご一報いただけますと幸いです。

<株式会社Smart119について>
株式会社Smart119は「現役救急医が設立した、千葉大学医学部発ベンチャー」です。
『今の「119」を変える』ため、音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」を開発・運用。
千葉市消防局において、日本医療研究開発機構 (AMED) の研究開発事業である救急情報共有システムを導入したほか、緊急時医師集合要請システム「ACES」、災害時の病院初期対応を「Smart DR」の開発・運用を行なっています。Smart119は「安心できる未来医療を創造する」ことを目指します。


【株式会社Smart119 会社概要】
会社名: 株式会社Smart119
住所: 千葉県千葉市中央区中央2丁目5-1千葉中央ツインビル2号館 7階
設立: 2018年5月
代表者: 中田 孝明
事業内容:
音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用
緊急時医師集合要請システム「ACES」の開発・運用
災害時の病院初期対応を「Smart DR」の開発・運用
URL: https://smart119.biz
Twitter: https://twitter.com/Smart119_jp
メールアドレス: press@smart119.biz (担当:中村)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)