流通 インテリア・雑貨

11月には2つの「トイレの日」 導入実績35,000枚“トイレのふた裏にはる”消石灰入りシート『アドレット』 半年効果持続、家庭用として楽天市場にて販売開始

松浦産業株式会社
「ふたを閉めて流す」ニューノーマルで、トイレが新たな企業PRの場に

紙袋用取っ手の国内トップメーカーの松浦産業(香川県善通寺市、代表取締役:松浦公之)は、消臭・抗菌・抗ウイルス機能をもったトイレのふた裏に貼るシート「アドレット」を、一般家庭にも普及する目的で、楽天市場にて販売開始いたしました。 アドレットは、一度貼ると半年効果が持続するという利便性もあり、2018年から公的機関などですでに35,000枚以上の導入実績(2020年10月時点)があります。A4サイズで印字ができることや、新しい生活様式で「トイレのふた裏」に意識が集まりつつある状況から、企業や団体の新たな「PRツール」としても注目されています。



■11月はトイレを考える月―足立区への寄贈も実施

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議による5月の提言にて、「トイレの蓋を閉めて流す」ことが“新しい生活洋式”として明示されました。しかし、全国の公立小中学校にあるトイレのうち、いまだに4割以上が和式(※)、また、洋式であってもふたがないトイレも多数あるのが現状です。
※文部科学省「効率学校施設のトイレ状況について」(令和2年9月30日)
https://www.mext.go.jp/content/20200926-mxt_sisetujo-000010121_05.pdf

11月は、2つの「トイレの日」が制定されています。乾燥の季節となり様々な感染症が流行する時期、改めてご家庭でも「トイレのふたを閉めて流す」新しい生活様式について考えてみる機会にしていただきたいと思っております。
尚、松浦産業では、11月10日のトイレの日にちなみ、東京都足立区にアドレット200枚を寄贈いたします。

1.トイレの日=11日10日
11(イイ)10(トイレ)の日というごろ合わせで、日本トイレ協会によって1986年に制定
2.世界トイレの日(World Toilet Day)=11月19日
国際連合が世界中の衛生状況の改善に取り組むべく2013年に制定

■トイレのふた裏が、新たな企業PRの場所に!?

導入実績が増えるにあたって、地方自治体・団体・企業ロゴやキャラクターをシートに印字するなど、アドレットが「PRツール」として活用されることが増えています。
持続可能な開発目標(SDGs エスディージーズ)への取り組みなどの一貫として、自社の印字をしたアドレットを作成・寄贈としても使われています。

■アドレットとは

アドレットは、「トイレの蓋を閉めて流す」習慣づけ促進アイテムとして、トイレの蓋裏に貼る「消臭」「抗菌」「抗ウイルス」のシートです。消石灰の力でウイルスや菌に含まれる水分を強アルカリにすることで、菌やウイルスの増殖を抑制します。

トイレでの家庭内感染を防ぐため、アドレットを楽天で一般生活者向けに販売を開始しましたが、行政・学校施設、病院・介護施設、飲食・宿泊施設、その他団体や企業ですでに35,000枚以上の導入実績があります。(2020年10月時点)

■商品概要

・商品名:アドレット(R)
・価格(2枚セット):5,280円(税込)
・販売サイト:https://www.rakuten.co.jp/toilet-sticker/「トイレのシール屋さん」
・ご使用方法:
1.アドレットに有効期限を記入します。有効期限は貼り付けた日から約6ヶ月後
2.アドレットをフタ内側の中心に貼り付けます。
3.貼り替えの際、強粘着の再剥離なのであと残りも無く簡単にはがすことができます。


松浦産業株式会社は、紙袋の「取っ手」という皆さまの手に触れる身近な商品を扱っており、「私たちは、幸せを運んでいる。」をビジョンに掲げています。ビジョンはそのままに、今後アドレットなどの衛生商品のD2C事業、また、取っ手の技術を活かしたプラスチック成型品に注力してまいります。

【取っ手やプラスチック成型品についてのお問い合わせ先】
松浦産業株式会社 東京営業部 TEL:03-5445-1567

【11月10日(トイレの日) 足立区へのアドレット贈呈式について】
日時:11月10日(火)13:30~15:00
場所:足立区役所7階会議室
※大成産業株式会社、松浦産業株式会社の合同贈呈式

■会社概要
会社名:松浦産業株式会社
代表取締役社長:松浦公之
本社所在地:香川県善通寺市上吉田町270-1
創業:1932年4月25日
資本金:8,000万円
従業員数:45名(2020年7月現在)
事業内容:PP・PE延伸テープ及びロープ、紙袋用把手、タックハンドル、SP(販促商品)、成型品
ホームページ:matsuura-sangyo.co.jp

1932年にわら縄ロープ生産からスタートした松浦産業株式会社は、1966年からPP・PE延伸ロープ生産を始め本格的にプラスチック業界に進出しました。現在は紙袋用取っ手の国内トップシェアメーカーとして、食品・アパレル・小売など様々な業界の紙袋の取っ手やタックハンドル(ダンボールなどに直接貼るシールタイプの取っ手)を生産しています。また、プラスチックの成型技術を生かして、大型テーマパークのプラスチック容器や企業の販促商品なども生産しています。

「私たちは、幸せを運んでいる。」をビジョンに掲げ、松浦産業株式会社は創業から約90年、皆さまの直接手に触れる取っ手という商品を作ってまいりました。今後は、ニッチトップメーカーとして多様化する取っ手ニーズに対応しながらも、人々にとってより身近な衛生用品やプラスチック成型品事業に注力していく予定です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)