医療・医薬・福祉 出版・アート・カルチャー

アッヴィ、乾癬患者さんの「夢」ツイートから生まれた応援ソング「晴れゆく道」のダンスコンテスト受賞作品を発表

アッヴィ合同会社
● 厳正なる審査により、受賞作品6作品が決定 ● ダンスコンテストの応募作品数は合計25作品、動画総再生回数は11,657回 ● 乾癬患者さんの「夢」実現をサポートするための応援金額は目標の100万円を達成*


アッヴィ合同会社(本社:東京都港区、社長 : ジェームス・フェリシアーノ、以下、アッヴィ)は、「乾癬患者さんの『夢』を叶えるプロジェクト」の一環として、2019年10月29日から2020年4月29日まで開催したダンスコンテストを通じて集まった作品について、厳正なる審査により決定した受賞作品を発表しました。

「乾癬患者さんの『夢』を叶えるプロジェクト」は、乾癬および乾癬患者さんへの理解を深めていただくことを目的に、2019年10月29日の世界乾癬デーに始動しました。ダンスコンテストは、ヒャダイン氏が作詞作曲した乾癬患者さんの応援ソング「晴れゆく道」にあわせて踊り、乾癬患者さんを応援する啓発活動として、同年10月29日から2020年4月29日の期間、一般の方々を対象に開催しました。

ダンスコンテストを通じて、全国から合計25作品のダンス動画の応募があり、動画の総再生回数は11,657回に上りました*。ダンスコンテストの審査は、同ソングの作詞作曲者であり、乾癬患者さんである音楽クリエイターのヒャダイン(前山田 健一)氏、医療従事者4名、乾癬患者さん3名の計8名による厳正な審査により、大賞1作品、優秀賞5作品が選出されました。ダンス動画は、「乾癬についてのメッセージ性」、「作品の影響力」や「オリジナリティ」などの観点から審査されました。受賞作品を含むダンス動画全25作品は、ダンスコンテスト特設ウェブサイト(https://kansen-tweet.com/dancecontest/)にて、本日10月29日より公開されます。

審査員を代表してヒャダイン氏は応募作品について次のように述べています。「今回のダンスコンテストを通じて、乾癬のことを初めて知ったという方も多くいらっしゃいました。音楽やダンスが、乾癬について理解を深めていただくきっかけになったことをうれしく思います。また、ダンスススクールの子どもたち、大学生、乾癬患者さん、医療に従事する方等、様々な方が乾癬患者さんの夢の実現のために、プロジェクトに賛同してくださったことに感謝の気持ちでいっぱいです」

また、大賞を受賞された北見赤十字病院チーム皮膚科は、受賞にあたり次のように述べています。「狙って取ったこの受賞は格別です!『雨はいずれ上がる』をテーマにし、『乾癬は治る病気』というのを伝えようと思いました。これからも一緒に頑張っていきましょう!!」


(北見赤十字病院チーム皮膚科)


【受賞作品一覧】
《大賞 1作品》
◇北見赤十字病院チーム皮膚科

《優秀賞 5作品》 (以下、順不同)
◇飛鳥ダンススクール
◇立教D-mc
◇まーうさ
◇アニソンバーあにすた!
◇フリーダンス光岡様

* 再生回数のカウント期間は、2019年10月29日から2020年10月28日までの1年間です。動画の総再生回数は、YouTubeにアップロードされた応募作品の視聴数を合算。
また、応募1動画あたり1万円換算、再生回数1回あたり100円換算とし、最大応援金額は計100万円としました。

アッヴィは、今後も自己免疫疾患に取り組むバイオ医薬品企業として、乾癬患者さんをサポートする活動を行ってまいります。

乾癬について
乾癬は、慢性の炎症性皮膚疾患で、国内に約43万人の患者さんがいると報告されています1。乾癬の皮疹では皮膚に炎症が起きて赤くなり、皮膚の新陳代謝が異常になることで盛り上がり、表面に銀白色の鱗屑(りんせつ)が現れ、それがフケのようにはがれ落ちるようになります。頭皮や爪など人目に付く部分に症状が現れやすいため、日常生活や社会生活に大きな影響を及ぼすことが知られています。さらに、疾患認知が低いため、またその疾患名から感染症と誤解され、偏見に悩む患者さんも少なくありません。WHOの「世界乾癬レポート2016」でも、そうした患者さんをとりまく社会的な環境を改善させるためには、乾癬の疾患認知を高めることが急務であることが報告されています2。

アッヴィについて
アッヴィのミッションは現在の深刻な健康課題を解決する革新的な医薬品の創製と提供、そして未来に向けて医療上の困難な課題に挑むことです。患者さん一人ひとりの人生を豊かなものにするため次の主要領域に取り組んでいます。免疫疾患、がん、神経疾患、アイケア、ウイルス、ウイメンズヘルス、消化器疾患、さらにアラガンエステティクスポートフォリオの製品・サービスです。アッヴィの詳細については、www.abbvie.com をご覧ください。Twitterアカウント@abbvie、Facebook、LinkedInやInstagramでも情報を公開しています。

日本においては、1,200人を超える社員が、医療用医薬品の開発、輸入、製造販売に従事しています。自己免疫疾患、新生児、肝疾患、神経疾患、がんの各領域を中心に、患者さんの人生を豊かにしたいと願い、日々の業務に取り組んでいます。詳しくは、www.abbvie.co.jpをご覧ください。

1. Kubota, K., et al.: BMJ. Open., 5:1, 2015
2. 日本乾癬患者連合会、「世界乾癬レポート2016」、2016

【参考資料】
「晴れゆく道」のダンスコンテスト受賞作品 詳細

《大賞 1作品》
◇応募者名:北見赤十字病院チーム皮膚科

作品URL:https://www.youtube.com/watch?v=hvqfc4seEPE

【応募者から乾癬患者さんへのメッセージ】
北見赤十字病院チーム皮膚科で応援ダンス踊りました!!患者さまへの温かなメッセージ付きです。世の中だけじゃなく自分のことでも嫌なこと、色々あるかもしれませんが、この動画で癒され、励まされること間違いなし!!みんなで一生懸命作り上げたので、楽しんでくれると嬉しいです!

【審査員のコメント】
ヒャダイン氏のコメント:
医療従事者の皆さんの熱い想いが伝わり、メッセージ性に強く励まされました。音楽やダンスを通じて、乾癬について知って頂けたということはとても意義深いことだと思います。

患者さん代表者コメント:
「いつも通院ありがとう」という言葉にウルッときました。色々な不安を抱えて通院していた頃を思い出し、その一言で優しく包み込まれた気がして心がジーンとしました。
<山下 織江 様(一般社団法人INSPIRE JAPAN 乾癬啓発普及協会、とちぎ乾癬友の会)>

医療従事者代表者のコメント:
皮膚科チームの皆さんのメッセージから患者さんへの想いがひしひしと伝わってきました。頑張っているなというのが感じられて、非常にワクワクしながら見させて頂きました。
<五十嵐 敦之 先生(NTT東日本関東病院 皮膚科 部長)>

どれも甲乙つけがたい作品ばかりでしたが、独創性があり工夫されていたのが印象に残りました。メッセージからも患者さんへの温かさが感じられ、元気をもらえました。
<大久保 ゆかり 先生(東京医科大学 皮膚科学分野 教授)>

《優秀賞 5作品》 (以下、順不同)
◇応募者名:飛鳥ダンススクール
作品URL:https://youtu.be/5NpmKQVJKjQ

【応募者から乾癬患者さんへのメッセージ】
“乾癬”について、より多くの人が知るきっかけになればと思い、この応援ソングで元気よく踊りました!飛鳥ダンススクールの子供たち一同、全力のエールを送ります!!

【審査員のコメント】
子供たちが明るくメッセージを出していて、微笑ましく思いながら見させて頂きました。ダンスもとても上手でした。
<安部 正敏 先生(札幌皮膚科クリニック 院長)>


◇応募者名:立教D-mc
作品URL:https://youtu.be/tZJdHD4bGIk

【応募者から乾癬患者さんへのメッセージ】
このプロジェクトに参加したことが乾癬を知るキッカケになりました。私たちが乾癬患者さんにできることは大きいことではありませんが、少しでも元気を与えることができたら嬉しいです。

【審査員のコメント】
大学生の頃、乾癬に悩んでいて、将来の夢にも積極的になれなかった過去がありました。もし、その時にこの動画を見ていたら、乾癬への向き合い方も変わったんじゃないかと思います。
<山下 織江 様(一般社団法人INSPIRE JAPAN 乾癬啓発普及協会、とちぎ乾癬友の会)>


◇応募者名:まーうさ
作品URL:https://www.youtube.com/watch?v=EPY_HDgrkeM

【応募者から乾癬患者さんへのメッセージ】
1人で悩んだり、あきらめないで!治療したり分かち合ったりできるから。晴れゆく道はある!

【審査員のコメント】
乾癬患者さんは、基本的に病気との孤独な戦い。たった一人のダンスから、そこへの温かい思い、乾癬で困っている人を応援したいと思う気持ちを強く感じました。
<添川 雅之 様(一般社団法人INSPIRE JAPAN 乾癬啓発普及協会、東京乾癬の会P-PAT)>


◇応募者名:アニソンバーあにすた!
作品URL:https://www.youtube.com/watch?v=gU25kF5vPaQ

【応募者から乾癬患者さんへのメッセージ】
この企画に参加するまで「乾癬」という病気を知りませんでした。この動画を通して、「乾癬」という病気のことが広まったり、少しでも乾癬患者さんたちの生活の応援ができたらうれしいです。がんばってください!!

【審査員のコメント】
色々な場所で楽しそうにダンスしていて、完成度が高いと思いました。最後に、「晴れゆく道」になぞらえて、青空にむかって応援メッセージを叫んでいたのも印象的でした。
<山崎 文和 先生(関西医科大学 皮膚科学講座 准教授)>


◇応募者名:フリーダンス光岡様
作品URL:https://youtu.be/3UCS3zgh3AQ

【応募者から乾癬患者さんへのメッセージ】
病気に負けずにがんばってください!応援しています!

【審査員のコメント】
沈んだ心も明るくなりそうで、見ていてすごく楽しかったです。オリジナルのダンスが色々あり、若い人たちが満面の笑みで元気に踊っている姿に笑顔になれました。
<窪田 由希 様(愛媛乾癬患者の会)>

一般の方からのお問い合わせ先:
「乾癬患者さんの「夢」を叶えるプロジェクト」事務局(株式会社ストーリーズ・オン・ヘルスケア内)
Email: info_kansen@storieson.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)