エンタテイメント 美容・健康

「血圧サポート」新CMを全国で放映 吉田鋼太郎さんが“血圧放置さん”を取り締まり

株式会社ファンケル
株式会社ファンケルは11月1日(日)から、俳優の吉田鋼太郎さんを起用した高めの血圧を下げる機能性表示食品「血圧サポート」のテレビCM「取締り」篇(15秒、30秒)を全国で放映します。今回新たに制作したテレビCMでは、血圧が高めなことに気付いているけれど、「まだ自分は大丈夫」と後回しにしている人を「血圧放置さん」と名付けました。本CMを通じて、高めの血圧対策に関心が薄い方や、後回しにしてしまっている方に、高めの血圧対策の大切さを訴求していきます。




◆吉田鋼太郎さんを起用した新CMを全国で放映
本CMでは、最も血圧を気にされる60代と同世代で、健康的な印象もある吉田鋼太郎さんをイメージキャラクターに起用し、15秒と30秒の2パターンを制作しました。吉田鋼太郎さんが、高めの血圧を放置して自由に食事をする“血圧放置さん”を取り締まる、血圧取締官を演じ、高めの血圧対策の大切さを伝えるストーリーです。一見コワモテながらも、思いやりは人一倍強く、フレンドリーな表情やコミカルなトークを織り交ぜながら“血圧放置さん”を取り締まります。喜怒哀楽を使い分けた巧みな話術で相手を包み込み、取り締まりステッカーを優しく貼っていく、吉田さんの人間味溢れる演技と、新しいハマリ役“血圧取締官”の活躍にご注目ください。

◆上記テレビCMは以下よりご覧いただくことができます
・「取締り」篇30
[Youtube] https://youtu.be/tg0Vo7xKQvI



テレビCMカット ※30秒CMよりシーン抜粋
食事を済ませ、満足げな表情でラーメン屋から出てきたサラリーマンを待ち構えていたのは、吉田さん演じる血圧取締官。“放置”したことを注意されたサラリーマンは身に覚えがないことを主張しますが、それが「高めの血圧の放置」であることを知らされると「自分はまだ大丈夫」とアピール。その油断からくる「血圧放置」がカラダによくないと叱責し、高めの血圧対策の大切さを伝えます。
テレビCMカット

テレビCM撮影エピソード
・共演者と笑顔でコミュニケーションを図り、周囲の空気を和ませる吉田さん
左肩に「血圧」の紋章を装備する制服姿でスタジオ入りした吉田さんは、ラーメン屋の前で取り締まりを行うシーンから撮影をスタートしました。サラリーマン役の俳優・吉田ウーロン太さんが「がんばって食べてきました」と“仕上がり十分”なお腹をアピールすると、吉田さんは笑顔で胸をトンと叩くなど、台本にないアドリブを次々と披露。「あ、いま強く叩きすぎたかな?でも、いいリアクションだね~」とフレンドリーに振る舞いながら、周囲を和ませました。

・吉田さんの演技力で周囲を圧倒、思わず自身も照れ笑い
細かな要望をすべて受け入れつつ、絶妙な演技で順調に撮影を進めていた吉田さんですが、「高めの血圧、放置してるでしょ?」とサラリーマンに語りかけるシーンで、監督から「ニヤリと笑った感じ、シリアスな感じ、ウィスパーな感じで演じてみてください」と、まとめてオーダーされると、「まだパターンあるかな~?」と言いながらも、ひとたびカメラが回れば、吉田さんは同じセリフとは思えないほど雰囲気の異なる演技を何パターンも見せ、周囲を圧倒。その後も勢いがつきすぎた吉田さんは、自身が想像していなかった演技をしてしまい、「あ、今のは違ったな。なんかヘンな感じだった」と照れ笑いを見せました。

・ヤル気マンマンの吉田さんが予定より早くスタジオに登場しスタッフ騒然!?
セットチェンジのタイミングで約10分の休憩時間ができた吉田さんは、スタジオの隅に設けられたスペースで熱心にセリフや演技の確認を行っていました。ベテラン俳優でありながら短いシーンに全力で取り組むその姿に、スタッフの間からは「さすが吉田さん」と囁く声も。その間、撮影スタッフは全力でセットの移動やカメラのセッティングを行っていましたが、心の中で自身の準備を完了した吉田さんが予定より早くカメラの前に戻ってきてしまい、スタッフは大慌て。「あ、オレが早かったのか。ゴメン」と話しながら再びスタジオの隅に戻った吉田さんですが、そのヤル気がスタジオ全体に伝わったためか、この日の撮影は予定時刻より早く終了しました。

「血圧サポート」イメージキャラクター“吉田鋼太郎さん”からのコメント

吉田鋼太郎
1959年1月14日生まれ。
映画・ドラマ・舞台など、さまざまなジャンルで活躍している。
コメディな役からシリアスな役まで幅広くこなし、多くの作品に出演。

【「血圧サポート」新CM出演にあたって】
「血圧が高めなのに、お酒を飲んだあとラーメンを食べてしまう人。そして血圧が高めなのに塩分の多いものを食べてしまう人を優しくたしなめたり、ちょっと嫌味な口調で戒めたり…そして、自戒を込めて取り締まりを行う『血圧取締官』を演じています。多くの方にご覧いただきたいです」

【高めの血圧が気になる同世代の方々に向けて一言】
「私は今61歳ですが、自分の身体が衰えてきていると感じることがあり、足を前へ踏み出すことを躊躇するような機会も多くなってきました。しかし弱気になることなく、食べ物や飲み物、サプリメントなど、色々なものの力を借りて乗り切りましょう。人生100年時代ですから、60代の方は40年、50代の方はあと50年、まだまだ老いていく年ではないので頑張りましょう!」


参考

血圧サポート

「血圧サポート」について
8月20日(木)から、当社の通信販売と直営店舗でリニューアルして発売したサプリメント(機能性表示食品)です。同製品に新たに配合している機能性関与成分「トリペプチドMKP(メチオニン‐リジン‐プロリン)」と「γ‐アミノ酪酸(GABA)」が、高めの血圧を下げ、正常な血圧を維持することが報告されています。この成分の組み合わせは当社のオリジナルです。

-届出表示-
本品にはトリペプチドMKP(メチオニン‐リジン‐プロリン)とγ‐アミノ酪酸(GABA)が含まれます。トリペプチドMKP(メチオニン‐リジン‐プロリン)とγ‐アミノ酪酸(GABA)は、高めの血圧を下げ、正常な血圧を維持する機能が報告されています。血圧が高めの方に適した食品です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)