教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

日本初!医師が始める医学部進学塾、フランチャイズ加盟の第2次募集を開始。

株式会社アウロン
本募集では、北陸・甲信越・中部・東海で開業している医療機関および医師向けに加盟を集うものである。

医師向け投資ビジネスとして医学部進学塾のフランチャイズを展開している株式会社アウロンは、第2次加盟募集を開始した。 加盟できるのは医師のみで、医師自身がオーナーとなり医学部進学を志す受験生の学習をサポートをする日本初のビジョン型学習モデルが特徴である。 同社は、本事業を通じ、都市集中で高価格帯であった医学部進学塾を、地域の医師の協力によって低価格、多店舗化することで、親の世帯年収による子どもたちの進路選択の格差を解消を目指している。 地域医療を牽引する心材の高い医師とともに、将来の人材の育成を医師ととも行っていく事業である。





【都市集中で高価格な医学部進学塾】
現在、日本の医学部進学塾は103校あり、うち53校が首都圏に集中している。
また医学部進学塾の年間平均授業料は600万円を超え、通塾できるのは高所得世帯のみだ。
地方医師の協力により低価格化を可能とした医学部進学塾の存在は、情報と人材の首都圏一極化を解消する目的もある。

【医師不足が招く地域医療の崩壊】
2024年4月から、すべての勤務医に新たな「罰則付きの時間外労働上限」規制が適用される。
原則として年間の時間外労働を960時間以内として、救急医や研修医などについてのみ、例外的かつ極めて限定的に960時間以上1860時間以内の時間外労働が認められることとなる。
医師の働き方改革により、医師不足の病院は55%が赤字となり、救急医療や産科・小児科医療からの撤退、診療の縮小など「地域医療崩壊を招く可能性がある」と6割の病院長が見ている。

【医師のみが加盟できる医学部進学塾】

医学のエキスパートである医師がオーナー、チューターも医学部生のみと、受験生にとってロールモデルとなる人物たちが受験をサポートする仕組みだ。
医学部受験を突破した医師・医学部生のナマの声は、受験勉強だけでなく、将来の働き方、専門科目の選び方、休日の過ごし方まで、あらゆる質問に答えることができる。
医学の先達者の存在は、受験生の学習意欲を高め、長きにわたる受験勉強の道標となる。
日本初のビジョン型学習モデルとして、フランチャイズ展開を行っていく。



【加盟説明会の日程】
以下の日時にてオンラインセミナーを開催している。
▼日時
・11月3日(祝) 11:00~12:30
・11月3日(祝) 19:00~20:30
・11月14日(土) 19:00~20:30
・11月22日(日) 11:00~12:30

▼費用
無料

▼接続方法
GoogleMeetsもしくはZoomにて(お問合せ後、メールにてご連絡いたします。)

▼詳細はこちらから/参加フォーム
http://owlon.co.jp/seminar/

▼会社概要
【会社名】株式会社アウロン
【所在地】東京都港区新橋五丁目12番地11号303
【URL】http://www.owlon.co.jp
【Eメール】info@owlon.co.jp
【電話番号】050-5363-0998
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)