医療・医薬・福祉 その他

水産養殖と水耕栽培を掛け合わせた次世代農業「アクアポニックス」を活用し、農業×福祉×ITで障がい者支援を開始

一般社団法人ウェルフェアおきなわ
沖縄を拠点に障がい者や高齢者、子どもたちへ総合的な支援を行い、IT技術を使った効果的なサービスを提供し、人材の育成・確保を実現しながら、さまざまな福祉サービスを展開する一般社団法人ウェルフェアおきなわは、沖縄県今帰仁村にアクアポニックスの実験農場を開設します。  完成予定は2020年12月。アクアポニックスを事業として導入希望する障がい者支援法人からのお問い合わせ・農場見学を受け付けております。


■「アクアポニックス」導入背景

ウェルフェアおきなわは働くことを通して障がい者同士の交流につなげることはもちろん、一人一人の状態や障がい特性に応じて、お困りごとの解決と将来の自立・社会参加を目指し支援しています。

マニュアル化しやすく、障がい者や高齢者も参加しやすい農業である「アクアポニックス」を導入しITを活用した農福連携(農業×福祉)で新たな仕事を生み出し就労支援ができるという確信を持ち導入に至りました。


アクアポニックス(さかな畑)の導入

「アクアポニックス」とは水耕栽培と養殖を掛け合わせた、次世代の循環型農業です。魚の排泄物を微生物が分解し、植物がそれを栄養として吸収、浄化された水が再び魚の水槽へと戻る、生産性と環境配慮の両立ができる生産システムです。野菜と魚を一緒に育てるもっとも地球にやさしい農業です。

■導入メリット



さまざまな導入効果
生産物の販売以外にも多様なメリットを創出できます。


高い生産性
肥料効率が良くなり、有機栽培のため単価も上がります。
野菜に加えて魚も収益源となります。



環境にやさしい
土耕栽培と比較して、80%以上の節水。無農薬・無化学肥料・無除草剤です。

■今帰仁村農場  


※完成イメージ

ウェルフェアおきなわは株式会社アクポニと業務提携しております。
アクアポニックスを事業として始めたい障がい者支援法人の方のお問い合わせを受け付けております。お気軽にご連絡下さいませ。
場所:今帰仁村字上運天1700-1(グループホームウィズ敷地内)


▽ウェルフェアおきなわのアクアポニックス事業の今後の展開


アクアポニックスで
野菜とお魚を育てる
   ↓

グループホーム利用者で育て、
自給自足を行う
   ↓

障がい者就労支援として
経営しているレストランへ
野菜やお魚を提供




ITを活用した農福連携(農業×福祉)で新たな仕事を生み出し行う就労支援に加え、高齢者がよりよく生きることができるよう、社会との接点を増やし、ITを活用した健康支援を行います。
また、預かり保育や保護者間交流・支援をはじめSTEAM教育に対応したオンライン教育事業を展開するなど保育の支援も展開しております。

【一般社団法人ウェルフェアおきなわについて】
所在地 :沖縄県宜野湾市我如古3-19-16 1F
設立  :令和2年6月26日
代表  :与那嶺 一正
URL  :https://welfare-okinawa.org
事業内容:障がい者支援事業・高齢者支援事業・保育支援事業

【農場見学・本件に関するお問い合わせ】
担当者名:根間 真理奈(一般社団法人ウェルフェアおきなわ)
連絡先 :098-975-9192
メール :nema.okinawa@gmail.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)