医療・医薬・福祉

強酸性電解水(有効塩素濃度10 ppm)で新型コロナウイルスを不活性化できることを確認

カイゲンファーマ株式会社
※本リリースPDFはこちらよりダウンロードいただけます→https://www.kaigen-pharma.co.jp/images/topics/1603880547/1603880547_12.pdf



概要

 大阪医科大学(高槻市、学長:大槻勝紀)の微生物学教室とカイゲンファーマ株式会社(本社:大阪市中央区、社長:中桐信夫)が実施した共同研究で、医療用内視鏡の消毒に用いる有効塩素濃度10 ppmの強酸性電解水※1(次亜塩素酸水の一種)が新型コロナウイルス※2を不活性化※3できることを明らかにしました。
 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)による先行研究※4において新型コロナウイルスを不活性化させるために有効な次亜塩素酸水の有効塩素濃度は35 ppm以上と発表されましたが、本研究により有効塩素濃度10 ppmの強酸性電解水で新型コロナウイルスを十分に不活性化できることが確認されました。すなわち、強酸性電解水とウイルス液を19:1の混合比率で1分間処理すると99.99%以上の不活性化(図1)、混合比率を99:1に増やすと不活性化効果がさらに向上することも確認されました。
 新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるい続けるなか、国内でも各医療機関において院内感染防止に細心の注意が払われていますが、その反面で感染を警戒して受診控えが起こっている状況です。強酸性電解水による消毒を適切に行うことは、医療機関における院内感染の防止対策に十分に寄与できるものと考えます。
 なお、本研究成果をまとめた論文は現在学術雑誌投稿に向け準備中です。






企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)