医療・医薬・福祉 その他

あなたのメガネがフェイスシールドに 国立がん研究センターとの共同開発 フェイスシールドクリップ『YFCP-800(特許出願中)』を発売開始

山本光学株式会社
 産業安全用保護具・スポーツ用各種アイウェア・眼鏡・光学機器等の製造販売をする山本光学株式会社(本社:東大阪市長堂3-25-8 代表取締役社長:山本直之)は、国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜斉、東京都中央区、以下国立がん研究センター)と共同研究を実施し、眼鏡をかけた医療従事者が、自身の眼鏡に装着するだけでフェイスシールドが完成する「フェイスシールドクリップ『YFCP-800(特許出願中)』」を発売します。




(左:フェイスシールドクリップ『YFCP-800(特許出願中)』 右:着用イメージ)

一般的に、医療の現場において、飛沫感染対策として個人用保護具の着用は必須ですが、装着時の違和感や煩わしさから、その着用率がなかなか向上しないことも少なくありません。


反射防止フェイスシールドグラス YF-850S/目を重点的に保護するタイプ
 国立がん研究センター東病院では、山本光学の眼鏡型フェイスシールドグラス(右記:YF-850S)を使い、感染制御室主体で手術室や内視鏡室などでの感染対策品の院内着用率の変化検証を実施。3か月後には、医師の装着率、リピート率が向上し、軽量で、全く乱反射が感じられず、手術時や医療行為の際に快適に利用できるといった声が寄せられるなど、今までの保護具にはない傾向がみられました。


しかし、医師の着用率は2.6倍と大幅に増えたものの(赤枠)、未着用の眼鏡使用医師の着用率にほとんど変化がなかったことが判明(※図1参照)。その理由は、YF-850Sのフレームは度付き眼鏡の上から装着可能となっていますが、オペの際の使用では眼鏡の上にさらにフレームを装着するのに違和感があるといったものでした。


【図1】医師の保護具着用率/前後比較
 そこで、度付きめがねのテンプルに直接アタッチメントパーツを取り付けることで、シールドレンズを直接自身の眼鏡に取り付けられる「フェイスシールドクリップ『YFCP-800』」を開発。この製品は、眼鏡を着用している医療従事者の飛沫感染対策専用品として、西澤医師の知見や助言をもとに山本光学が設計・デザインを行いました。診ることが重要な手術時に、自分の眼鏡の上にフェイスシールドグラスを装着するわずらわしさや、眼鏡が2重になることでのわずかな違和感や集中が途切れることを危惧せず、血液や汚染物質の飛散からの保護が期待されています。

 山本光学は、今後もwithコロナ時代の定番となった眼鏡型フェイスシールドグラス『YF-850・800シリーズ』に加えて、自分の眼鏡がフェイスシールドになる「フェイスシールドクリップ『YFCP-800』」の提供を通じて、感染対策に関するあらゆるニーズに応えてまいります。

製品特長

ご自分の眼鏡のテンプルに「フェイスシールドクリップ」を付けるだけ。
シールドレンズ<別売>を装着すれば、
ご自分の眼鏡がフェイスシールドグラスに早変わり。




【レンズ別売】フェイスシールドクリップは、どちらのレンズ(YF-800・850)でも、
サイズ(S・L)違いでも付け替えて使用できます。用途に合わせてご選択ください。

▶反射防止機能付き YF-850L<顔全体を保護するタイプ> スペアレンズ(4枚入り)価格:オープン
▶反射防止機能付き YF-850S<目を重点的に保護するタイプ> スペアレンズ(4枚入り)価格:オープン
▶くもり止め機能付き YF-800L<顔全体を保護するタイプ> スペアレンズ(6枚入り)価格:¥2,000(税別)
▶くもり止め機能付き YF-800S<目を重点的に保護するタイプ> スペアレンズ(6枚入り)価格:¥1,100(税別)

共同開発者のコメント



【共同開発者 】
国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院
感染制御室・クオリティマネジメント室開発チーム
研究代表:大腸外科/クオリティマネジメント室長 西澤 祐吏
メンバー:感染制御室長 冲中 敬二
    感染制御室 橋本 麻子
    看護部 小田部 達彦

 手術を中心とした医療環境では、常に感染のリスクを念頭に置く必要があり、特に飛散に伴う感染を防御する目的でフェイスシールドの着用徹底を推進してきました。しかし、外科医の手術精度を左右する視界は非常に重要であることから、術野の見え方を重視する医師からはフェイスシールドへの賛同が少ない傾向にあることがわかりました。そのような中で、山本光学社の反射防止フェイスシールドは全くそのままの視界を担保して感染対策もできる逸品であり、当院導入後のフェイスシールド着用率の改善に大きく寄与しました。我々開発チームでは、過酷な労働である手術等に、より安全で快適な環境を取り入れることが重要であると考えています。

 今回のフェイスシールドクリップはそのようなチーム活動の中から自然な形で誕生した製品です。コロナ対策、感染対策、様々な場面で高機能フェイスシールド、フェイスシールドクリップが利用されて、労働環境が少しでも快適になることを願っています。

製品概要

■製品名  :フェイスシールドクリップ「YFCP-800」 ※特許出願中
■品番  :YFCP-800(エラストマー樹脂)
■カラー  :ライトグレー
■サイズ  :フリー/左右共通
■スペック :W41×H14×D20(mm)
■発売日  :2020年11月中旬(予定)
■価 格   :定価オープン(参考価格:¥1,400(税別))
■発売場所 :YAMAMOTOオフィシャルWEBショップ
 https://yamamoto-safety-online.com/
フェイスシールドクリップ『YFCP-800(特許出願中)』
着用イメージ


■使用想定シーン:
   医療や介護、リハビリ現場など見ることに集中が必要な現場の眼や顔面からの飛沫感染対策
   スーパーや百貨店、飲食店や学校関係者など、対面での接客やコミュニケーションが必要な現場
   美容師やネイリスト、学校授業、聴覚障がい者などの集中作業及び表情が見える必要がある場面 など

国立研究開発法人国立がん研究センター ご採用品


反射防止フェイスシールドグラス YF-850S/目を重点的に保護するタイプ
ハイスペックモデルYF-850S
反射防止超軽量フェイスシールドグラス
<目を重点的に保護するタイプ>

●光のちらつきや乱反射、眩しさなどを軽減する特殊低反射。
 反射や映り込みを9割カット
●表情・口元などが確認できる高い視認性
 (可視光線透過率99%)
●眼精疲労を感じやすい、視線を集中する作業に最適
●キズが付きにくい優れた耐擦傷性
●くもり止め効果あり

https://www.yamamoto-kogaku.co.jp/safety/faceshieldglass/

【参考】YAMAMOTO フェイスシールドグラスラインナップ

ハイスペックモデルYF-850
反射防止超軽量フェイスシールドグラス



フェイスシールドグラス YF-850L

ベーシックモデルYF-800
くもり止め超軽量フェイスシールドグラス



フェイスシールドグラス YF-800L

※各S/Lサイズあり。
<L:顔全体を保護するタイプ><S:目を重点的に保護するタイプ>

会社概要



名称   山本光学株式会社(ヤマモトコウガクカブシキガイシャ)
     英語表記YAMAMOTO KOGAKU CO.,LTD
所在地  本社   〒577-0056大阪府東大阪市長堂3丁目25-8
          TEL. 06-6783-0232(代表) FAX.06-6781-7320
     東京支店 〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル8階
          TEL. 03-3868-5501(代表) FAX.03-3868-5502
代表者  代表取締役社長山本直之
創業   明治44年(1911年)
事業内容 産業安全用保護具・スポーツ用各種アイウエア・眼鏡・光学機器等の製造販売
工場   大阪、兵庫(淡路島)、徳島
■山本光学公式サイト:https://www.yamamoto-kogaku.co.jp/
■YAMAMOTO公式サイト:https://www.yamamotokogaku.co.jp/safety/
■YAMAMOTOオンラインショップ: https://yamamoto-safety-online.com/
■SWANS公式サイト:https://www.swans.co.jp/
■SWANSオンラインショップ: https://netshop.swans.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)