広告・マーケティング 美容・健康

HLAタイピング(ヒト白血球抗原)市場「2026年に990.12百万米ドルに達する予測」-製品別、テクノロジー別、アプリケーション別、エンドユーザー別(独立した参照研究所、病院、学術研究所)、地理別

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「HLAタイピング(ヒト白血球抗原)市場:世界的な需要の分析及び機会展望2026年」2020年11月 03日 に発刊しました。レポートで提供される主要な産業洞察は、市場の既存のシナリオに関して読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10326727


HLA(ヒト白血球抗原)タイピングは、人の免疫系の個人差をチェックするために行われる一種の遺伝子検査です。この検査は、移植が必要な人に骨髄、臍帯血、またはその他の臓器を安全に提供できるかどうかを確認するために重要です。対象となる研究活動への公的および私的資金の増加などの要因により、移植診断製品の需要が急速に伸びています。主に、血液癌、幹細胞移植が必要な遺伝性血液疾患などの特定の疾患の増加が、HLAタイピング市場を牽引すると予想されています。ただし、ターゲット手順の限られた償還はこの市場の制約です。

HLAタイピング市場は、2020年の679.755百万米ドルから2026年に990.12百万米ドルに、約7.0%のCAGRで増加すると予想されています。

この市場を主に推進している要因は、移植手順の革新的な技術と移植手順の増加、HLAタイピングのこの分野での多数の研究開発活動です。分子検査には、この市場の制約であるHLAタイピング検査の高額な費用が含まれます。

世界的にHLAタイピング市場は移植診断分野で主要な役割を果たしており、移植プロセスのための人の免疫系の正確な分析も提供しています。移植後および移植前の交差適合試験およびキメラ現象試験の採用の増加は、市場に機会を与えます。しかし、ドナーの受け入れ者と比較してドナーの数が非常に少ないため、市場は市場の成長において大きな課題に直面しています。

市場セグメンテーション洞察

HLAタイピング(ヒト白血球抗原)市場は製品別(試薬および消耗品、機器、ソフトウェアおよびサービス)、テクノロジー別(分子アッセイ技術および非分子アッセイ技術)、アプリケーション別(診断アプリケーションおよび研究アプリケーション)、エンドユーザー別(独立した参照研究所、病院および移植センター、研究所および学術研究所)、地理別(北米、ヨーロッパ、APAC、RoW)などセグメントによって分割されています。

さらに、製品とサービスに基づいて、HLAタイピング市場には試薬と消耗品、機器、ソフトウェアとサービスが含まれます。この市場セグメントでは、臓器移植中の早期の患者プロファイリングにより、試薬と消耗品が市場の成長に大きな役割を果たしています。

技術に基づいて、市場は分子アッセイ技術と非分子技術に分割さられます。分析によると、分子アッセイ技術は、HLAタイピングの需要の大部分を占めています。分子アッセイ技術は、他の技術と比較してより少ない時間を消費し、市場の成長を推進します。

高度な医療施設に対する世界中の国の政府の必要性の高まり、および医療への支出の増加により、の予測期間中に市場は、大幅なCAGRで成長すると予想されています。さらに、現代の医療施設の開発のための研究開発の増加も、グローバルマーケットの成長に貢献するのに役立つことがさらに推定されています。世界銀行の統計によると、2017年には、GDPの合計9.896%が現在の医療費として世界中で観測されています。

HLAタイピング(ヒト白血球抗原)市場レポートは、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカを含む地域に関する詳細な調査と分析にも焦点を当てています。

さらに、北米地域は移植市場の最大のシェアを占めています。これは主に、医療機器の十分に発達した市場、高度に即興の医療システム、革新的な移植診断技術の採用の急速な増加によるものです。

一方、ヘルスケア業界では、主に世界中に広まったグローバルなパンデミックCOVID-19の恩恵を受けています。世界中で多くの命を奪われている現在のパンデミックにより、ヘルスケア業界では多くの機会が生み出されています。業界はまた、世界的なパンデミックのために、いくつかの新しいプレーヤーからの参加を観察しました。

HLAタイピング(ヒト白血球抗原)市場における主要企業

このレポートは、HLAタイピング(ヒト白血球抗原)市場におけるThermo Fisher Scientific, Inc., Omixon, CareDx, Inc, QIAGEN N.V., Luminex, Biofortuna, Illumina, Bio-Rad Laboratories, Inc., Takara Bio, TBG Diagnostics Ltd., F. Hoffman-La Roche Ltdなどキープレーヤーにさらに焦点を当てています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/hla-typing-market/10326727

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)