医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

【カイテク】業界初、介護業界に特化した『バーチャル施設見学』を本格開始

カイテク株式会社
~介護サービスの利用者獲得と採用強化を支援~

カイテク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:武藤高史、以下カイテク)は、業界初となる、介護サービスの利用者獲得および採用強化の支援を目的とした『バーチャル施設見学』を本格開始したことをお知らせいたします。(https://caitech.jp/indoorview-lp/)


■『バーチャル施設見学』が生まれた背景 ~どのサイトも同じに見えるという声~
施設を探す際や転職先を探す際、ほぼ全ての人がサイトを閲覧します。しかしながら、様々な方々と接する中で「どのサイトに書いてあることもほとんど一緒」という声もあり、サイト利用者は何を根拠に施設の利用や転職を決めればよいか悩んでいることもある、という実情もあることが分かりました。
施設側と利用者・転職希望者のマッチングが非常に重要であり、そのためにはサイト上においても他の施設と差別化を図ることが求められています。


■『バーチャル施設見学』とは
『バーチャル施設見学』は、Googleストリートビュー(インドアビュー)を活用して室内を360°見渡すことができるようにするサービスと、MEO(*)強化支援とを組み合わせたサービスです。
インドアビューは、撮影ポイントを連続して移動しながら撮影することで、あたかも自分が周囲を見ながら室内を歩いているかのような体験が味わえ、利用者や転職希望者の方にインターネット上でも施設内を見学してもらうことができます。
また、インドアビューを導入することでGoogleMAP上での閲覧率上昇に繋がります。



■『バーチャル施設見学』のサービス内容(https://caitech.jp/indoorview-lp/
カイテクでは、写真の撮影から、撮影後の各種実務や活用の支援まで、オールインワンでご提供いたします。


Googleストリートビューの撮影、編集、設定
Googleマイビジネスへの登録代行(基本情報、説明文、施設画像の追加)
撮影画像の利用URLおよびQRコードの発行
自社サイトやパンフレット、説明会イベント、DM等への活用コンサルティング



<主な活用場面>
『バーチャル施設見学』は、自社ホームページへの掲載、ケアマネージャーや紹介センターでの説明時の使用、説明会イベントなど、様々な場面でご活用いただけます。


(*)MEOとは
MEOとは、Map Engine Optimizationの略であり、主にGoogleマップでの地図検索エンジンで最適化を図ることを指します。
検索エンジンで「地域名+キーワード」で検索すると、検索結果の上段の広告の次にGoogleマップの枠が表示されます。地図上には、検索した「地域名+キーワード」に該当する店舗や事業所が表示され、その地域にある目的地を探すことができるようになっています。
以下は「世田谷区 老人ホーム」でのGoogle検索結果です。



【参考】Googleストリートビューの活用事例動画(Google Japan掲載)




【会社概要】
会社名:カイテク株式会社
所在地:東京都港区赤坂2-8-15
設立:2018年2月9日
代表者:武藤高史
事業内容:バーチャル施設見学、人材紹介事業(厚生労働大臣許可 13-ユ-310255)等
URL:https://caitech.co.jp/
私達は、最新のwebテクノロジーを駆使して、介護事業所の集客/採用のマーケティング支援をしていきます。日本の重要課題でもある「介護業界の人材不足」に対して、私達は情報をできるだけ多くの人に届け、さらには介護業界のイメージアップを図り、人気業界にしたい想いで活動しています。

【本リリース内容に関するお問い合わせ先】
カイテク株式会社 運営事務局
email:contact@caitech.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会