デジタル製品・家電 美容・健康

いい歯の日直前!要潤とめるるがキレイな歯の秘訣を公開 次世代デンタルフロス「ウォーターピック」 新製品発表会 開催レポート「がんばるる」「汚れとれるる」などお茶目な“めるる語” も披露し大盛り上がり!

ヤーマン株式会社
“いい歯ニスト”の称号に加え、ウォーターピックと盾を贈呈

ヤーマン株式会社(本社:東京都江東区 代表取締役社長:山崎貴三代)は、アメリカで誕生し、半世紀以上の歴史を持つオーラルケアブランド「Waterpik」の正規代理店として、2020年11月上旬より、口腔洗浄器 世界シェアNo.1ブランドの「ウォーターピック」を発売することを記念し、11月4日(水)に記者発表会を実施しました。





発表会冒頭では、ヤーマン株式会社 ブランド戦略本部 グローバルブランドグループ 担当部長 牧野彰夫より「ウォーターピックはお口の中の美容、健康という観点から『美しくを、変えていく。』というコーポレートスローガンを実現す商品となることを確信しています。」と挨拶を行いました。続いて、ウォーターピックについての製品プレゼンテーションが行われ、消費財を中心に扱うグローバル企業である、米国チャーチ・アンド・ドワイト社からのビデオメッセージが放映されました。その後、歯周病専門医 東京医科歯科大学非常勤講師 吉野歯科医院院長 吉野宏幸先生にご登壇頂き、現代人のオーラルケアの実態調査結果と、デンタルケアの重要性についてお話いただきました。

続いて、ウォーターピック日本上陸と発売を記念し、制作されたWEBCM「ウォーターピック日本上陸篇」が初公開されました。ゲストを招いたトークセッションでは、ウォーターピックのイメージキャラクターを務める要潤さんが、WEBCM内でも着用していた青色のスーツ姿で登場。撮影時のエピソードを聞かれると、「ワンカットでの撮影が、お芝居をしている感覚で撮影できたので、すごくやりがいがありました。」と笑顔で話しました。

そして、11月8日のいい歯の日にちなんで “いい歯の日直前、いい歯ニスト講座”を開催。スペシャルゲストとして、モデル・タレントのめるること、生見愛瑠さんをお招きしました。初めに、いい歯ニストとしてどのように白い歯を保っているのかを要さん、そして“いい歯ニスト講座”受講生である生見さんにも教えていただきました。「一日に何度も歯を磨く。」と話した生見さんに対し、要さんは「歯ぐきまで磨く。子供との時に、母親に歯茎まで磨きなさいと教わり、続けています。一回の歯磨きも長い時は20~30分くらいのこともあります。」とコメントし、驚きの声が上がりました。ウォーターピックを使って日常的にケアをしている要さんに対し、生見さんは「今の話を聞いて、もっと使いたくなりました。気になります。」と話しました。

続いて、粒の間に歯垢に見立てた汚れが付いたとうもろこしを用いて、汚れを落とすウォーターピックを実演。生見さんがレポートに挑戦しました。「がんばるるしていきたいと思います。」と熱く意気込みを語る生見さん。要さんは、その様子をハンディカメラを使って撮影しました。初めてウォーターピックを使用した生見さんは「すごーい。めちゃくちゃ落ちますね。綺麗にちゃんと落ちる。」と驚きながらリポートしました。汚れが取れる感動を“めるる語”で表すと「汚れ落ちるる!」と、笑顔でコメント。もう一度聞きたいという司会からの声に「汚れとれるる!」と別バージョンも披露。それに対して要さんは「いいですね。汚れとれるる!僕も使いたいと思います。自分でウォーターピック 使った後に。」とコメントしました。その後、いい歯ニスト講座修了の証として、要さんから生見さんに“いい歯ニスト”の称号に加え、ウォーターピックと盾が贈呈されました。生見さんは「すごい!嬉しいです。」とコメントをし、要さんからは「これからもケア、がんばるるして下さい。」とコメントが。会場は笑顔に包まれました。最後に生見さんは「いい歯ニストをもらえてすごく嬉しいです。 ウォーターピック を今日から使って、良い歯を作ります。頑張るるします。」、要さんは「デンタルケアはすごく大事なことで、歯は一生のお付き合いになりますからウォーターピックを使っていただき、日常のケアをしていただきたいと思います。 」と語り、イベントは幕を下ろしました。

■登壇者(敬称略)
要潤、生見愛瑠、歯周病専門医 東京医科歯科大学非常勤講師 吉野歯科医院院長 吉野宏幸、
ヤーマン株式会社 ブランド戦略本部 グローバルブランドグループ 担当部長 牧野彰夫

















企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)