企業向けシステム・通信・機器 美容・健康

デジタルヘルス事業化に向け、神戸リサーチコンプレックス協議会へ加盟

ミツフジ株式会社
~連続した正確なバイタルデータの提供によりデジタルヘルス推進への貢献を目指す~

デジタルヘルスなどの新しいメディカル、ヘルスケアへの取り組みに貢献できるサービス、ソリューションの開発に向けて、神戸リサーチコンプレックスへの参加により、取り組みを加速してまいります。深刻化する社会課題の解決に向けて、さらなる共創に取り組んでまいります。


着るだけでストレスや眠気、暑熱リスクなどの体の状態が可視化できるウェアラブルソリューションhamon(R)を開発、提供するミツフジ株式会社(本社:京都府精華町、以下、ミツフジ)は、2020年11月に神戸リサーチコンプレックス協議会※1へ加盟しました。当協議会は「健康関数」「ヘルスケアデータHub」事業をコアに、ヘルスケア産業を振興し、神戸医療産業都市という基盤を活かした「ヘルスケア・エコシステムを神戸に創る」ことを目的としており、ミツフジは、独自技術で開発した高導電性を持つ銀めっき繊維をセンサーとしたスマートウェアを中核に、連続した正確なバイタルデータの取得とアルゴリズムの提供を通して、デジタルヘルス分野での活用と社会課題の解決に向けたソリューション開発を目指します。

またミツフジは2020年10月2日、神戸市の「HumanxSmart」な都市づくりを目指す「Be Smart KOBE※2」プロジェクトにおいて事業実施候補者に選定されており、hamon(R)を用いた観光資源と医療先端都市の地域活性化へ向けた「ワーケーションを通じた生体データ収集から医療用途への活用検証」の実施に向けた協議および検討を、神戸市と進めてまいります。

今後hamon(R)で取得した精緻なバイタルデータと正確なアルゴリズムの応用展開により、上記プロジェクトや同協議会での活動や共創を通して、自治体や地域社会が抱える健康促進と地域活性化などの社会課題の解決に向け、貢献してまいります。

※1 「神戸リサーチコンプレックス協議会」はこちらから http://rc.riken.jp/whatis_next.html
※2「Be Smart KOBE」プロジェクト概要はこちらから https://www.city.kobe.lg.jp/a05822/743881788605.html

【会社概要】
社名:ミツフジ株式会社
業務内容:ウェアラブルIoT製品向け銀めっき導電性繊維“AGposs(R)”、“AGfit(R)”、ウェアラブルIoT製品“hamon(R)” およびhamon AG製品の開発、製造、販売
特徴:独自技術で開発した“AGposs(R)”を使用したスマートウェアによる、連続した正確な生体データの取得・分析ができるアルゴリズム開発、および生体データを活用したソリューションを提供

【コーポレートサイト】
http://www.mitsufuji.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)