医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

介護施設の採用担当者必見!介護職種ミャンマー人材受け入れガイドブック【無料ダウンロード受付中】

人材送り出し機関ミャンマー・ユニティ
外国人介護士が日本の介護現場の新たな担い手に。

2020年11月6日(金)、ミャンマー政府認定人材送り出し機関ミャンマー・ユニティ(日本駐在営業部:東京都千代田区岩本町)は、介護事業者および監理団体・登録支援機関向けに「介護職種ミャンマー人材受け入れガイドブック」の無料ダウンロード受付を開始いたしました。お申し込みは以下のリンクより。






介護業界の外国人雇用について知ることができるガイドブック



介護業界では、外国からの人材受け入れが年々増加傾向にあり、今では外国人介護士の存在は当たり前となってきました。

一方で、外国人介護士の受け入れに興味があっても、受け入れ方法がわからず踏み出せない介護事業者様や、外国人と一緒に働くことへの不安や、利用者とのコミュニケーションに対する心配から、外国人介護士の受け入れを躊躇されている介護事業者様も少なくありません。

そこで、人材送り出し機関ミャンマー・ユニティは、介護事業者の皆様や監理団体および登録支援機関に向けて、「介護職種ミャンマー人材受け入れガイドブック」を作成いたしました。

本ガイドブックでは、外国人介護士を雇用するための制度についての説明とミャンマー・ユニティ が送り出す技能実習生および特定技能のミャンマー人材についてご紹介しています。
外国人介護士雇用についての情報収集にお役立てください。

▼「介護職種ミャンマー人材受け入れガイドブック」無料ダウンロードはこちら
https://www.myanmarunity.jp/pages/10616/


★このような方におすすめ
・日本人を採用しようと募集してもなかなか人が集まらずお困りの介護事業者様
・介護職種で技能実習生や特定技能人材の受け入れを初めてご検討の方
・すでに他国の介護人材を受け入れているけれどミャンマー人の受け入れを初めてご検討の方
・ミャンマー・ユニティの介護教育や送り出しシステムに興味のある方



主な内容


第1章  外国人介護士の雇用ついて
介護職種で外国人材を雇用する際の各種制度について、わかりやすく説明します。
受け入れの方法や条件など、制度を理解するうえで必要な情報をコンパクトにまとめた内容です。




第2章 ミャンマーの特徴
次に、現在各種業界から注目を集めているミャンマーとはどのような国なのか、日本との違いなども交えながら解説しています。
また、ミャンマー人材が日本で働くのに適した人材である理由などもご紹介しています。




第3章 ミャンマー・ユニティについて
最後に、ミャンマー・ユニティの介護教育やミャンマー人技能実習生・特定技能人材受入の流れについて簡単にご案内しています。


▼「介護職種ミャンマー人材受け入れガイドブック」無料ダウンロードはこちら
https://www.myanmarunity.jp/pages/10616/




withコロナを見据えた「外国人介護士雇用セミナー」 無料WEB開催のご案内




【開催日時】2020年11月10日(火)15時開始(17時終了予定)
【閲覧方法】Zoom(YouTubeLiveから同時配信)
【参加費】無料

▼セミナー参加申し込みはこちら
https://us02web.zoom.us/webinar/register/5016012722066/WN_pD9wu2osSr6NP_AgN4OLGw


★講演アジェンダ
【第一部】
・介護業界を取り巻く環境とこれからの人材雇用方法
・外国人介護士の雇用方法を在留資格別に解説
・ミャンマー人介護士の雇用について
【第二部】
・ミャンマーユニティの介護教育カリキュラム
【第三部】
・パネルディスカッション
テーマ「介護実習生への日本語教育について」


本セミナーの第一部では、介護職種にスポットをあて、外国人採用について在留資格の違いからメリット・デメリット、コストや導入に関する具体的な方法などをわかりやすく解説いたします。

第二部では、ミャンマー・ユニティが実施しているレベルの高い介護教育について、ミャンマー・ユニティ「UKWTC介護学校」講師 奥野先生に講演を行っていただきます。

また、第三部に「介護実習生への日本語教育について」というテーマでパネルディスカッション行います。
現場で日本語を指導しているミャンマー・ユニティ「UKWTC介護学校」講師の奥野先生と板倉先生がパネリストとして登壇し、介護事業者様から内定をもらった介護技能実習生へ、ミャンマー・ユニティがどのような日本語教育を行っているのか、介護技能実習生への日本語教育の現状についてお話しします。
外国人介護士受け入れをご検討中の方はぜひご参加ください。



ミャンマー・ユニティについて




会社名:ミャンマー・ユニティ(Myanmar Unity Co.,Ltd)
所在地:Unity Tower, YS 3, Kandawgyi Yeik Mon, No.137, Upper Pansoedan Road, Mingalar Taungnyunt Township, Yangon, Myanmar
代表者:代表取締役 チョー・ミン・トン
ライセンス:ミャンマー国政府公認送出ライセンス License No.54/2016
設立:2013年5月
資本金:5,500,000円

【日本駐在営業部】
〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-2-11渡東ビルディングアネックス303
MAIL:info@m-unity.com
TEL:03-5809-2216
FAX:050-5577-5664

会社HP:
https://www.myanmarunity.jp/


ミャンマー・ユニティは、今まで1217名(うち介護142名)の優秀な人材を日本企業へ送り出しており、ミャンマー政府より、2019年のミャンマーNo.1人材送り出し機関として表彰されました。ミャンマー・ユニティ運営の「UJLAC日本語学校」および「UKWTC介護学校」では、「1人ひとりを大切に」という教育ポリシーのもと、日本で働くために必要な“生きた日本語教育・日本の介護現場に通用する介護技術の習得”に力を入れた独自のカリキュラムを実施しています。これまで日本へ送り出した技能実習生の職種は、介護、建設、溶接、食品加工、金属加工など多岐にわたり、ミャンマー国民がひとつでも多くのことを学べる社会づくり、もっと多くのことを学びたいと思える環境づくりを創造していけるよう活動しています。





■本件に関するお問い合わせ先
ミャンマー・ユニティ
日本駐在営業部(担当:島根)
MAIL:info@m-unity.com
TEL:03-5809-2216
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)