スポーツ・アウトドア 美容・健康

「INNOVATION LEAGUE アクセラレーション」キックオフイベント実施

スポーツ庁
スポーツ団体と事業共創を行う5社を決定

スポーツ庁がSPORTS TECH TOKYO(※1)と共同で開催している「INNOVATION LEAGUE(イノベーションリーグ)(※2)」アクセラレーションは、11月4日、キックオフイベントをオンラインにて実施しました。 キックオフイベントには、一次選考を通過した応募企業15社をはじめ、応募企業との事業共創を目指すスポーツ団体(コラボレーションパートナー)の公益財団法人日本バレーボール協会と3×3. EXE PREMIER、そしてスポンサー企業、サポーター企業、メンター陣など、本プログラムに参画する各関係者が集結しました。



オンラインで行われたキックオフイベントの様子
イベントの冒頭、室伏広治スポーツ庁長官がビデオ出演し、本リーグから新たな事業・サービスが創出することへの期待を述べました
本イベントでは一次通過応募企業全15社がプレゼンテーションを行い、最終選考を実施しました。そして、厳正な審査の結果、以下の5社を採択いたしました。



AMATELUS 株式会社 https://swipevideo.jp/
株式会社アイ・オー・データ機器 https://www.iodata.jp/ssp/service/platcast/index.htm
THECOO 株式会社 https://thecoo.co.jp/
NTT コミュニケーションズ(株) (SpoLive事業グループ) https://spo.live/
ジャングル X 株式会社 https://junglejp.xyz/

(※応募順)

採択された5社は今後、メンターをはじめプログラムに参画するさまざまなスポンサー企業、サポーター企業などの協力を得ながら、コラボレーションパートナーと事業共創を行っていきます。その成果につきましては、来年2月のデモデイにて発表予定です。


プログラムのスケジュール

なお、INNOVATION LEAGUEではアクセラレーションの他、優れたスポーツビジネスの取り組みを讃えるコンテスト「INNOVATION LEAGUE コンテスト」も実施しています。詳細は公式ウェブサイトをご覧ください(応募締切は12月31日)

公式ウェブサイト
https://innovation-league.sportstech.tokyo/contest/

<コラボレーションパートナー「公益財団法人日本バレーボール協会」新規事業企画部 部長 垣谷直宏氏のコメント>
「大変レベルの高い数多くの候補者の中から見事採択企業に選ばれた皆様おめでとうございます。皆様のイノベーティブなアイデアと情熱を掛け合わせ、スポーツ団体だけでは成し得ないsomething newを一緒に生み出すことを想像しワクワクしております。バレーボールには夢がある。一緒に夢をつないで形にしていきましょう。」

<コラボレーションパートナー「3x3.EXE PREMIER」コミッショナー 中村考昭氏のコメント>
「魅力溢れるピッチの中から5社を採択することは大変難しく、どの企業とも取り組みを行いたいと強く感じました。そのような中から今回採択された注目の5社の皆様と、このイノベーションリーグを通じて双方の事業伸長を実現したいと思います。」


※1 SPORTS TECH TOKYO
スポーツテックをテーマとした世界規模のアクセラレーション・プログラム。第1回開催時には世界33ヶ国から約300のスタートアップが応募。スタートアップ以外にも、企業、スポーツチーム・競技団体、コンサル、メディアなど多様なプレイヤーが参画。事業開発を目指すオープンイノベーション・プラットフォームでもある。

公式ウェブサイト
https://sportstech.tokyo/?ja

※2 IINNOVATION LEAGUE(イノベーションリーグ)
スポーツ庁が、SPORTS TECH TOKYOと共同で実施している、スポーツオープンイノベーションプラットフォーム構築の推進を目的としたプログラム。スポーツビジネスを拡張させる「イノベーションリーグ アクセラレーション」とスポーツビジネスの新しい取り組みを表彰する「イノベーションリーグ コンテスト」からなる。「イノベーションリーグ アクセラレーション」では、最終採択企業のテクノロジーやビジネスアイデアの実証を行うコラボレーションパートナー(実証連携団体)として、公益財団法人日本バレーボール協会、及び3×3. EXE PREMIERと連携する。




<イノベーションリーグについてのお問合せ>
innovation@sportstech.tokyo
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)