広告・マーケティング 美容・健康

HIV自己検査市場―サンプル別(血液、口腔液、尿);製品技術別(ラテラルフローイムノアッセイおよびイムノフィルトレーション)、テスト生成別-世界の業界需要分析および機会評価2018-2025年

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「HIV自己検査市場:世界的な需要の分析及び機会展望2025年」2020年11月 05日 に発刊しました。レポートには、今後数年間でHIV自己検査市場を大きく変えると推定される将来の見通しに関する詳細な調査が含まれています。レポートはまた成長の機会と(市場の製品)の全体的な需要、市場動向、業界の主要なプレーヤーとそれらによって使用される戦略をカバーしています。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10307061



HIV自己検査キットは、個人の血液、口腔液、または尿から採取された検体のHIV検査を実行するために使用される迅速診断製品です。これらのキットを通じて解釈された結果は非常に正確であり、検査室の診断と比較することができます。

UNAIDSと世界保健機関(WHO)によるグローバルエイズエピデミックレポートによると、2018年に約170万人が新たにHIVに感染し、約77万人がエイズで亡くなっています。

Avert Organisation の統計によると、2018年には、世界人口の約3790万人がHIV患者でした。これらの人口規模には170万人の子供も含まれています。

この統計は、世界中の個人の間でエイズに関する懸念が高まりにより、パーソナル環境でのHIV感染症の検査とともに即時の結果を出すことの必要性が示しています。世界中のいくつかの国が最近HIV自己検査キットを導入し、HIV自己検査に関する意識を高めるためのポリシーを開発しています。世界的なHIV自己検査市場も、地方自治体の承認を必要としない医療製品の流通業ためにオンラインチャネルの浸透が進むことにより、急速に成長すると予想されています。

グローバルHIV自己検査市場は2018年に44.36百万米ドルに達成した市場価値は、2025年末までに1040.99百万米ドルに達成すると期待されています。

さらに2020―2025年の予測期間に、世界中の45.62%のCAGRを登録することが予測されます。

しかし、低中所得国の薬局は製品の入手率が非常に低く、世界のHIV自己検査市場の成長を妨げると予想されています。さらに、人々の意識の欠如、消費者の選択の制限、供給の安全性の削減、地元で製造された製品の承認のための長い登録プロセスなど要因は、グロバルHIV自己検査市場の成長を妨げることが予想されています。

U.S. Centers for Medicare&Medicaid Servicesによると、米国の2018年から2027年の間に、国民の医療費は年率5.5%で増加すると推定されています。さらに、同国のヘルスケア業界の総支出は、2027年末までに約6兆米ドルに達すると予想されています。このような要因を背景に、市場は今後数年間で大幅な成長を観察すると予測されています。HIV自己検査市場は、予測期間中に重要なCAGRで成長すると予想されます。

市場セグメンテーション洞察
HIV自己検査市場は、サンプル別(血液、口腔液、尿);製品技術別(ラテラルフローイムノアッセイおよびイムノフィルトレーション)およびテスト生成別(第2、第3、第4)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

さらに、地域に基づいて、市場は北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東&アフリカに分割されます。

東南アジアは、予測期間中に50.74%のCAGRを達成すると予想
東南アジアのHIV自己検査市場は2018年に221万米ドルと評価され、予測期間中に50.74%のCAGRを達成すると予想されています。UNAIDSと世界保健機関(WHO)のグローバルAIDS流行レポートにによると、東南アジアの成人の約0.3%がHIVに感染しています。さらに、ラテンアメリカのHIV自己検査市場は、HIVの蔓延率が最も高いブラジルなどの国々の存在により、2025年には5,124万米ドルの価値に達すると予想されています。さらに、国内でのHIVの高度な治療施設の利用性も、地域でのHIV自己検査市場の成長を促進すると予想されます。

2019年、メディケイドによる病院への支出は米国で最大5.1%増加しました。これは、2020年から2027年の間に、年率5.7%でさらに成長すると予想されています。

市場は、地理に基づいてさらにサブセグメント化されており、各国の市場成長が評価されます。HIV自己検査市場は、地理に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。


レポートはさらに、グローバルレベルで主要な市場プレーヤーによって採用された企業プロファイルとビジネス戦略の詳細な評価で構成されています。HIV自己検査市場におけるOraSure Technologies, Inc., Chembio Diagnostics, Inc., WAMA Diagnostica, ECO Diagnostica, Orange Life and Ebram Produtos Laboratoriais Ltda.などキープレーヤーにさらに焦点を当てています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/hiv-self-testing-market/10307061

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)