その他

「第3回ご当地タニタごはんコンテスト」グランプリは兵庫県の郷土料理をアレンジした田中賢治さんチームに決定!第3回コンテスト アンバサダーの女優・のんさんがトークショーに出演

株式会社タニタ
全国5ブロックで書類選考を突破した15チームが出場し3チームが入賞


株式会社タニタ(東京都板橋区前野町1-14-2、代表取締役社長・谷田千里)は、日本の食文化の継承や地域活性化などを目的に、本年春より実施しているアレンジレシピコンテスト「第3回ご当地タニタごはんコンテスト-ヘルシー郷土料理で健康まちおこし-」の全国大を2020年11月7日(土)に開催しました。本大会の模様は、オンライン(Youtube Live)にて生配信し、アーカイブでもご覧いただけます。

当日は、全国5ブロックで書類選考を突破した15チームがプレゼンテーションし、料理の実食とあわせて最終審査を行いました。審査の結果、グランプリ1チーム、準グランプリ2チームが選ばれました。グランプリに輝いたチームには副賞として賞金50万円が授与されました。上位入賞作品には今後、株式会社タニタが監修し、レシピをさらにブラッシュアップして商品化に向けた取り組みを実施する予定です。

〈グランプリ〉
兵庫県の郷土料理「明石鯛めし、加古川かつめし」をアレンジした田中 賢治(たなか けんじ)さんチーム
レシピ名 「明石鯛のロティ鯛めしとハーブ・煎茶のお茶漬け」等

〈準グランプリ〉
京都府の郷土料理「いとこ汁丹後寿司」をアレンジした弓倉 靜英(ゆみくら しずえ)さんチーム
プレゼンター 松下 直子(まつした なおこ)さん
レシピ名 「なぃすなワンプレートランチ」等

〈準グランプリ〉
大阪府の郷土料理「大阪ずし」をアレンジした佐藤 早苗(さとう さなえ)さんチーム
レシピ名 「大坂のけつねさんと箱寿司」等



さらに当日は、第3回コンテストのアンバサダーを務める女優・のんさんにご登壇いただき、トークショーも実施しました。


のんさんは、全国の郷土料理や食をテーマに、毎週トークを繰り広げてきたラジオ番組「のんのにっぽんのごはん」(文化放送)など、今年1年間のアンバサダーの活動を振り返り、「ラジオ番組でも郷土料理やコンテストのアレンジレシピを紹介してきたので、いよいよこの日を迎えて興奮しています」「かぶり物をされたりプレゼンの仕方も工夫されたり個性があふれ、うきうきしながら見ていました」とコメントされました。
自身の思い出に残っている郷土料理を聞かれると、「岩手のまめぶ汁は、甘いくるみと黒砂糖が入っている団子がしょっぱいお汁の中に浮かんでいて、新しく不思議な味で美味しかったですね。あと福岡のごま鯖は、定期的に食べたくなります。」とお話されました。
また、料理をよくされるというのんさんのお気に入り料理は、「ニラとツナを炒めて胡椒をかけたものがめちゃくちゃ美味しいんです。まったく凝ってないのでご紹介するのが恥ずかしいくらいですけど、美味しくて、私の定番料理です!」と紹介されました。
最後に、結果発表を待つ出場チームに向けて、「出場された皆さんの作品がどれも素晴らしくて、私もアンバサダーとしてたくさんの方に知っていただき、郷土料理を広めていきたい」とエールを送りました。


※全国大会詳細と出場した15チームの詳細は、「ご当地タニタごはんコンテスト」オフィシャルサイトをご覧ください。
http://www.tanitagohan.net


本コンテストは、日本全国に点在する郷土料理にフォーカスし、地域の伝統的な調理法や調味料を生かしつつ、これをタニタが考える健康的な食事の目安に則ってアレンジしたレシピを全国5ブロック(北海道・東北/関東・甲信越/近畿・北陸・中部/中国・四国/九州・沖縄)で募集し、審査・表彰するものです。各5ブロックで書類選考を行い、上位3チームをそれぞれ選出。この度全国大会で全15チームが優勝を競いました。

全国大会の審査員には、学校法人服部学園 理事長/服部栄養専門学校 校長 服部幸應さん、公益社団法人 日本栄養士会 理事 中田智子さん、株式会社タニタ 取締役 石戸谷達雄さん、株式会社タニタ 管理栄養士 荻野菜々子さんを迎え、全15チームのプレゼンテーションと料理の実食を通して審査を実施しました。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)