金融 医療・医薬・福祉

女性が選ぶ「女性保険」ランキング 利用率第1位は「オリックス生命 女性向け医療保険 新CURE Lady[キュア・レディ]」、総合満足度第1位は「コープ共済 《たすけあい》女性コース」

株式会社こどもりびんぐ
Webコンテンツ「ウーマンリサーチ」が実施した「女性保険についてのアンケート」

園児とママの情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」を発行する株式会社こどもりびんぐ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:中島一弘)は、女性が選ぶおすすめの商品やサービスを調査し、ランキング形式で結果を発表するWebコンテンツ「ウーマンリサーチ」を提供しています。今回は2020年9月に実施した「女性が選ぶ女性保険に関するランキング」について発表いたします。【詳細はこちら】 https://enfant.living.jp/mama/woman_research/815355/






今回のテーマは女性が選ぶ女性保険に関するランキング

2020年9月に実施した「女性保険についてのアンケート」において、「オリックス生命 女性向け医療保険 新CURE Lady[キュア・レディ]」が利用率第1位、「コープ共済 《たすけあい》女性コース」が総合満足度第1位となりました。
「オリックス生命 女性向け医療保険 新CURE Lady[キュア・レディ]」  https://www.orixlife.co.jp/medical/n_cure_lady/
「コープ共済 《たすけあい》女性コース」  http://coopkyosai.coop/thinking/lineup/tasukeai/woman/feature.html


最も多く加入している保険は「生命保険(終身)」。女性保険加入者は14%

ウーマンリサーチでは、全国のWeb会員を対象に「女性保険」についての調査を実施。回答者1122人中、女性保険に限らず、現在なんらかの保険に入っている人は84.4%にのぼり、最も多く加入している保険の種類は「生命保険(終身)」52.9%という結果に。「女性専用の医療保険」に加入している人は14.0%でした。女性保険に限らず、保険加入のきっかけは「自分で必要だと感じて」が71.5%と最も多く、「親の勧め」「子どもが生まれたこと」と続きました。また、1年以内に「生命保険」の契約あるいは見直しをしたかについて聞いたところ、「新規に契約した」人は6.1%、「見直しをした」人(見直しをしたが、契約は続けている人も含む)は22.5%と、合わせて約3割となりました。新規契約・見直しのきっかけは「家族構成が変わった」が15.9%と最も多く、「新型コロナの影響で先行きが不安になった」「外交員の勧めで」と続きました。今回は保険の中でも「女性保険」について、加入時に重視したことなどを聞きました。


受賞商品を契約していて良かったことは「安心感がある」「お手紙と折り鶴にほっこり」

女性が選ぶ女性保険ランキング、利用率第1位は「オリックス生命 女性向け医療保険 新CURE Lady[キュア・レディ]」(表1)、総合満足度第1位は「コープ共済 《たすけあい》女性コース」 となりました(表2)
※総合満足度は、保障内容、保険料の満足度とは別に、「総合的な満足度」について調査した結果をもとに算出しています



受賞商品を契約していて良かったことについて、「オリックス生命 女性向け医療保険 新CURE Lady[キュア・レディ]」は、「保険を決めた時に担当してくださった方がとても信頼できて毎年年末に連絡くださるので、それだけで安心感がある」(30代女性)、「コープ共済 《たすけあい》女性コース」には、「電話一本で手続き確認でき、領収書のコピーのみで還付された。お大事にのお手紙と折り鶴が入っていてほっこりした」(50代女性)といったコメントが寄せられました。


加入時に重視したポイントは「女性特有の病気以外も保障」、保障内容以外では「保険料の安さ」

女性保険の加入時に最も重視したことは、保障内容では「女性特有の病気以外も保障」が27.2%と最も多く、次いで「入院1日目から保障」「日帰り入院も保障」という結果に(グラフ1)。「ありがたいことに今まで保険を使ったことがないですが、年齢を重ねるごとに病気のリスクがあがるので安心感がある」(60代女性)、「身近で女性保険に入っている人も増えたのでお守り代わりになるかなと思いました。備えあればいざと言うときに役立つと思う」(50代女性)など、”もしも”に備えている人や、「いざ入院すると、いろいろとお金がかかるので保険はとても助かった」(50代女性)、「20代で働くようになってから、あまり考えずに入っておいた感じだったが、30代になって卵巣の手術をすることになり、保険のありがたみが分かった。いざというときに助かる」(40代女性)など、保障を受けた人の体験談もみられました。



また、保障内容以外に最も重視したことは「保険料の安さ」が33.4%と最も多く、「保険会社の信用・知名度」「外交員の印象」と続き、保険料だけでなく、保険を提供している保険会社や外交員の印象も重視して商品を選んでいることが分かりました(グラフ2)






株式会社こどもりびんぐは、小学館グループで園児とママ向け情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」の発行、ウーマンリサーチ等女性を対象とした「リサーチ事業」を展開するメディア事業者です。今後もウーマンリサーチでは、様々なテーマで調査を実施、報告してまいります。第1位を受賞された企業には、受賞ロゴ・調査データ活用のご提案もしております。受賞ロゴは店頭ツール・商談資料・ブランドサイト・検索エンジン等、幅広くご活用いただけます。詳しくはお問い合わせください。

こどもりびんぐでは「ママ・パパが選ぶ学資保険」についての調査も同時発表しています。
詳しくはコチラ https://enfant.living.jp/mama/kodomo_research/814245/

【ウーマンリサーチ 過去のランキング】
・健康管理アプリ  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/813197/
・EMSエクササイズ機器  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/813807/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)