美容・健康 流通

≪新発売≫医療機関向け高濃度コスメブランド【Cligramカリグラム】からついに化粧水『SAP+GGローション』が誕生!お取り扱いクリニック様募集スタート!!

株式会社ヘッドスプリング
にきび・毛穴でお悩みの方おすすめ!高濃度ビタミンC誘導体配合化粧水が誕生しました。

美容クリニックの物販サポートを手がける株式会社ヘッドスプリング(所在地:東京都新宿区、代表取締役:泉成人)の新ブランドCligramカリグラムから第4段となる『SAP+GGローション』の販売・お取り扱いクリニック様募集をスタート致しました。


















有効成分高濃度配合!医療機関専売コスメ『Cligramカリグラム』


Cligramカリグラムは、美容施術をサポートするために誕生した医療機関専売コスメです。
美容クリニックでも実績のある主役級の成分を高濃度に配合し、治療の効果を最大限に高めるだけでなく、極力肌にとって余分なものは含まないシンプルな処方です。
普段のスキンケアとしてはもちろん、美容医療施術前後のホームケアアイテムとしてもご利用いただけます。






にきび・毛穴・肌あれでお悩みの方におすすめ!ビタミンC誘導体高濃度配合『SAP&GGローション』





    主要成分

   ・アスコルビルリン酸Na10%
   ・グリシルグリシン5%

    対象肌悩み

   にきび・肌のくすみ・肌のざらつき・油性肌など



アスコルビルリン酸Na:ビタミンC誘導体10%配合


アスコルビルリン酸Naとは、ビタミンC誘導体の1種で、不安定性質を持つアスコルビン酸を安定化させた成分です。
ビタミンCの化学名「アスコルビン酸」は、肌のくすみなどにアプローチする目的でしばしば化粧品に配合されますが、空気中の酸素に触れると安定を失いやすく、成分の扱いにくさが難点でした。

そこで、化粧品として配合されても成分が安定し、肌への浸透が可能なビタミンC誘導体として「アスコルビルリン酸Na」が作られました。肌に届くと酵素の働きで速やかにビタミンCとして働くため、高い水準で肌トラブルへのアプローチが期待できます。
アスコルビルリン酸Na5%でニキビの炎症反応と非炎症反応にプラスの影響を与えるラジカルスカベンジャーとして作用する臨床データがあります。(本商品は、臨床データよりも多いアスコルビルリン酸Na10%配合しています)


グリシルグリシン5%配合


グリシルグリシンとは、アミノ酸が2つくっついたジペプチドで、皮膚を整える働きに期待がもてます。

花粉・大気汚染・ストレスといったことが原因で、皮脂に含まれる不飽和脂肪酸が細胞のイオンバランスを崩すと毛穴周辺の皮膚が炎症を起こします。この炎症が繰り返されると毛穴周辺の皮膚がすり鉢状に凹んでしまい、肌の凹凸が目に見えて目立つようになります。
グリシルグリシンは、皮膚の角質を正常化させる働きに期待がされています。肌を整え、キメを整えることでなめらかな肌へと導きます。


〈ご使用方法〉
朝晩の洗顔後、500円玉程度を手に取り、お顔全体に優しくなじませてください。
冷暗所に保管し、6か月以内に全て使い切るようにしてください。
SAP+GGローション:内容量100ml (朝晩使用で約1か月分)


◆製品の詳細は美容医療のかかりつけ医「わたしの名医」で
製品の詳しい説明は下記URLからお読みいただけます。
わたしの名医:https://mymeii.jp/medical/cligram/


【本件に関するお問合せ先】
株式会社ヘッドスプリング
HP:https://head-spring.co.jp/
電話:03-6709-8183 FAX:03-6709-8715
メール:info@head-spring.co.jp


==================================

◆企業情報:株式会社ヘッドスプリング
https://head-spring.co.jp/
所在地: 東京都新宿区荒木町15-8 杉森ビル4F
代表者: 代表取締役 泉 成人

MISSION ー
「美のかかりつけ医」をスタンダードに。

私たちは美容医療のプラットフォーマーとして、
独自のネットワークとITを駆使して、
美を求める人々・医師・ホームケア製品の架け橋となります。

「美のかかりつけ医」を介して、
自分に必要な治療やお手入れやホームケア製品を知ることができる。
美への最短距離を手に入れることができる。
そんな社会を創りあげる。
それが私たちのMISSIONです。

美容医療のかかりつけ医「わたしの名医」
https://mymeii.jp/ 






企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)