美容・健康

「PRIDE指標2020」においてブロンズ賞を受賞

株式会社ファンケル
株式会社ファンケルとグループ会社の株式会社アテニア(以下、アテニアと表記)は、職場におけるLGBTQなどのセクシャル・マイノリティ(以下、LGBTQ)への取り組みに関する評価を指標に定めた「PRIDE指標2020」において、ブロンズ賞を受賞しましたことをお知らせします。


PRIDE指標とは、「企業等の枠組みを超えてLGBTQが働きやすい職場づくりを日本で実現する」ことを目的とした任意団体「work with Pride」による評価指標です。日本初の職場におけるLGBTQに関する取り組みを評価する指標で、2016年からは表彰制度がスタートしています。この制度は、LGBTQに関する取り組みを5つの評価指標に分類し、企業や団体は各指標の獲得点数により表彰されます。当社およびアテニアは、今年初めて連名でエントリーし、3つの指標が評価されて「ブロンズ賞」の受賞となりました。
「PRIDE指標」の詳細 https://workwithpride.jp/pride-i/ 

受賞概要
■受賞マーク  

■受賞日11月11日(水)

■受賞名称PRIDE指標2020 ブロンズ賞

■評価項目と実施概要
<1>Policy:行動宣言
・LBGTに対する差別的な言動禁止を含めたコンプライアンスに関する行動基準を制定した従業員向けの手帳「私のコンプライアンス行動基準手帳」を制作。全従業員に配布して共通意識の徹底
・新入社員及び中途入社者の研修用テキストとしても活用し、入社時から行動基準の明確化

<2>Representation:当事者コミュニティ
・全従業員対象に研修を通して、アライ(LGBTを理解して支援する人)への理解促進
・社内外において相談窓口(コンプライアンスヘルプライン)を設置
・社内で実施するアンケート時に性別欄を非設定


<3>Inspiration:啓発活動
・関連部門担当者がLGBTに関する社外セミナーに参加
・経営層を含めた全従業員対象に、ハラスメント研修やグループディスカッションやグループワークを取り入れたLGBT研修を継続実施
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)