医療・医薬・福祉

新型コロナウイルス 迅速抗体検査キット研究用として発売

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社
ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)は、専用の装置を使わずに、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のIgG抗体およびIgM抗体を同時に検出する研究用試薬「SARS-CoV-2 Rapid Antibody Test RUO」を2020年11月12日に日本で発売することをお知らせします。


「SARS-CoV-2 Rapid Antibody Test RUO」は、指先などから採取した少量(20μL)の血液を用いて血中の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のIgG抗体、IgM抗体を同時に検出する研究用試薬です。専用の装置は必要なく、約10分で結果が得られます。IgG抗体とIgM抗体、それぞれの抗体の有無について識別したい場合や、静脈採血が困難な場合での使用が期待できます。本品はロシュが世界的な販売代理店契約を締結している SD Biosensor Inc.(SDバイオセンサー)との提携によるもので、2020年7月28日にCEマーク対象地域で発売されました。

【製品概要】
(1)製品名
SARS-CoV-2 Rapid Antibody Test RUO

(2)特徴
・イムノクロマト法により新型コロナウイルスのIgG抗体、およびIgM抗体を検出します。
・専用の測定装置は不要。血液をキットに滴下すれば10分後に結果が得られます。
・指先などから採取した毛細管全血(20μL)のほか、血清、血漿(それぞれ10μL)も使用可能。

【SDバイオセンサーについて】
SDバイオセンサーは、革新的な技術を駆使した体外診断用製品を提供している企業です。2010年に設立され、血糖値、糖化ヘモグロビン、コレステロールの診断薬の販売をグローバルに展開しています。

【製品写真】


ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社について

スイス・バーゼルに本社を置く世界有数のヘルスケア企業であるF.ホフマン・ラ・ロシュの診断薬事業部門の日本法人です。2020年1月現在、従業員764人、全国9都市に支店を有し、体外診断薬・機器事業、研究用試薬・機器事業など幅広い領域で事業を展開しています。私たちは、医療従事者の皆さまが最適な治療選択や意思決定が行えるよう、臨床検査の医学的価値および効率性を高めるソリューションをお届けします。

詳細は、http://www.roche-diagnostics.jpをご覧ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)