美容・健康 デジタル製品・家電

全身型EMSスーツ「Active」より新色登場!Makuakeプロジェクト目標金額達成!新しいフィットネスライフの幕開け!

株式会社Dream box
プロスポーツ選手も認める高効率筋トレ全身型EMSスーツが、クラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」にて応援購入受付中(11月29日まで)

株式会社Dream box(本社:福岡県福岡市 代表取締役:松永高徳)は、日本初の家庭用全身型EMSスーツ「Active」のNEWカラー『ダーク グレー』をクラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」で10月30日(金)より先行予約販売を開始いたしました。 ActiveはEMS(Electrical Muscle Stimulation=筋電気刺激)を利用した家庭用EMSトレーニングウエアで、短時間で効果の高い運動を無理なく行うことができます。あなたの好きな時間、好きな場所で、自分だけのフィットネスライフをお楽しみいただけます。



※Makuake(マクアケ)掲載URL
https://www.makuake.com/project/emssuit/

希望小売価格:217,800円(税込)


1日たったの30分!自宅で行ういつもの筋トレが、EMSスーツ着用で格段にUP!驚きのトレーニング効果。
圧倒的なコストパフォーマンス!面倒なジム入会も、費用・時間・手間も一切不要!
ジェルパッド不要!誰でも簡単操作で、好きな時間、好きな場所で自分だけのトレーニングが実現!




■日本初の家庭用EMSスーツ!自分史上最短で体が変わる!
自宅でトレーニングを行うことが主流になりつつある中、忙しい生活の中で限られた時間を有効に使い、いかに効率良く鍛えるか!ということは大変重要なポイントです。「短時間で、尚且つ高効率トレーニングで身体を鍛える」この夢のようなトレーニングを可能としてくれるのが、日本初上陸の家庭用EMSスーツ「Active」!
全身のパフォーマンスの効率を最大化し、短時間で効果を発揮できるのが特徴のEMSスーツで、今回多くの要望にお応えして、Makuake先行販売で新色の「ダーク グレー」が登場しました。
好きな時間、好きな場所で効率的にハイブリッドトレーニングを体感し、自分史上最短で理想の体を手に入れることができます。

■EMS4つの特徴とそのメリットとは?


通常、筋肉は脳からの指令によって運動します。EMSは、この指令と同様の刺激を電気によって筋肉に与え筋肉を運動させます。このEMSといつものトレーニングの動きを合わせることで、短時間でも質の高い運動効果が得られます。また無理なくトレーニングできることが最大のメリットです。



一般的なEMSトレーニング器具と違い、「Active」は18箇所のパットを同時に動かすことが可能です。パットを貼り替える必要もないので、短時間でも効率的なトレーニングを行えます。また、お腹だけ、ヒップだけなど部分的なトレーニングにも対応可能です。




■自宅で簡単!Activeの特徴
【POINT1】1日たったの30分!



独自の85Hzの周波数で、体表から4cmもの深さに刺激が到達し、インナーマッスルまでしっかり届きます。それにより運動効率がUP!だから1日たった30分使用するだけでも高い運動効率を発揮します。


【POINT2】ボタン1つでトレーニング開始


複雑な操作は一切なし!装着し、電源を入れ、強度レベルを選択するだけで簡単にEMSトレーニングがスタート!

【POINT3】姿勢・身体の安定もサポート


お腹や腕など、気になる部分だけパットを動かすことも可能です。トレーニングに合わせてパット部位と強度を選択して、あなたの理想の体へと近づけることができます。
またEMSの効果でインナーマッスルにも刺激を与えられるので、身体の安定や姿勢もサポートします。

【POINT4】負担をかけずにトレーニング


筋肉に直接刺激を与えるので、身体を大きく動かす必要がありません。その為、腰や膝などの関節へ大きな負担をかけずにトレーニングができます!怪我の心配が少なく、トレーニングにより普段の生活に支障をきたすことも少なくなります。

【POINT5】簡単お手入れ


ご自宅の洗濯機で丸洗いOK!!
汗をかいてもすぐに洗えるからお手入れもラクラクです。トレーニング後は毎回洗うことをオススメします。付属の洗濯ネットに入れておしゃれ着用の洗剤で洗濯し、風通しの良い場所で乾燥、保管してください。いつでも清潔に着用でき、気持ちよくトレーニングが可能です。

【POINT6】ジェル不要


一般的なEMS系のトレーニング器具に必要なジェルパッドは必要ありません!面倒な準備は一切不要なので、空いた時間にサッと取り出していつでもトレーニングを行えます!※通電する際は、必ず発汗した状態で、電極パットを十分に湿らせてから行って下さい。

【POINT7】豊富なサイズ展開


身体にフィットすることが大切なボディスーツ。3XS~2XLまでの豊富なサイズ展開なので、あなたにフィットするサイズが見つかります!
【サイズ選びについて】
・スーツのサイズ選択の際は、身体にしっかりフィットするサイズを選択してください。
・スーツは伸縮性の素材の為、サイズ選択でお悩みの際は、身体の実寸サイズより少し小さめのサイズでのご購入をオススメいたします。
 ※身体にフィットするサイズを着用しない場合、通電がうまくいかない可能性がございます。
・サイズが大きい部位に関しては、伸縮性のあるマジックテープベルトにて圧着し、フィットさせてご利用いただくこともできます。

■圧倒的な高コストパフォーマンス


入会費も、通う手間や予約も不要!
EMSスーツだからできる圧倒的なコストパフォーマンスが実現!
全身型EMSスーツは、日本国内だとフィットネスジムでのトレーニングが主流です。
一般的なEMSトレーニングジムだと
『1回約6000円×週1回×月4回×12か月=288,000円』がかかり、その他
入会費なども発生します。
その都度の予約や移動時間の確保も必要ですが、Activeならもちろん、入会費も通う必要も不要です!
あなたの好きな時間、好きな場所で
トレーニングが可能!

自分だけの新しいフィットネスライフが送れます。

■初めて使う方でも安心!簡単にトレーニングスタート!


1.素肌の上からスーツを着用し、ファスナーを引き上げ、引き上げたファスナーを固定しください。
2.コントロールボックスをスーツに装着し、電源を長押し。5分間のウォームアップモードで発汗を促してください。
3.5分間のウォームアップモード終了後、30分のトレーニングモードがスタートします。
4.部位別ボタンで作動部位を選択し、お好みの強度に調整します。(Pauseボタンでトレーニングの中断・再開をすることができます。)
5.トレーニング後は、コントロールボックスをスーツから外し、USB-Cケーブルで充電できます。完全に充電するまでに2~3時間かかります。(1回の充電で最大約3時間使えます。)





■SPORTEC「スポルテック」でも話題騒然
東京ビックサイトで開催された、国内最大級のスポーツ・健康産業総合展示会で、従来のEMSにはなかった「家庭用全身スーツ型EMS」ということもあり、国内大手のフィットネススタジオやフィットネストレーナーなどからも大注目を集めました。EMSの電気刺激体験を実施し、Activeの質の高い電気刺激にプロのトレーナーたちも納得の表情を見せていた。
※現在プロスポーツ選手とのタイアップが続々と進行中!
・ライジングゼファーフクオカ : https://r-zephyr.com/
・熊本ヴォルターズ : https://www.volters.jp/
・福岡SUNS : https://www.fukuoka-suns.com/
■商品仕様



【商品名】EMSスーツ「Active」
【カラー】ダークグレー
【サイズ】コントロールボックス:74×115×20mm
【重量】コントロールボックス:350g
【セット】Active トレーニングスーツ /Activeコントロールボックス
システムマニュアル /クイックスタートガイド /洗濯ネット
USB-C 充電ボックス
【チャンネル数】7
【充電】USB-Cコネクタ
【使用可能時間】3時間
【充電所要時間】2~3時間
【消費電力】5W
【電源】充電式リチウムポリマー電池
【バッテリー容量】1050mAh
【充電ケーブル差込口】USB Type C(5V)
【ディスプレイ】モノクロOLED(有機発光ダイオード)
【最大電圧】60V
【最大電流】100mAh
【通電】10秒
【通電休止】5秒
【パルス幅】250us-400us
【強度】0-100 50-90Hz
【タイマー】5分のウォームアップモード 30分のトレーニングモード
【商品素材】コントロールボックス:シェルABS樹脂
スーツ:63% ナイロン(ポリアミド)/15% エラスタン
13% ポリエステル/7% ポリウレタン /2% 純銀
【保証期間】ボディスーツ:6ヵ月 
コントロールBOX:1年

■お問い合わせ先

※Makuake(マクアケ)
掲載URLhttps://www.makuake.com/project/emssuit/
希望小売価格:217,800円(税込)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)