医療・医薬・福祉

コロナ禍によって進化する医療現場 超音波検査における感染予防対策に関するウェブセミナー「新型コロナウイルス感染症診療と超音波検査」を、11月21日(土)16時~開催

GEヘルスケア・ジャパン株式会社
主催:公益社団法人日本超音波医学会 協賛:一般社団法人日本救急医学会 企業共催:GEヘルスケア・ジャパン株式会社

公益社団法人日本超音波医学会(理事長:椎名 毅/以下、日本超音波医学会)主催、一般社団法人日本救急医学会(代表理事:嶋津 岳士/以下、救急医学会)協賛、GEヘルスケア・ジャパン株式会社(代表取締役社長兼CEO:多田荘一郎)共催で、コロナ禍における医療現場の安全性を重視した超音波検査の在り方をテーマにしたウェブセミナー「新型コロナウイルス感染症診療と超音波検査」を11月21日(土)に開催いたします。


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が急増する中、診察スペースの確保や医療従事者への感染防止策など、安全策に関する課題も多く、各施設で様々な工夫が行われています。本ウェブセミナーでは、まずナショナルセンターからCOVID-19の救急診察システムのご紹介をいただきます。その後、発熱外来や集中治療室で実施されているコロナ禍における超音波検査の手法およびCOVID-19肺炎の超音波診断について最新の知見と現状、さらに超音波診療の今後を見据えた遠隔診療と遠隔教育システムに関する情報などをお話いただきます。

【ウェブセミナー 実施概要】
■タイトル:「新型コロナウイルス感染症診療と超音波検査」
■日時:2020年11月21日(土) 16:00~17:40
【プログラム】
●挨拶:公益社団法人日本超音波学会 機器及び安全に関する委員会 委員長 秋山 いわき様
●演目:
1.「国立国際医療研究センターにおけるCOVID-19救急診療システムの構築と今後
  演者:国立国際医療研究センター病院救命救急センター 小林 憲太郎 様
2.「一般病院の発熱外来での超音波を用いた新型コロナウイルス肺炎の診断」
  演者:東神戸病院内科 水間 美宏 様
3.「集中治療室における超音波検査を用いた重症新型コロナウイルス感染症の診療
  演者:横浜市立大学附属市民総合医療センター高度救命救急センター 谷口 隼人 様
4.「遠隔超音波診療と遠隔超音波教育システムの構築に向けて」
  演者:自治医科大学臨床検査医学・救急医学 亀田 徹 様
●総合討論

■コメンテーター:国立国際医療研究センター病院救命救急センター 木村 昭夫 様
■司会:自治医科大学 臨床検査医学・救急医学 亀田 徹 様
    防衛医科大学病院 呼吸器内科 小林 英夫 様
■主催:公益社団法人日本超音波医学会  https://www.jsum.or.jp/index.html
 協賛:一般社団法人日本救急医学会  https://www.jaam.jp/index.html
 企業共催:GEヘルスケア・ジャパン株式会社  https://www.gehealthcare.co.jp/
■オンライン学会視聴に関する問い合わせ
https://www.senkyo.co.jp/jsum_new/info/2020/online_seminar.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)