その他

ナレッジキャピタルのマッチングで実現!脳活エクササイズ「タップネス~頭と心の健康 ウォーキング~」が音楽療養コンテンツ「健康王国」に採用、配信開始

一般社団法人ナレッジキャピタル
一般社団法人ナレッジキャピタル(代表理事:宮原 秀夫)、株式会社KMO(代表取締役:小田島 秀俊)は、ナレッジキャピタルのコ・ワーキングスペース「コラボオフィスnx(ネクス)」参画者である一般社団法人全日本らくらくピアノ協会(以下、らくらくピアノ)が開発した脳活エクササイズ「タップネス~頭と心の健康 ウォーキング~(以下、タップネス)」のビジネスパートナーのマッチングを行い、株式会社エクシング(以下、エクシング)が展開する音楽療養コンテンツ「健康王国」のプレミアムコンテンツとして採用されましたのでお知らせいたします。


タップネスコンテンツ画面
タップネス利用イメージ
タップネスは、音楽に合わせて手指をグー・パーさせたり、表示される数字に合わせてピアノを弾くように指をタップしたりすることで、座ったままの姿勢でも気軽に行える高齢者向けの脳活エクササイズです。

ナレッジキャピタルは、タップネスが超高齢社会の日本において、社会的意義の高い取り組みであると考え、更なる価値創出が可能なビジネスパートナーの探索を行いました。そして、福祉施設などの高齢者市場に強みを持ち、トータルヘルスケア支援機能を持つ機器の導入実績が豊富なエクシングとのマッチングが成立し、両社のコラボレーションの支援を続けてまいりました。

らくらくピアノからは、タップネスの手法や楽譜そのものだけでなく、長年行ってきた中高年の方へのピアノ指導にて培った高齢者への接し方のノウハウも合わせてエクシングに提供され、新たなコンテンツが完成しました。手指を動かすことで得られる体や脳の健康のみならず、曲の途中やトレーニング後に流れるきめ細やかなアナウンスにより、心の健康にもつながることが期待されています。

このたび、補完代替医療の補助ツールとして福祉施設に多く採用されている「JOYSOUND FESTA」「JOYSOUND FESTA2」で、エクシングが展開中の音楽療養コンテンツ「健康王国」のプレミアムコンテンツの第一弾として『(初級編)ふるさと』の配信が開始されました。今後も随時楽曲が追加される予定です。ナレッジキャピタルでは、今後もコラボレーションの推進を通じて参画者と共に新しい価値を創出してまいります。


ナレッジキャピタルがコラボレーションを支援した2社のサービスについて

<「タップネス~頭と心の健康 ウォーキング~」概要>

タップネスレッスンの様子
『TAPNESS(タップネス)健康音楽法』は、長寿遺伝子研究の権威である医学博士の白澤 卓二氏(白澤抗加齢医学研究所所長)が推薦する脳活健康法です。1.歌いながらの指タップ運動、2.懐かしい歌謡曲を歌い思い出語り、3.クラシック名曲鑑賞と曲解説という3つのアプローチで認知症予防に役立ちます。
「脳の大半を活性化」させる効果があり、懐かしい記憶を想起するメンタル・タイムトラベル効果・認知症予防・脳力増強・ストレス解消などの大きな効果が得られるといわれています。

・「TAPNESS」公式サイト:https://tapness.shop/
・一般社団法人全日本らくらくピアノ協会公式サイト:http://www.rakurakupiano.jp/


JOYSOUND FESTA 音楽療養コンテンツ「健康王国」概要



「健康王国」は、高齢化社会が進む中で注目を集める“音楽療法”を手軽に実践できる音楽療養ソフトコンテンツです。一体型カラオケシステム「JOYSOUND FESTA2」「JOYSOUND FESTA」で展開されており、歌う、観る、動く、遊ぶなど、カラオケを使って音楽と楽しく向き合うことで、心のケアやリハビリなどに効果を発揮します。介護施設をはじめとする福祉施設に多く導入され、体操やレクリエーションを通じて活用されています。

・「健康王国」公式サイト:https://kenkou-oukoku.com/
・株式会社エクシング公式サイト:https://xing.co.jp/


ナレッジキャピタルのコ・ワーキングスペース「コラボオフィスnx(ネクス)」とは



次世代を担うクリエイティブ人材のためのデスク貸しの創造型コ・ワーキングスペースです。デスクは、住所登記が可能な固定席29席と自由席20席の49席あり、1ヶ月単位での利用が可能です。都心立地に気軽に24時間利用可能なワークスペースを持つことができ、併設する「ナレッジサロン」を媒介にさまざまなアクティビティやコラボレーションに参加できます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)