美容・健康 デジタル製品・家電

セルフフィッティング機能を初めて搭載した補聴器を販売開始します

ヒアリングエクスプレス株式会社
外出を敬遠しがちな難聴者の一助に

ヒアリングエクスプレス株式会社 [本社:東京都千代田区 代表取締役:山崎由晶](以下、当社)は、日本で初めて、リモートでの「セルフフィッティング機能」を搭載した補聴器(ブランド名:Vibeヴィーブ)を、11月11日(水)、主要ECモール(Amazon・楽天)で販売開始いたしました。


補聴器は元来、ひとりひとりの聞こえの状況に合わせて、音を調整(フィッティング)することでその効果が発揮されます。そのため、これまで補聴器を購入するためには店頭で多くの時間をかけて調整する必要がありました。
そこで当社は、コロナ禍で外出しづらい状況が続く中、できるだけ店頭に近いフィッティングをご自宅で簡単に行えるシステムを開発いたしました。
またこれにより、リーズナブルな価格での提供を可能とし、これまで補聴器に手が出しづらかった難聴者にも喜んで頂けるものと考えております。
日本は、欧米諸国に対して難聴者に対する補聴器の使用率が極端に低く*、その普及拡大が課題となっております。当社は、Vibe補聴器を通して生活者のQOL向上に貢献したいと考えております。

【製品概要】
・ブランド名 :Vibe (ヴィーブ)
・製品ラインナップ

■認証区分:補聴器(特定管理医療機器)
■製造販売元:シバントス株式会社
■販売会社:ヒアリングエクスプレス株式会社
■販売予定価格:39,800円(非課税)
■販売チャネル:ECモール(楽天、Amazon)
        楽天)https://www.rakuten.co.jp/vibe-japan/
        Amazon)「ヴィーブ補聴器」と検索してください
■主な搭載機能
 1.リモートセルフフィッティング機能(新開発)

 2.アプリ連携機能(音量調整)

本文挿入3
*参考:日本補聴器工業会HP
http://www.hochouki.com/about/report/program.html   ※2015年調査
[難聴者率(自己申告)]
日本:11.3%(国内推計約1430万人)
イギリス:9.7%、ドイツ:12.1%、フランス:9.3%、アメリカ:10.6%
[補聴器使用率]
日本:13.5%(国内推計約200万人)
イギリス:42.4%、ドイツ:34.9%、フランス:34.1%、アメリカ:30.2%
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)