スポーツ・アウトドア 医療・医薬・福祉

セルジ サンペール選手 世界糖尿病デーに向けトークイベント開催

株式会社SPORTS&LIFE
「知られざる糖尿病と向き合い、闘い続ける孤高のファイター」と冠した選手主催イベントを神戸市内で行い、患者やビジネスパーソンを激励しました

株式会社SPORTS&LIFE (本社: 兵庫県神戸市 代表取締役:萩田真史) は、世界糖尿病デーを目前に控えた2020年11月12日(木)に、セルジ サンペール選手(ヴィッセル神戸)主催のトークイベントを神戸市内のWeWork三宮プラザEastにて開催いたしました。世界糖尿病デー セルジ・サンペール選手トークイベント ~知られざる糖尿病と向き合い、闘い続ける孤高のファイター~」というタイトルを冠した本イベントは、選手自らの強い意志で18歳の頃から闘病を続ける糖尿病について正しい理解促進、言われなき差別の抑止、社会的不利益の防止など啓蒙活動の一環として実施されました。



イベントにはWeWork三宮プラザEastのコミュニティーに所属されているビジネスパーソンの方々に加えて、兵庫県内にお住まいの糖尿病患者の方々が特別に招待されました。セッション内では選手が糖尿病を医師から告げられた当日の話に始まり、そして、そこから自分自身と向き合い続ける努力、毎日の生活習慣の変化への対応や、そこから生じる精神的な不安との闘いなど数多くのエピソードが明かされ、同じ病気を抱える患者やビジネスパーソンの方々に強い希望と勇気を与えました。

サンペール選手はイベント後のインタビューで、このように述べています。
「病気と向き合うということは、当然、私だけのストーリーではありません。すべての人間に起こりうることなのです。私たちはこうして団結し、お互いを支え合う人々とのコミュニティに本日出会うことができて大変幸せです。 私たちは、ファイターという意味でチームメイトです。様々な疾病と闘い続ける全ての皆さんに称賛と拍手を送りたいと思います。」

株式会社SPORTS&LIFEは、これからもスポーツやアスリートの影響力を通じて、社会やコミュニティに前向きな活力や刺激を与えるようなプロジェクトを展開してまいります。

■セルジ サンペール選手 経歴
1995年1月20生まれ ヴィッセル神戸 ミッドフィールダー
サンペール選手は6歳でFCバルセロナに入団し、ラ・マシア(育成組織)のすべての世代別ステージで成功を収めてきた稀代のプレーヤーです。FCバルセロナ時代にはチームの頭脳として認められ、トップチームでもプレーをしました。2019年からは日本に拠点を移し、ヴィッセル神戸にて天皇杯優勝などクラブの歴史に新たな1ページを綴ることに貢献しました。18歳の頃から糖尿病を患い、医師からサッカー人生の終わりを告げられるも、リスクを取って病気と向き合いながら日々の鍛錬をし、Jリーグの中でも輝かしい存在感を放ちます。

■株式会社SPORTS&LIFE(スポーツ&ライフ)について
SPORTS&LIFEは、スペイン・バルセロナで2018年に設立されたスポーツビジネスのソリューションカンパニーです。ヨーロッパだけでなく、北米、アジアにも拠点を置き、さまざまな分野のスペシャリストが、スポーツビジネス・マーケティング・コミュニケーション・教育などのソリューション提供を行なっています。イノベーションやクリエイティビティを通じて、我々はスポーツおよびエンターテインメント業界に独自の価値を生み出していきます。社名が示すように、私たちの情熱はスポーツやアスリートの影響力を通じて、ファンそして私たちに関わるすべての人々に、より豊かなライフ(人生)を提供することを目指しています。
https://sportsandlife.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)