スポーツ・アウトドア 美容・健康

テニススクール運営のノアインドアステージとフォーム診断サービス提供のTAFDATA、AIテニス指導サービス「TennisLabo」の実証実験を開始

ノアインドアステージ株式会社
人工知能が骨格の動きを推定し、より良いフォームになるためのポイントを提案

 テニススクール等を全国に29校手がける業界最大手のノアインドアステージ株式会社(代表取締役社長:大西雅之、本社:姫路市東山524)は、テニスプレイヤーに対して人工知能が自動で指導する「TennisLabo(テニスラボ)」を展開する株式会社TAFDATA(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:山田将大、以下「TAFDATA」)と共同で、テニスプレイヤーのフォームを指導するAIテニス指導サービス「Tennis Labo」の実証実験を開始したことをお知らせいたします。




TennisLaboとは
 TennisLaboとは、TAFDATAが開発した人工知能で最適なテニス指導を提案するアプリです。タブレット端末などでテニスのプレーを撮影するだけで、人工知能が骨格の動きを推定し、フォームを診断して、より良いフォームになるためのポイントを提案します。
 豊富なオンライン学習教材から最適なコンテンツを提供することで、テニス初中級者を最速で理想のフォームに導くことができます。


テニススクールでの「AI×オンライン指導」実証実験の背景
 対面形式で「コーチによる個別指導」を行うテニススクールは、新型コロナウィルスの影響を受けて生徒に指導を継続することが難しくなっており、お客様とソーシャルディスタンスを取ることなど、以前と異なった接客スタイルが求められています。また、オンラインでの学習教材やチャット相談サービスでは、コーチの経験や知識といった属人的な要素が、お客様の技術向上に影響を及ぼしている可能性があります。
 そこで、AIテニス指導サービス「Tennis Labo」を活用してノアインドアステージが運営するテニススクールでの実証実験を行うこととなりました。「AI×オンライン指導」を組み合わせることで、コーチの業務負担を減らしながらテニス指導の質を上げていけるかを実験していきます。

<実証実験概要>
期間:2020年11月20日(金)~2021年3月31日(水)
場所:テニススクールノア京都西校 テニススクールノア宝塚校(予定)
対象者:ノアインドアステージの従業員及びお客様

<各社の役割>
(1)ノアインドアステージ
 開発中のAIテニス指導サービスを、複数の従業員で使用し、レッスン内でのオペレーションの検討及びサービスに対するフィードバックをTAFDATA社に対して行う。また、体験会等を通じてお客様にご利用いただき、ヒアリングを実施するなどテストマーケティングの場を提供する。
(2)TAFDATA
 ノアインドアステージからのフィードバックやお客様の声を反映させ、サービスの改善及び開発を行う。

ノアインドアステージの想い
 今回、株式会社TAFDATA様と共同開発に取り組ませていただいた経緯は、山田様の「AIというテクノロジーで大好きなテニスの分野に挑戦したい」という想いに共感したからです。
 弊社はテニス事業所が多く誕生した時代の1980年に創業し、テニススクールビジネスを展開して参りました。創業から40年余りたっても、お客様にテニスを楽しんでいただき、ご満足いただくというサービス精神に変わりはありません。しかし、漫画や世界トップレベルの選手のおかげで、テニスブームを繰り返しながらも、人口減少や他のフィットネスやスポーツ、習い事、近年ではeスポーツの分野なども受け入れられ、テニス人口は減少しつつあります。
 そうしたなかで、弊社は特に初めてテニスに触れる初心者の方をターゲットにして参りました。テニスへチャレンジするハードルをより低くするためにAIというテクノロジーを駆使することで、「テニスは難しいスポーツ」「なかなか上達しない」という積年の課題を解決できるのではないか?と期待をしております。AIというテクノロジーを駆使し、「お客様に少しでも楽しく、少しでも早く上達を感じていただきたい」そのような想いで今回の共同開発に取り組ませていただいております。(ノアインドアステージ株式会社 代表取締役社長 大西雅之)

TAFDATAの思い
 近年「スポーツテック」などと呼ばれるように、様々な形でテクノロジーが入り込んでくるようになりました。しかし、実際に普及されているのはごく一部のプロの世界が多く、まだまだ普及していないのが現状です。より多くの皆様に、テニスを楽しんでいただけやすくなるようにTennis Laboを開発しました。新型コロナウィルスの影響で近距離での指導に忌避感がある方もいらっしゃる中で、テニスをよりプレーしていただけやすくなればと思います。今回の実証実験でのユーザー様からのフィードバックも踏まえ、今後はフォームだけではなく、試合の解析などにも使えるように開発していければと考えております。(株式会社TAFDATA代表取締役社長 山田将大)

ノアインドアステージ株式会社とは
 本格的インドアテニススクールを10都道府県にて展開、約3.5万名のスクール生の皆様にテニスを通して健康と感動を提供。
主な表彰に、2017年経済産業省より「おもてなし規格2017」認証、2018年「第1回学生に教えたい働きがいのある企業大賞奨励賞」受賞、姫路税務署より「優良申告法人」として表敬を受ける等。
□売上高:5,590百万円 
□設立:昭和55年5月 
□資本金:5,000万円
□従業員: 904名(正社員236名、契約社員59名、アルバイト609名)
(※2020年3月時点)

プレスリリースのダウンロードはこちらから
https://prtimes.jp/a/?f=d31394-20201115-3745.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)