美容・健康 医療・医薬・福祉

「CBDをもっとみんなに、もっとオープンに。」日本のCBD市場のこれからを話し合うコミュニティ【CBD100(ワンハンドレッド)】が始動

SXSW Japan Office / VISIONGRAPH Inc.
CBD業界に携わる様々な立場の人がフラットでオープンに語り合うコミュニティCBD100(ワンハンドレッド)が11/26(木)に初開催。ただいま無料の一般視聴参加者を募集中。


日本でも注目され始めたCBD製品
欧米での急激な市場拡大により、注目を集める大麻草由来の健康成分CBD。特にこのコロナ禍での不安症に対する効果が注目され、最近では日本国内でも多様なCBD製品が登場するようになってきました。
SXSW Japan Officeを務めるVISIONGRAPH Inc.では、早くから欧米における大麻ビジネスの盛り上がりと、日本社会におけるCBDの可能性に着目してきました。そして、今年9月には日本国内に向けたCBDに関するレポートを発行しています。レポートはこちらから無料でダウンロード可能です。
https://miraiyoho.com/blog/cbd-report-download



CBDが日本市場で広く受け入れられるためには?
日本では、CBD自体は合法で安全性の認められている成分でありながら、大麻草由来の成分という事から来る先入観のため、市場に浸透する前に大きな壁があります。また、日本独自の法的規制もCBD市場拡大のハードルを更に高くしています。
日本国内でCBDを普及させていくには、まずは正しい知識と現状の課題を共有して、もっとオープンに議論できる場所が必要だと考えます。


CBDに関する議論を行うオープンでフラットなコミュニティCBD100(ワンハンドレッド)
CBD100(ワンハンドレッド)は、日本のCBD市場に関わる様々な立場の方々が、平等かつオープンに語り合う場所です。VISIONGRAPH Inc.が毎回テーマに沿って数名のスピーカーを選出し、それぞれの知見を共有しながら、日本のCBD市場全体の活性化に向けた議論を行っていきます。
新たにCBD100のホームページを開設しました。
https://www.cbd100.jp/



第1回を11月26日(木)に開催
【CBD100 Vol.1 | 日本におけるCBD業界のはじまりと最前線を見渡す】をテーマに、日本におけるCBDのこれまでと、これからの広がりの両面を議論していきます。
初回のスピーカーは、5年以上日本でCBDに関するビジネス・研究活動をされている有限会社メシア・シャーロットCBDJAPAN代表取締役の長谷 真平氏と、スタートアップとして新しい領域のCBDに取り組まれている株式会社バランスド代表の柴田マイケル空也氏をお招きします。
詳細は下記のイベントページよりご確認ください。


《オンライン開催》CBD100 Vol.1 | 日本におけるCBD業界のはじまりと最前線を見渡す
【日時】11月26日(木)16:30~18:00
【参加費】無料
【参加方法】こちらからお申込みをお願いします。
https://eventregist.com/e/CBD100vol1

【スピーカー】
長谷真平 / 有限会社メシア・シャーロットCBDJAPAN代表取締役
青山学院大学経営学部経営学科卒業後、ITベンチャーのオン・ザ・エッヂに在籍しマザーズ上場、取締役としてファイナンス部門の責任者を務める。退職後は拠点を札幌に移し、投資を主とした事業展開中2012年M&Aにて有限会社メシアを取得。2013年次女のてんかん発覚を機にCBDを知り2014年3月、日本に初めてCDBの輸入許可を得る。CBDを知る機会を与えてくれたシャーロット・フィギさんに名前を法人名に使用する快諾を得て、2019年5月に有限会社メシア・シャーロットCBDJAPANに社名変更、法人取得時から代表取締役を務め現在に至る。

Mike Eidlin (柴田マイケル空也)/ 株式会社バランスド代表
東京生まれ、カリフォルニア育ち。カリフォルニアへ家族が移住し、両親からの深い愛情を注がれながらヘルス&ウェルネスな文化に囲まれて育った環境が、WALALAの立ち上げに広く貢献し、ブランド を生み出すきっかけとなりました。カリフォルニアの大学卒業後、東京の丸の内で金融関係のサラリーマンとして一人前になってから日本 へ戻りました。そこで、僕自身も一社会人として体感した現代社会の慌ただしい暮らし方とウェルネスな価値観の差に違和感を覚えました。そして昨年、アメリカのウェルネス業界を席巻きしているCBDを日本で興す機会に出合い、自社ブランドの開発によって当時感じていた社会問題の解決に繋げる絶好のチャンスであると確信しました。 しかしながら、日本はまだ未開拓のCBD市場なので、法律の境界線を不明瞭にした企業や、品質を曖昧にしているブランドが存在することも事実です。 米国のCBD業界の成長を直近で見てきた経験を活かし、日本からより良いCBD製品を世の中へ届けてたいと思います。これからも、世界最高のCBD製品を作るために最善を尽くし、WALALAの革新と改善を続けていきます。


無料の視聴参加者を募集中
ただいま視聴参加者の事前登録を受付中です。視聴は無料ですので、CBDに興味のある多くの皆様のご参加をお待ちしております。CBDビジネスに携わる方から、ユーザーとしてCBDを使用してみたいという方まで、様々な立場の方が集まる事で有意義なコミュニティに成長させていきたいと考えています。

不眠やストレスの解消だけでなく、医療面でも様々な効果が期待されているCBD。大麻=違法薬物という面だけに目を向けるのではなく、CBDについての正しい情報発信を行う事で、日本でもより多くの方々がCBDを手に取りやすくなり、健康で充実した生活を送る事が出来るように活動していきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)