企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

医療分野における多職種情報共有ネットワークシステムと地域医療・介護サービス資源情報管理システムの個別相談会を開催します!

株式会社SBS情報システム
多職種情報共有ネットワークシステム iCareRing 地域医療・介護サービス資源情報管理システム あいマッチ

株式会社SBS情報システム(本社:静岡市駿河区、代表取締役:渡邊治彦)は、地域の医療・介護を支える多職種情報共有ネットワークシステム iCareRing、及び地域医療・介護サービス資源情報管理システム あいマッチを全国に向けて販売しています。


新型コロナウイルスの新規感染者数が増加傾向となり、第3波が来たと言われる状況になりつつあります。このような状況下においても、地域医療・介護サービスの潜在的ニーズはますます高まっています。
先日開催された地域包括ケアEXPOにも出品し好評だった、ウィズコロナ・アフターコロナ時代に対応したビデオ会議コミュニケーション機能を搭載した各種システムを導入することで、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を最小限に抑え、地域医療・介護サービスのニーズに応えることができます。


多職種情報共有ネットワークシステム iCareRingについて

iCareRing(あいケアリング) は、日常業務に負担なく、患者・利用者毎に共有が必要な情報を施設間で情報共有するクラウドサービスです。






・ログイン機能
 ユーザID、パスワードによる利用者の認証を行います。電子証明書等を利用したTLSクライアント認証も対応可能です。
・ポータル機能
 掲示板やセキュアメール、他システムの機能に使用できます。多職種で構成する在宅チーム内に限り、患者情報を共有できます。パソコンやモバイル機器のブラウザソフトで利用でき、共有する情報はSS-MIX標準化ストレージ及び拡張ストレージへ格納されます。
・iCareRing-FAX(拡張機能)
 普段の運用を変えず、FAXを利用した多職種における情報送信が行えます。重要・緊急の共有情報や掲示板はFAXでも受信できます。
・掲示板、セキュアメール等の情報交流ツール(拡張機能)
 メンバー間のセキュアメールや掲示板機能が利用できます。

近年ではコミュニケーション強化の一環として、ビデオ会議(Cisco Webex Meetings)機能を搭載し、新型コロナウイルス拡大状況下においても多職種が一堂に会してコミュニケーションをとることができるようになるなど、切れ目のない包括型地域連携を実現するシステムとして進化し続けています。


地域医療・介護サービス資源情報管理システム あいマッチについて

地域の医療・介護の資源把握・管理ができるクラウドサービスです。参加施設による空き情報など情報更新・検索機能、電話やFAXに加えた折衝(チャット)機能により業務負担を軽減します。





・施設情報の登録・更新
 各施設は、施設の特色や提供可能なサービス内容などを更新しアピールできます。簡単に空き状況を更新でき、効率良い検索が実現します。
・施設の検索
 施設検索は地図を使用し視覚的に確認できます。地図画面上で検索条件の変更も簡単に行えます。
・FAX送付機能(拡張機能)
 FAX自動送付機能により、調査票や施設情報更新督促などの送付が行えます。
・患者・利用者(匿名)情報の登録&折衝
 希望地、希望するサービス内容を細かく設定でき、折衝状況などの内容はチャットや一覧で確認できます。

HPにはご紹介動画もございます。詳細はこちら。
https://www.sbs-infosys.co.jp/solution/medical/imachi.html


Web個別相談会




実施期間:2020年11月24日(火)~27日(金)
     10:00~17:00の間 1コマ30分(最終受付:16:30)

対象システム:iCareRing、あいマッチ

利用ツール:Cisco Webexを利用
      https://www.webex.com/ja/index.html

申込方法:以下のフォームより予約したい日時を登録してください。
     ※Googleのアンケートフォームが開きます。
      https://forms.gle/gzUbzGMDUfXGFPPw8


医療連携を地域全体で取り組みたいと考えている医療機関関係者の方々、及び自治体関係者の皆さま、この機会に是非地域医療活性化のためにシステム導入をお考えください。


【株式会社SBS情報システム】
所在地 : 静岡県静岡市駿河区登呂3丁目1番1号
事業内容 : 医療機関向けシステム開発、システム構築、保守、システムインテグレータ
ホームページ: https://www.sbs-infosys.co.jp/
メールアドレス:iryo@sbs-infosys.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)