美容・健康 医療・医薬・福祉

コスメディ製薬(株)、京都市に3拠点目となる「吉祥工場」を新設 11月16日(月)より稼働開始

コスメディ製薬株式会社
マイクロニードル化粧品の増産、安定供給を可能に

マイクロニードル化粧品など経皮吸収技術に特化した化粧品の製造販売を行うコスメディ製薬株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役:神山文男)は、2020年11月16日(月)から新たに「吉祥工場」の稼働を開始いたします。


コスメディ製薬吉祥工場



昨今、エステサロンに行かずとも自宅で美容医療級のケアができるマイクロニードル化粧品が注目されています。コスメディ製薬は、2008年に世界で初めてマイクロニードル化粧品を製造して以来、目元用・頭皮用などニーズに合わせてさまざまな製品を展開してきました。

有用成分を肌の奥深くへ安全に届けることができるコスメディ製薬のマイクロニードルは化粧品用途だけでなく、ワクチンなどの医薬品への応用も期待されています。

2020年11月16日に、マイクロニードル化粧品の需要増、市場の成長に伴い、コスメディ製薬3拠点目となる「吉祥工場」を新設し、稼働開始することとなりました。「本社工場」、「桂工場」合わせて、製造ラインの効率化、および生産力増強を行い、さらなる供給体制の強化をいたします。


吉祥工場 概要

名称:コスメディ製薬 吉祥工場
稼働日:2020年11月16日(月)
所在地:京都市南区吉祥院新田下ノ向町2番1
敷地面積:7732平方メートル
延床面積:5819平方メートル
生産品目:マイクロニードル化粧品


その他2拠点


コスメディ製薬 本社工場
コスメディ製薬 桂工場



会社概要

社名:コスメディ製薬株式会社 
所在地:京都府京都市南区東九条河西町32
代表取締役社長:神山文男
設立:2001年5月
事業内容:医薬品・化粧品・医療機器の研究開発および製造・販売
URL: https://cosmed-pharm.co.jp/

京都薬科大学における経皮吸収についての基礎研究において培った技術をもとに経皮吸収型医薬品、化粧品及び粘着テープ並びに研究用装置を開発する製薬メーカーです。大手化粧品メーカーなどからOEM製造を受託すると共に、マイクロニードル技術を応用したオリジナルブランドの化粧品「Quanis(クオニス)」や「fa:sa(ファーサ)などを展開しています。

コスメディ製薬 ブランド一覧


コスメディ製薬製品
Quanis(クオニス):https://cosmedy.jp/quanis/
fa:sa(ファーサ):https://cosmedy.jp/fasa/
MOTTO LAB.(モットラボ):https://cosmedy.jp/mottolab/
貼るライフ:https://cosmedy.jp/harulife/
京薬粧:https://cosmedy.jp/kyoyakusho/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)