美容・健康

心と身体のバランスを素早くチューニング!新しい生活様式が始まった今こそ必要な高濃度のCBDオイル

エリクシノール株式会社
CBDのパイオニア・エリクシノールからの高濃度のCBDオイルのご案内

エリクシノール株式会社は(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:松丸誠)は、『エリクシノール ロールオン 450』『エリクシノール CBDティンクチャー3000』を、2020年11月22日より一般発売を開始します。



経営者やハードなワーキングパーソン、瞑想が習慣化している人などから広がりを見せているCBDオイル。

CBDとは、ヘンプ(産業用大麻)が持つ、400以上もの有効成分の中のひとつである「カンナビジオール(=CBD)」のことです。健康先進国のアメリカ・シリコンバレーでは、睡眠の質を向上させること、瞑想で気持ちの交通整理を行うことが日々のパフォーマンス向上につながるとして、睡眠前や瞑想の時間にCBDオイルが取り入れられています。その流れは、アメリカだけにとどまらず、世界中に広がっています。

もちろん日本も例外ではありません。現代人は忙しく、ストレスフルだと言われていますが、新しい生活様式になったことでますますその傾向が強まっています。ストレスを感じてもやり過ごす、少しくらい大変でも頑張ればなんとかなると我慢をするのはもう終わり!CBDオイルを取り入れて、いつでも、どこでも心と身体のバランスを意識していきましょう。そして、高濃度だからこそのメリットを実感してください。



◆取り入れ方はとても簡単!日常使いできる便利なアイテム



CBDオイルの取り入れ方は、意外にも簡単です。スポイド付きのテンクチャータイプならそのまま口内に垂らしてもいいし、水やコーヒーに入れて飲むだけです。


ロールオンはシーンを選ばず使えるため、外出先でリフレッシュしたくなったときに、こめかみや首すじ、肩に塗るだけ。どんなライフスタイルの人でも取り入れやすいのが魅力です。高濃度タイプなら、素早いケアが可能になります。


◆CBDオイルが必要?チェックチェック


□新しい生活様式に慣れていない
□プレッシャーを感じる仕事をしている
□デスクワークなど、同じ姿勢で仕事をしている
□責任ある役割を任されている
□仕事中しばしばリフレッシュしたいと思っている
□運動が習慣化している

もう我慢はしない!ひとつでも当てはまるなら使ってみよう。CBDオイルは“飲むマインドフルネス”

< 商品情報 >
製品名 : エリクシノール ロールオン450
内容量 :  8ml
価格 : 3,900円(税抜)
原材料    : ホホバ種子油、セイヨウハッカ油、カンナビジオール
原産国 : 日本
■1ボトル当たり、CBD450mgを含みます


<商品情報 >
製品名 : エリクシノール CBDティンクチャー3000

内容量 : 9g(10ml)
価格 : 17,500円(税抜)
原材料    : 中鎖脂肪酸油(MCTオイル)、麻抽出物、麻抽出物末
原産国 : 日本
■CBD濃度30%
■1ボトル当たり、CBD3000mgを含みます
■スポイト1滴当たり、CBD7.5mgを含みます

■新発売する製品のお取り扱い店舗
Biople by CosmeKitchen https://store.biople.jp/Page/ShopList.aspx
エリクシノールオンラインストア
※各店舗の最新情報については、各商業施設のホームページ、または公式サイトをご確認ください。


CBD(カンナビジオール)とは?

ヘンプ(産業用大麻)には、400以上の栄養素がつまっています。そのなかで特に身体をサポートすると言われているのがCBDです。CBDは、ポリフェノールやテルペノイドなど数あるファイトケミカル(植物栄養素)のなかで、今もっとも注目されている「カンナビノイド」の一種です。


エリクシノール 公式サイト・SNS

HP
https://elixinol.co.jp/
Instagram @elixinoljapan
https://www.instagram.com/elixinoljapan/

エリクシノールについて




米国コロラドを拠点に、ヘンプの栽培から収穫、抽出、製品加工までを一貫して行っているブランドです。米国〈エリクシノール〉のノウハウを生かし、日本〈エリクシノール〉は2020年現在、国内製造をおこない、サプリメントやコスメティックスなどCBD関連商品の販売・卸をしています。米国本社と連携をとり、日本のCBD文化の発展に努めています。人々の健康のみならず、持続可能な社会、エシカルな未来への可能性を提供いたします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)