医療・医薬・福祉 美容・健康

「虫歯の日」先行イベント「親子で『歯ヨガ』& 歯医者さんオススメおやつ講座」開催~いまどきの子の歯の問題と歯も体も鍛える健康メソッドを紹介(大阪府貝塚市)~

医療法人 雄理会 小島歯科医院
いま話題の「口腔筋機能(こうくうきんきのう)」アップで、虫歯や口臭予防、姿勢改善、小顔効果も。6月3日(月)11:30~大阪・貝塚市「小島歯科医院」で開催、シニアやプレママも歓迎

一般・小児歯科から矯正・予防・審美歯科診療に対応し、包括的歯科治療を推奨する「小島歯科医院」(大阪府貝塚市石才553-1、院長:小島寿雄)は、2019年6月3日(月)、「虫歯の日(6/4)」に先駆け、歯・口周りだけを動かし、虫歯予防や姿勢改善などにつなげるトレーニング方法の「歯ヨガ」と、歯に良いおやつを紹介する「親子で『歯ヨガ』&歯医者さんオススメおやつ講座」を開催します。






虫歯の日 先行企画 「親子で『歯ヨガ』&歯医者さんオススメおやつ講座」概要

◇日 時: 2019年6月3日(月)11:30~12:30
◇会 場: 小島歯科医院(大阪府貝塚市石才553-1)
    http://www.kojima-ds.com/clinic/#sec-access
◇定 員: 20名
◇対 象: お子さまとご家族、プレママ、シニアなど
◇参加費: 無料
◇主な内容(予定):
・令和の子が危ない!~いまどきの子の歯と体の問題
・「歯ヨガ」レッスンと解説
・歯医者さんオススメ「虫歯にならないおやつ」紹介
・小島歯科医院 院内ツアー(※ご希望者)

◇申込方法: 電話もしくはEメールで「ご氏名」「お電話」「参加人数」を下記宛にご連絡。
       ※定員になり次第、受付終了。
◇申込み先: 小島歯科医院アクティビティルーム
       電話 072-430-0255 /Eメール:activity@kojima-ds.com

小島歯科医院 院内



子どもの歯と体の危機―歯並びや口元のゆがみ、身体機能低下も招く「口呼吸」が増えている

小島歯科医院では、歯の矯正が必要な子供や、歯が折れて治療に訪れる子どもが年々増えています。後者の主な原因は、転んだ際に手や足ではなく顔を打ち付けたことによるもので、多くの子どもに、姿勢の悪さや「ぽかん口」「あひる口」など口元のゆがみが見られ、さらにほぼ全員が「口呼吸(こうこきゅう)」であることがわかりました。動物本来の「鼻呼吸」ではない「口呼吸」の常態化については、様々な健康上の問題点が指摘されています。

<鼻呼吸のメリット、期待される効果>
〇深い息により気道が拡がり、酸素量が増える → 深い呼吸、睡眠の質UP、学力・運動能力UP
〇鼻毛・粘膜・鼻水による異物の侵入防止と排出 → 風邪、インフルエンザ、アレルギーの予防
〇吸い込んだ空気が鼻の毛細血管で温められ、鼻水で加湿され、潤った空気が体を循環 → 冷え性や喘息改善

<口呼吸の問題点>
▼唾液が少なくなり、虫歯や歯周病へ → 歯並びの悪化、浅い呼吸
▼気道が狭くなり、酸素量が少なくなる → 学力低下、運動能力低下
▼直接喉に菌が入る →
風邪、インフルエンザ、アレルギー疾患

口呼吸の子どもの多くは、口や舌の筋力が弱く、口がしっかり閉じず、本来は上顎についている舌が下顎に下がった状態になっています。小島歯科医院は20年以上前から、顎関節症の治療法である口周りの筋肉のマッサージを歯科治療にも取り入れており、2017年からは「歯ヨガ」の前身となる「口腔筋機能トレーニング」として本格導入を開始しました。これまでに子どもたちの90%以上に舌の位置改善、約65%に鼻呼吸の回復が見られ、そのうちの多くに歯並びや口元のゆがみ、姿勢の改善が確認されています(小島歯科医院の治療データによる)。


「歯ヨガ」(※1)について

小島理恵副院長(以下、副院長)が開発した口周りの筋肉のトレーニング。補綴(ほてつ)(※2)専門医である副院長が研修医時代から治療にあたるなかで、顎関節症、不正咬合(こうごう)、歯周病などの患者の多くに「口腔筋機能」の弱さが共通することに気づき、患者ごとに提案していたマッサージやストレッチを組み合わせ、体系化したものです。口腔筋機能の向上により、歯並びや顔のゆがみの改善、小顔効果が期待されるほか、唾液の分泌促進により虫歯・口臭・歯周病予防も図られます。さらには来院者の約70%以上にのぼるとみられる、歯ぎしりや食いしばりなどの「隠れブラキシズム」緩和も図られ、これに伴う頭痛や肩こりの改善も期待される健康メソッドです。 (※1)「歯ヨガ」は商標登録出願中。(※2)補綴…見た目やかみ合わせを人工の歯で補う治療法。


小島歯科医院について

一般・小児歯科から矯正・予防・審美歯科診療、訪問診療にも対応し、子どもから高齢者まで幅広く診療できる体制を整備。2018年5月、『未来の健康をつくる』医院をコンセプトにアクティビティルームを併設した新医院で診療をスタート。金属を用いない「ノンメタル治療」や内科的アプローチの導入など、歯科の領域を超えた心身総合診療と、地域の「健康づくりの場」を提供しています。

小島歯科医院 外観
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会