美容・健康

嗅覚機能・自律神経活動と気分・ストレスの関連性を探索する調査研究を開始

株式会社ファンケル
― ファンケル・キリン・浜松市の協働で、浜松市民の「健康」に貢献 ―

株式会社ファンケル(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長 CEO 島田和幸 以下ファンケル)は、11月22日からキリンホールディングス株式会社(本社:東京都中野区/代表取締役社長 磯崎功典 以下キリン)のキリン中央研究所(所長 出内桂二)と、静岡県浜松市(市長 鈴木康友、以下浜松市)の三者で協働し、浜松市民を対象とした「嗅覚機能・自律神経活動と気分・ストレスの関連性を探索する調査研究」を開始することをお知らせします。 なお本件は、2019 年に資本業務提携を行ったファンケルとキリングループの共同による取り組みの一環です。



<調査研究の背景>
超高齢社会の到来や昨今の社会環境の変化などにより、精神疾患の罹患者は増加しており※1、メンタルヘルスの維持やそのサポート体制の構築は重要な社会課題となっています。精神疾患は、受診時には症状が進行していることが多いため、日常生活の中で気分変動やストレスのかかった状態を把握し、早期に適切な対応を取ることが重要です。しかし気分の低下やストレスによる精神状態の悪化は自覚しにくいことから、日常的に簡便に測定できる客観的な指標が求められています。最近の研究では嗅覚機能、自律神経活動および唾液成分と、気分・ストレスが関連していることが報告されていますが、日本人を対象とした研究は十分ではありません。

ファンケルとキリンは、「脳機能」に関する社会課題の解決を目指した共同研究を進めています※2。また、浜松市、市内の医療機関や大学、参画企業などと共に設立した「浜松ウエルネス・ラボ※3」を通じて、同市民の健康づくりに役立つ取り組みも行っています。ファンケルでは、2020年9月からキリンと聖隷福祉事業団の共同によるβラクトリンを用いた軽度認知機能障害(MCI)を対象とした特定臨床研究に参画しています※4。
このたび、ファンケル、キリンおよび浜松市が協働し、嗅覚機能・自律神経活動と気分・ストレスの関連性を調べる調査研究を行うことで、「健康」に対する未充足ニーズの解消を進めるとともに、浜松市民の皆さまの健康増進や「予防・健幸都市浜松」の実現にも貢献していきます。

【調査概要】
浜松市民を中心に、香りの識別機能を評価することによる、嗅覚機能、自律神経活動および唾液成分の検査を行います。併せて、質問紙を用いて気分・ストレス状態との関連を調査します。
(1)募集期間:2020年11月~2021年8月
(2)対象者:40歳以上75歳以下の男女 (360名を予定)
(3)内容:嗅覚テスト、自律神経測定、唾液回収、気分状態に関する質問紙への回答
【期待される成果】
本調査でのエビデンスを活用し、気分・ストレス状態や健康状態の変化を早期に把握できるサービスやソリューションの開発を、ファンケルとキリンが連携して検討します。また浜松市民が自身の気分・ストレス状態を知っていただく機会をつくり、メンタルヘルスケアの重要性の啓発活動へつなげていきます。
【用語説明】
※1 厚生労働省「患者調査」より 厚生労働省障害保健福祉部作成

※2 2020年1月30日リリース「脳機能」をターゲットとした共同研究プロジェクトを開始
https://www.fancl.jp/news/pdf/20200130_noukinoupj.pdf

※3 https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/welhamamatsu/kenkozukuri/wellness/wellness.html

※4 2020年5月11日リリース「浜松ウエルネスプロジェクト」において認知症予防への実証研究を開始
https://www.fancl.jp/news/pdf/20200511_hamamatsuwellnesspj.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)