アパレル・ファッション

新型コロナウイルスとの闘いを支援するため、ブルガリがイタリアの行政機関にハンドクレンジングジェルの寄付を続行

ブルガリ ジャパン株式会社


この度、ブルガリは新型コロナウイルスの感染における第二波の対策として、イタリアの行政機関へのハンドクレンジングジェルの寄付の続行を発表いたしました。イタリア、ローマを代表するハイジュエラーブルガリは、新型コロナウイルスの蔓延を防ぐため、2020年の春に行った イタリア、スイスそして英国の医療従事者への数十万本ものハンドクレンジングジェルの寄付や、新設したブルガリ ウイルスフリーファンドが支援する、英国のオックスフォード大学、米国のロックフェラー大学やイタリア ローマのラザロ・スパランツァーニ病院との取り組みを通した新型コロナウイルス対策の研究を経て、イタリアの行政機関へのハンドクレンジングジェルの寄付を引き続き行います。

ブルガリは新型コロナウイルスとの闘いそして撲滅のために行われている国家的努力を支援するため、最前線で科学界や医学界を支え続けます。このパンデミックの第二波において、ブルガリはイタリア市民保護局(Protezione Civile)を通して、イタリアの病院や医療施設へのハンドクレンジングジェルの新たな寄付を計画しました。

ブルガリ・グループCEOジャン-クリストフ・ババンは次のように述べました。
「イタリアを象徴するブランド、そして世界経済における主要なプレーヤーであるブルガリは、新型コロナウイルスの感染予防、治療、撲滅につながる国の取り組みに寄与する責任があると信じています。フレグランスの専門知識のおかげで、イタリアのロンバルディア州ローディにある工場で私たちはイタリアの保健局の許可を得たハンドクレンジングジェルを開発し、新型コロナウイルスとの闘いのため、最前線にいる医療従事者への支援を行うことができました。この難しい状況を見据え、前回より更に困難な拡大感染の第二波に立ち向かうため、ブランドが持つノウハウや生産機関を駆使し、支援に貢献することが私たちの使命だと信じています。
ブルガリは、ラグジュアリー界におけるイタリアを卓越した存在にし、そしてこの情勢でも有益をもたらす“知性と勇気”を兼ね備えた職人達と共に、イタリア医学界への支援をできることを誇りに思います」

イタリアの保健省のロベルト・スペランツァ氏は次のようにコメントを寄せております。
「ブルガリは、新型コロナウイルスに果敢に立ち向かい集中治療の最前線に立っている医療従事者を支援し、何万本ものハンドクレンジングジェルを医療機関に寄付してくれています。ブルガリのこの素晴らしい社交的貢献に深い感謝の意を表したいと思います」

75 mlサイズのリサイクル可能なハンディーサイズの容器を用いたこのハンドクレンジングジェルは、今日のウイルスとの闘いにおいて最も重要な基盤の支えとなります。

お問い合わせ先:ブルガリ ジャパン 03-6362-0100 https://www.bulgari.com/ja-jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)