医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

500件の医療機関が導入!現役医師が開発のWEB問診サービス「メルプ」

株式会社flixy
~受付の負担を30分の1へ大幅短縮~

株式会社flixy(東京都港区、代表取締役医師:吉永和貴)は、2020年11月16日までに全国様々な診療科でご利用頂いているWEB問診サービス「メルプWEB問診」(URL:https://monshin.melp.life/)の導入医療機関数が500件を突破いたしました。今後もさらなる機能改修・電子カルテとの連携を通じ、医療現場の業務負担を改善いたします。




■メルプWEB問診の特徴
(1)現役医師が開発
現役の医師がプログラムを組み、開発しているため、クリニック運営に本当に必要な機能のみをお届けしています。

(2)問診の時間を1/30へ短縮
弊社が独自に特許を取得した技術を用い、患者さんがWEBページで回答した内容を医療用語に変換・医師のカルテ記載フォーマットに直します。その結果、内容をすぐに電子カルテに取り込むことができるため、転記作業が大幅に短縮可能です。

(3)ほとんどの電子カルテと即連携が可能
個別の打ち合わせを必要とせず、簡単な設定で直ぐに先生方がご利用頂いている電子カルテと連携を行うことが可能です。

(4)いつでもリアルタイムに問診修正が可能
エクセルのような簡単な操作で柔軟に、且つリアルタイムで問診をカスタマイズができます。そのため、患者さんにいつでも適切な問診を行うことが可能です。
問診作成画面 一例
(5)「問診マーケット」による、問診作成時間の短縮
各診療科別・主訴別・検査別など約100種類のテンプレートの利用や、メルプWEB問診を導入頂いているクリニック様のうち、他のクリニック様への公開を承諾された医院様が実際に使用している問診を公開しており、それらの問診は無料で利用可能です。


■ご利用医療機関からの声
せごえ耳鼻咽喉科
院長 瀬越 昌弘 先生
耳鼻咽喉科 愛媛県

“あんなに問診で人と時間が取られていたのが嘘のようで、スタッフみんな喜んでいます。”

耳鼻科開業24年目にして電子カルテの導入に踏み切りました。
最大の理由は受付事務の業務の簡素化です。

電子カルテ導入に当たってもう一点改善したいことがありました。
問診に時間と人手を取られることです。
その時に出会ったのがメルプのWEB問診です。
実際に自分のスマホでサクサク動く問診を見た時には感動しました。

続き・その他導入事例はこちら:https://monshin.melp.life/case/all.html

■会社概要
会社名:株式会社flixy(フリクシー)
設立:2016年
所在地:東京都港区芝大門二丁目5番5号 住友芝大門ビル6階
事業内容:インターネット等のネットワークシステムを利用した医療支援ソフトウェア・ ITサービスの企画・研究・開発、人工知能の研究・開発
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)