食品・飲料 流通

キリンHDが10年かけて開発した熟成ホップ素材を活用新素材・熟成ホップ×老舗酢蔵の新発想のビネガードリンク『HOPLUS(ホプラス)』

株式会社TRINUS
ホップとお酢の力で現代人の「日々の健康」と「思考する時間」をサポートする商品

優れた技術を誇る日本のメーカーや、革新的なアイデアを持つクリエイターとのコラボレーションによるプロダクト共創プラットフォームの運営を行う株式会社TRINUS(トリナス)(本社:東京都渋谷区 代表取締役:佐藤真矢、以下トリナス)は、キリンホールディングスが開発した「熟成ホップ」を使った新感覚のビネガードリンク『HOPLUS(ホプラス)』を開発いたしました。2020年11月18日(水)よりトリナスのウェブサイト上にてクラウドファンディングによる先行予約販売をいたします。WEBサイト https://trinus.jp/developments/24




「熟成ホップ」×「果実酢」。新感覚の組み合わせ、誕生の経緯
ラテン語で「三位一体」を意味する『TRINUS』は、日本の技術、デザイナー、エンドユーザーの3者を取り成すオープンなプロダクト共創プラットフォームです。2014年12月のサービスリリース以降、日本全国からユニークな技術シーズを発掘し、国内外4,000名以上のクリエイターが集まるものづくりコミュニティの力で革新的なプロダクトを多数生み出してまいりました。

「HOPLUS」は、熟成ホップの事業展開をするINHOP株式会社とトリナスの共創によって誕生した商品で、熟成ホップと日本人にとって馴染み深いお酢を組み合わせることで「現代人の日々の健康」と「思考する時間」をサポートする新発想のビネガードリンクを目指しています。

今回、トリナスでは「ホップ」という素材の可能性に着目し、ビール以外の活用法を公募するプロジェクトを実施いたしました。結果、250もの応募の中から、今回の「HOPLUS」の元となった“ホップの苦みをお酢の酸味と掛け合わせ、働く現代女性を応援する新感覚ビネガードリンク”というアイデアが選ばれ「HOPLUS」商品開発へとつながっていきました。



ビールの魂=ホップ」のまだあまり知られていない『すごい機能』に着目
ホップは、ビールの苦みや味わいのもととなるアサ科の植物で、「ビールの魂」という異名が付くほど、ビールづくりには欠かせない原料です。ホップはヨーロッパでは古くからハーブとして認知され、健康をサポートする機能があるとされてきました。これらはホップ特有の苦味成分による作用だと考えられており、日本でも近年注目が高まっています。


ただ一方で、ホップは苦みが強すぎるため、食品や飲料への応用が困難でした。そこでキリンホールディングスは、この苦みをまろやかにするためにホップの加工技術の研究を重ね、約10年間の研究の末にホップを熟成(=酸化)させることで苦みが軽減されることを発見。独自の熟成技術を確立し、2019年秋に熟成ホップを活用した事業展開を行うINHOP株式会社を設立しました。



江戸時代から続く佐賀の老舗酢蔵
ベースとなるお酢には、1832年創業の佐賀県の老舗酢蔵「右近酢(うこんす)」=「サガ・ビネガー」の果実酢を使用しています。発酵に90日、熟成に90日と長い時間と手間を費やす製法を採用、このこだわりによってお酢に豊かな香りとまろやかな酸味が生まれました。味の良さはもちろん、職人の方々の丁寧な手仕事と人柄の温かさが今回の商品開発にご協力頂くきっかけとなりました。




ゆず、甘夏、桃、ぶどう、4種類のフレーバー
まろやかな苦味が魅力の熟成ホップと、さわやかな酸味が特徴のビネガーを掛け合わせた「HOPLUS」は、数ある果実の中からホップの苦みと相性が良い、ゆず、甘夏、桃、ぶどう、4種類のフレーバーで展開しています。いずれも果実酢と国産果汁、そしてはちみつのみを使用しており、豊かな香りと優しい甘さが特徴です。また、ボトルデザインは素材の色を柔らかグラデーションカラーで表現しています。




ステイホームやテレワークなど、コロナウイルス感染拡大の影響によるわたしたちの生活環境や仕事環境において起きた大きな変化の中で、集中の低下や気分の浮き沈みなど、心と体のバランスを崩しやすくなりやすくなっている今、「HOPLUS」は熟成ホップとお酢の力で、現代人の日々の健康と思考する時間をサポートします。


【商品情報】
商品名:HOPLUS(ホプラス)
容量:200ml
原材料:
【ゆず】りんご酢・はちみつ・柚子果汁・熟成ホップエキス
【甘夏】甘夏酢・はちみつ・濃縮甘夏果汁・熟成ホップエキス
【桃】りんご酢・はちみつ・濃縮もも果汁・熟成ホップエキス
【ぶどう】ぶどう酢・はちみつ・濃縮ぶどう果汁・熟成ホップエキス

保存方法:直射日光を避け常温保存。開封後は冷蔵庫で保管
使用方法:5倍程度に希釈して飲用
製造者:有限会社サガ・ビネガー
販売元:株式会社TRINUS
地域:国内のみ販売。海外への発送はできません。
先行予約限定価格:
【1本単品(税抜)】通常1,500円のところ、1,275円(15%OFF)
【箱入り4本セット(税抜)】通常6,000円のところ、5,100円(15%OFF)
送料:500円(税抜)、ただし5,000円以上は送料無料
※商品発送は2021年2月頃のお届けを予定。


<各フレーバーについて>




1.HOPLUS -YUZU(ゆず)
宮崎県産のゆず果汁にりんご酢とはちみつ、そして熟成ホップをブレンドした飲む果実酢です。たっぷり使ったゆず果汁の風味と豊かな香りが漂います。また蜂蜜と熟成りんご酢がブレンドされているので、すっきりとした味わいがクセになります。お酢の酸味が苦手な方におすすめです。




2.HOPLUS -AMANATSU(甘夏)
佐賀県産の甘夏果汁と熟成りんご酢と蜂蜜、そして熟成ホップをバランスよくブレンドした飲む果実酢です。甘夏特有の爽やかな香りと苦みが特徴で、美肌効果や風邪予防になるビタミンC、疲労回復効果のあるクエン酸の効果が期待できます。大人の味わいは女性の方に人気があります。




3.HOPLUS -PEACH(もも)
青森県産りんごをまるごと漬け込み発酵、熟成させたりんご酢に蜂蜜、天然もも果汁、そして熟成ホップをバランスよくブレンドした優しい味わいの飲む果実酢です。りんご酢のマイルドな酸味と天然もも果汁の豊かな香りは相性も良く、爽やかな喉越しでスッキリと美味しくいただけます。




4.HOPLUS -GRAPE(ぶどう)
太陽をたっぷり浴びた濃厚なぶどう果汁と熟成ぶどう酢と蜂蜜、そして熟成ホップをバランスよくブレンドした飲む果実酢です。ぶどう特有の濃厚でフルーティーな香りと甘みが特徴です。ガンや動脈硬化の予防に効果があるといわれる、ポリフェノールが沢山含まれる皮や種をまるごと使用。


◆先行予約販売限定特典


通常小売価格が1本で1500円(税抜)、4本セットで6,000円(税抜)のところ15%OFFとなっており、クラウドファンディングでしかご提供できないお得なセットとなっています。


【会社概要】

株式会社TRINUS




技術に、デザインを。世界に、WOWを。


『TRINUS』は、メーカー、デザイナー、エンドユーザーの三者から成るものづくりコミュニティを活用し、新しい価値を生み出す究極のファブレスメーカーです。社内に多くの資源を抱えない代わりに、日本全国の様々な技術を取り上げ、これらを活用した商品コンセプト・デザインを4,000名以上の登録デザイナーから公募、ユーザー(潜在消費者)からのフィードバックを踏まえて採用作品を選出し、試作開発、ブランディングや販売までを一気通貫で行うプロダクト共創プラットフォームを運営しています。
※詳しくはこちら(https://trinus.jp/partner)をご参照ください。

社名:株式会社TRINUS
本社:〒151-0066 東京都渋谷区西原3-1-10 tefu yoyogi uehara 2F
代表取締役:佐藤真矢
設立:2014年11月25日
資本金:65,985,000円(資本準備金含む)
URL:https://trinus.co.jp/


INHOP 株式会社


社名:INHOP株式会社
本社所在地:〒164-0001 東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
代表取締役社長:金子裕司
設立:2019年(令和元年)10月15日
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)